私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 家族, 育児・子育て・親子 

第201回 胎内記憶

2007-05-28

私たちは誰でも母親のおなかの中で胎児として過ごし、この世に生まれてきました。大人になった現在、その胎内の記憶をしっかりと持っている人はおそらくいないでしょう。しかし、忘れ去られているその記憶は、実は私たちの膨大な記憶の引き出しの奥底にひっそりとしまい込まれているようです。

私は、ヒプノセラピー(催眠療法)を学んでいる時に、胎児だった頃の記憶を呼び覚ましました。私の母は、私を妊娠した時、つわりをまったくと言ってよいほど経験しなかったそうです。そのため妊娠に気づくのが遅かったとも言っていました。その経験から母は、私が上の子を妊娠した時に強いつわりで苦しんでいるのを見て、「つわりがきついのは気持ちをシャンと強く持っていないからよ。しっかりしなさい。私はつわりなんか全然なかったんだから」と厳しく私に注意しました。その頃の私は母親の言うことに抵抗する気力もなく、言われっ放しになっていました。

後年、自ら胎児だった頃の記憶を呼び覚まして、なぜ母親にはつわりがなかったのかを知ることができました。それは、母が気持ちをシャンと強く持って妊娠に臨んでいたからではなく、胎児の私が母のその頃の気持ちを汲み取って、私自身がつわりを起こさなかったということでした。

当時の母は、結婚したばかりで、また父との結婚にどこか後悔の念を持っていたようです。そんな不安定な気持ちの母が妊娠に気づいてしまったら、どんなに狼狽するかと気遣って、私はわざとつわりを起こさなかったのです。

その後、もちろん母は私を身ごもっていることに気づき、私をおなかの中で育み、出産に至ったのですが、胎児の私は、生まれた後、母にかわいがってもらえるかどうか不安で、臨月になっても生まれることを躊躇していました。しかし、ある時、2人の賢人(私のガイドだったのかもしれません)が現れて「ここに生まれることは、あなたが決めた道です。さあ、もう行きなさい」と諭され、私は仕方なく生まれてきたのです。実際に、私は出産予定日より8日遅れて生まれ、出産は遅々として進まなかったので、母は誘発剤の力を借りて私を産みました。

その自分の胎児の記憶と比較して、私の2人の子どもたちは、どちらも容赦ないきついつわりを経験させてくれたので、私に遠慮することなく、自分の存在を思い切りアピールできたのだと安心しました。また、2人とも実に軽いお産で、それもきっと私たち夫婦を親にすることに迷いを感じなかったのだろうと良い解釈をしています。

チャネリングで受けるご相談の中にも、その悩みが胎児の記憶と密接に関連しているものがあります。たとえば飛行機などの密閉空間が怖いといったような悩みは、おかあさんの胎内にいた時の不安や心細さが無意識に顔を出し、それが今、飛行機に乗る時の恐怖となって出現しているのです。

私も、ある時、山道の途中の細長く、暗いトンネルの入り口でパニックを起こしたことがあります。その時はなぜ、心臓が激しく波打つのか、わからなかったのですが、後日、そのトンネルは産道と重なっていることに気がつきました。私は生まれることに消極的だったため、狭い産道で、出たくないけど出なくてはいけないと苦しんでいたようです。その苦しみが、薄暗く細長いトンネルの入り口でパニックとなって私を襲ったのでした。

このように私たちは、胎児の頃も大人と変わらない複雑な気持ちを抱えています。決して胎児は何もわかっていないのではありません。特に運命共同体である母親の気持ちには大変敏感です。

そこで私は、おかあさんが妊娠期間中、リラックスできれば、赤ちゃんも一緒にリラックスできるので、それが一番の胎教と考えます。その先に安産があるとも思います。

また、もし、母親の胎内にいた時、あまり幸せでなかったとしても心配は要りません。大人になった今、胎児だった自分をなぐさめ、力づけてあげることができるのです。それは何か恐怖を感じたり、心細くなっている自分を「どうしてそんなに情けないんだ!」と責めるのではなく、「そうね、怖いね。不安だね」と寄り添ってあげることです。そして、「大丈夫だよ」とやさしく声をかけてあげましょう。

ちなみに私は胎児の記憶の続きとして、新生児の記憶も呼び覚ましました。それは母親にかわいがってもらいたくて大声で泣いて母を呼ぶ必死な思いでした。

私自身のこのような経験から、妊娠期間がいかに大切かを実感していますので、このたび新たに「安産・胎教セラピー」を開催することにいたしました。現在、妊娠されている方、是非、ご参加をご検討ください。またお知り合いに妊婦さんがいらっしゃれば、是非ご案内をお願いいたします。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu