私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 家族, 育児・子育て・親子 

第129回 巣立ちは最高の親孝行

2006-03-30

結婚が決まって今後、親元を離れるが、その後二人きりになる両親が心配だ、あるいは結婚をしたいと常々思ってはいるけれど病気がちの親のことを思うと心配で結婚に踏み切れないといったご相談を受ける機会があります。

そこには、ご相談者が子どもの頃、父親が母親と子どもたちに暴力を振るった、父親が浮気を繰り返して陰で泣いている母親をずっとかわいそうだと思ってきた、母親がずっと病気がちで、その母親が年をとってしまった今、ますます母親の体のことが気になるといった背景があります。

そんな気の毒な親を残して結婚していく、結婚したいと考えてしまう自分は、まるで親を捨てていく薄情者のようで、ご相談者はそんな自分を責めてしまうのです。しかし、結婚をあきらめる気持ちにもなれないし、と、ご本人は悶々と悩んでしまうのですね。そこで結論が見出せずに相談という形になるようです。

そこで、申し上げている言葉があります。それは、どんな関係であっても、そのご両親は夫婦として互いに向き合うことが求められている、そのためには、ご相談者が巣立つことが必要である、と。

結婚は、子どもの立派な巣立ちです。結婚を機に子どもが両親の元から離れることで、改めて父と母がしっかりと夫婦として向き合うことができます。そこから夫と妻としての互いの学びが深まります。

しかし、両親の仲を心配し、子どもがいつまでも親と一緒に暮らしてしまうと、「夫婦水入らず」の関係を両親は築くことができず、その関係での学びを二人は完結できないままになってしまいます。

子どもを産んで育てる間は夫婦の関係よりも、子どもの父と母という立場の方が強いのですが、あなたの両親も多数の異性の中から双方で選び合って夫婦となった関係ですから、それがどんな関係であっても、そこには二人にとって、すばらしい学びが存在しています。したがって、やがて子どもは成長して、その家を離れるという巣立ち
を実行してあげないと、親は、夫婦としての学びを中途半端なまま、学びきれないままで終わらせてしまうかもしれません。

子どもは、両親に親となる経験をプレゼントし、それぞれの人間的成長を促してあげました。そして成長の証しとしてきれいに巣立って両親に再度夫婦だけの生活を与え、そこで夫婦としての学びを深め、完結するチャンスをもたらせてあげることが最高の親孝行です。

子どもの立場からは、父親に泣かされた母親は大人になって力を持った自分が守ってあげたい、放ってはおけないと思うでしょうが、その父と母が夫婦として、それぞれの関係において大いに学ぶことがあるのです。

自分が実家を離れたら、病弱な母親の世話をあの父はするだろうかと心配になるのも、親想いの子どもとして無理もない心情ではありますが、その父と母とがしっかりと向き合うことで双方の魂の進化を促すことになるのです。

結婚で巣立ったあなたは、時々実家を訪れる、あるいはちょくちょく電話を入れるといったことから子どもとしての義務はしっかりと果たせます。だから、どうぞご自身の幸せを犠牲にしてまで親を支えようと思いつめないでください。思い切って巣立ってあげてください。

私の二児の出産時にお世話になった「お産の学校」の先生がかつてこう言っていました。「お産が近づくと妊婦は巣作りを始めるのよ。つまり、おかあさんは赤ちゃんを迎えるために部屋の模様替えや掃除をしたくなるのよ。だから、そんな気持ちになったらお産が近いと思ってね」と。

親は生まれてくる子どものために巣作りをして、その巣(家庭)に子どもを迎えて育てます。子どもは、その巣の中で両親のあらゆる面を反面教師として多くの貴重な学びを得ていきます。それを自分の血と肉にして子どもは大人に成長していきます。やがて成長を遂げた子どもは、数多くの学びを与えてくれた両親に感謝の気持ちを巣立ちで表します。子どもはきれいに見事に巣立ってあげることで、両親の前から姿を消してあげることで、両親はもう子どものことに心を砕く必要もなく、もう一度夫と妻として真正面から向き合うことで夫婦としての学びを深め、完結していきます。

子どもは自分を迎えくれた巣と両親にしっかりと感謝して、自身の道をまっすぐに見据えて、しっかりときれいに巣立ってあげましょう。それが最高の親孝行です。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu