私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

おかげさまの人生、その次を生きていく私。

2019-06-17

私は、今夏、58歳になります。

46歳の時に、何気なく階段を上がっていて、それまでは感じなかったのに、その時、両足の膝がガクガクして、「いったい、何事?」と不安になりました。

思えば、それが、更年期の入り口でした。

あれから10年余り経って、最近は、更年期のトンネルを抜けたかな、と感じています。(不快な症状がずいぶん減りました)

いろいろと不都合なことが起きた更年期でしたが、⦅目の乾き、頻尿、朝起きた時の手指のこわばり、めまい、ふらつき、腰痛(ぎっくり腰に数回なった)、神経痛など⦆、今、振り返ってみると、その時期は、自分の心を顧みる、とても良い機会だったな、と感じます。

(ホットフラッシュは、ありませんでした。おそらく人前に出る、という自制が、それを抑えていたのでしょう)

やはり、心と体は一体で、自身の心の有り様や、心の奥底にたまっているものに、体の不調を通して、気づくことができました。

体の不調は、うれしいものではありませんが、そこには、その時々の心模様が張り付いています。

セッションでも、怪我の意味などを尋ねられて、その時のその方の心の様子をご案内することもあります。

さて、更年期の次を生きていく私ですが、急減した女性ホルモンのおかげで、今後は、私の本質がむき出しになります。

ああ、やっと、私は、私として生きられるのだな、と思います。

女性ホルモンのカバーは、もう無いけれど、そのおかげでしょう、感性がぐっと鋭くなったように感じます。

ほんとうに、人生には無駄がありませんね。

人生、おかげさま、ですね。

 

私の学び

2019-06-07

このブログには、主に、セッションでの学びについて書いています。

それらを私自身も取り入れながら、毎日を過ごしておりますが、最近は、歯車が噛み合ってるなあ、と感嘆することが増えました。

「歯車」については、私の歯車が、誰かの歯車と噛み合って、人生は動いていく、といった内容を書いています。

そのことに気づくと、人生に焦りが無くなってきます。

日々を、前向きに生きていこう、すると、歯車もきちんと合って、前に進むだろうから、と、安心できます。

特に、家族のそれぞれの歯車は、相互にきっちりと噛み合っているので、家族の変化、成長は、私自身の変化、成長と、ピッタリ重なります。

歯車に目を遣ると、独りよがりの苦しみから逃れられます。

そして、今、意識しているのは、「楽観的に生きる」ということです。

今の私のテーマです。

どちらかと言えば、悲観的な親の影響を受けて育ちましたので、その呪縛から離れて、楽しい人生を歩みたい、と願っています。

楽観的に生きれば、その道に人生は乗ります。

それを実践していこうと思っています。

楽観は、心に余裕をもたらします。

心の余裕は、心身を健康にして、人生のあらゆる方面を豊かにします。

もちろんお金も、です。

その道に乗る私のこれからが、楽しみです。

 

女性の宿命

2019-06-06

女性に期待されるもの、求められるものは何か?、と問われれば、「受け入れること」と答えます。

なぜなら、体の構造がそうなっているから、です。

そうなっている以上、それを期待され、求められてしまうのは、仕方がないこと、宿命、でしょう。

人は、相手に受け入れてほしい、と願います。

その相手が女性なら、なおさらです。

その高まる期待が満たされなかったら、その思いは、失望や憎悪へと変わります。

子どもは、母親に、それを期待します。

期待しまくります。

その分、反動が大きいのです。

それが、母子関係のおおもと、です。

そして、それは、人間関係にも広がります。

女性は、そこのところを軽視しては、生きにくくなります。

そこのところは、母性にもつながります。

時代は、変化します。

しかし、体の構造は、変化しないでしょう。

ならば、そこのところには従って、変化の波に乗ることでしょう。

 

長寿の国で試したいこと

2019-06-04

長寿は、めでたいことだけれど、その長い間を健康で生きてこそ、でしょう。

健康で長生き、は、長寿の国の住人には、大きなテーマでしょう。

そのためには、人生をあきらめないこと、です。

人生をあきらめられるとしたら、その人生は、退屈だったと言わざるを得ません。

その退屈は、自身に冒険をさせてあげなかったから、でしょう。

たくさんの人生経験を積ませてあげなかったから、でしょう。

また、人生をあきらめる、ことは、悟ることでもあるのでしょう。

生きている間に、悟ってしまったら、もうその先は、無くてもいいですね。

生きながら、悟ることは、長寿の妨げです。

せっかくの長寿です。

生き急ぐと、見落としてしまう景色が生じて、もったいないです。

長寿の国に生まれることで、私たちは、これまでの数多くの過去生で培った智慧を、試してみたいのかもしれません。

それは、才能です。

才能は、あきらめや悟りの外に開花します。

 

本物の私以外の人生を望んでいるとは、到底、思えない。

2019-05-23

前回は、「本物」について少し触れましたが、本物に、私たちは、なりたいのだ、と思います。

本物になることを想定して、ここに、また人として舞い降りてきたのでしょう。

でも、すんなりと簡単に、本物として生きていけるわけではなく、様々なアクシデントに遭遇する私たちです。

それは、その経験を通して、私の本物とは何か、本物の私とはいったいどういうことか、ということを探り、それを得ようとしているのでしょう。

本物の私になることを拒絶したり、疎んじたりすると、生き方に負荷がかかり、心身の健康を害してしまうでしょう。

本物の私は、混じり気の無い、純粋な私、です。

純度100の私は、邪気が無いので、強いです。

強く生きていきたい、と願うなら、「私は、私でいい」と宣言してしまいましょう。

それは、自分勝手な、他者のことを顧みない、迷惑な生き方ではありません。

本物の私で生きていく宣言は、同様に、他者のその宣言も許すことを指します。

それは、寛容な生き方です。

そして、それは、私の人生に集中する生き方です。

すると、おのずと、それは、バランスのとれた、人格者の生きる道となるでしょう。

私たちは、多くの過去生を経て、それらの人生で培ってきた経験知をすべて携えて、ここに、こうして降り立ちました。

その私たちが、本物の私以外の人生を望んでいるとは、到底、思えません。

 

1 / 2012345...1020...最後 »

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

6月度のお申込み

6月分のご予約を承ります。

21日(金)は、10時~16時まで。
22日(土)は、10時~16時まで。

24日(月)は、10時~16時まで。
25日(火)は、10時~16時まで。
26日(水)は、10時~16時まで。
28日(金)は、10時~16時まで。
30日(日)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu