私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 家族, 育児・子育て・親子 

第123回 ホリエモンを、読む。

2006-02-16

今、ちまたの話題の中心は、証券取引法違反で逮捕された堀江 貴文、前ライブドア社長、その人でしょう。

IT長者として、ヒルズ族として、マスコミの寵児として、全国で名を馳せていた超有名人のホリエモンの逮捕は、実に衝撃的でした。

それから連日、テレビも新聞も週刊誌も彼の事件は大きく報道されています。

昨日もテレビをつけると、ホリエモンの人生の軌跡を大きく取り上げていました。

私は、その中で、彼と父親との関係に目が留まりました。

ホリエモンは1972年生まれだそうです。そして、一人っ子だそうです。

彼のお父さんは、「お金」のありがたさ、厳しさを子どもであるホリエモンに教育しようと、小学生になっても、中学生になっても、小遣いもお年玉も与えなかったそうです。

お父さんは、「お金は労働して稼ぐもの」だから、稼げない子どもの彼にはお金を与えなかったと言われていました。

その教育の中で、ホリエモンは中学生の頃、新聞配達をしてお金を貯めて、パソコンを購入したそうです。

私は、その報道を聞いて、現在のホリエモンを形成している彼の本質、パーソナリティを十分に理解しました。

人間は、その親子関係から、人格、個性、人柄といったパーソナリティを形成していきます。

今、大人になった私たちも、それぞれの親から多大な影響を受けて成長してきました。したがって、物事の判断や、決断も、私たちは大人として自力で行なっているように思いますが、実は、そこには、一番身近だった親の価値観という影響を拭い去ることはできません。

良くも悪くも、親からのさまざまな影響の上に、自己の価値観を形成させているのが、私たちなのです。

まだ、稼ぐことのできない小学生だったホリエモンは、親に小遣いもお年玉ももらえなくて、どんな気持ちだったでしょう。

彼の生まれる2年前の1970年は、大阪で万博がありました。日本の繁栄を世界にアピールできた年でした。

日本が豊かさの軌道に乗った年代に少年時代を過ごした彼は、欲しい物がたくさんあったでしょう。

友達は小遣いをもらえて、それで自分の欲しいものを自由に買っていたかもしれません。それを「うらやましい」とながめていたかもしれませんね。兄弟がいないから、その思いや不満を共有する仲間もいなかったでしょう。

その孤独感、羨望、飢餓感が、今の彼を作り上げたと感じます。

それらの思いは、稼げるようになった時、「お金への執着」として形に表れてきたのでしょう。

彼が、学生社長を出発点として次々とM&Aで大きな富を得ていく過程を一番、見せたかったのは、お金のありがたさ、大切さ、厳しさを教え込んだ彼の父親だったでしょう。

「おとうさん、見て。僕は、こんなにも稼げる人間になったんだよ。どうだい!」と。

そして、「こんなにも稼げる僕は、どんなものだって、自分が欲しいと思ったものは、何だって自由に買うことができるんだよ」と、ジェット機を買い、毎月数百万もの家賃の高級マンションに居を構え、あの自民党だって40億あれば買えると豪語したのでしょう。

買いたい物があっても稼げない少年は、お金を持っていなかったから、のどから手が出るほど欲しい物があっても、ただ指をくわえて、それをながめているしかなかった ・・・・・。

その体験が、彼の金銭感覚を育て、物の所有欲へと結びつき、それが一連の錬金術を生み出す背景となったと思います。

今、彼は狭い拘置所の独房で何を想うのでしょう。

私は、彼に言ってあげたいです。

「もう、あなたはお父さんを越えているんだよ。お父さんが買えなかったものをあなたは、これまででたくさん買ってきたんだから」と。

今回の逮捕は、彼が父親との関係から、自らにかけていた呪縛を解くきっかけとなると思います。

この逮捕がなければ、彼は、その呪縛の中で、まだまだ父を越えようとし、父に自分を「稼げる立派な人間」としっかり認識させようと、賞賛してもらおうと、その路線を走り続けていたことでしょう。

ホリエモンさん、あなたは、もう親の養育を必要としない大人です。

確かに親からの影響は、あなた自身も受けない訳にはいかなかったけれど、これからは、その中に飲み込まれて、漂ってしまうのではなく、その影響から自分は何を学ぶのか、そこから何を自分自身は生み出していくのかを、今、じっくりと考えてほしいなと、おばさんは思います。

親は、子どもに実にさまざまな影響を与えてくれます。

実際には、そのひとつひとつは、子どもにとって反面教師の側面を多く含んでいます。

子どもは、親の体験、そこから培われる価値観を足ががりとして、土台として、自分の人生を創造する使命があります。

その豊かな可能性を秘めた、連綿と続いていくすばらしい関係が、親子関係と言えます。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu