私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 肯定・自信・成長・行動 

第124回 才能の見つけ方

2006-02-23

才能とは、その人に備わっているすぐれた能力のことを指しますね。

人生において生きがいを求める時、「自分の才能は何だろう?」と自問自答するでしょう。

そして、自分の中に目ぼしい能力を見出せないと、歌がうまいとか、絵が上手といった、はっきりした才能を持ち合わせている人が、なんともうらやましくなったりします。それと比べて、貧弱な自分がますますみじめに感じられたりもします。

しかし、何の才能もないこの私にため息をついても、今日も明日も、その先も生きていかなくてはなりません。

ただ寝て、食べて、お金を得るために1日の大半を仕事に費やすだけの日々を繰り返すことは、一見、楽そうではありますが、そこには「自分らしく生きる」という、まさしく「生きがい」が欠如します。

そこに目をつむって、そういった欲求を感じないことにして生きることは、かなりの禁欲ですから、死ぬほどつらいですよね。

この豊かな国に生きる私は、その「生」の手ごたえをしっかりとつかみたいと欲します。

世界に名だたる長寿国に生きる私たちですから、自分のことを考え、悩む時間は、山ほど持っているとも言えます。

安全な環境で、自分のことをこれほど時間をかけて悩める幸福を与えられている私たちです。ただ何もしないで「私には才能がまるでない」と嘆くのは、その生が、すごくもったいないと思いませんか?

私は、日本人の人生とは、「自分の才能を自分で発掘し、育てる」ことが使命と感じます。

長い時間を生きられる私たちは、あれこれ試すゆとりを与えられているのです。さまざまな体験を積んでいくことが可能です。

そのさまざまな体験を通して、その中から自分の才能の芽を感じ取り、育てていくことができるのです。

頭でいくら考えても、実際に行動をし、体験しなければ、実感することができません。何を実感するのかと言えば、それが「好きか否か」ということです。

「好き」と感じたら、どうしてそう感じるのか、そう感じてどうなるというのか、なんて小難しい理屈など脇へ、どんどん押しやってください。

ただ好き、それでOK! そうかすかにでも感じられたら、それを信じ、実行してみましょう。

「好き」と感じることこそ、才能の芽です。芽は、水をあげないと育っていきません。その恵みの水は、好きと感じた心への信頼です。

さらに、ひ弱な芽が、たくましい才能の木に成長するためには、その芽をつまないことです。つまり、重要なことは、その好きなことを継続させていくということです。

どんなに歌がうまくても、歌をうたうという実際の行動がなければ、その才能は証明できません。また、練習がつらくても歌い続けることで、そのうまさに、才能に、磨きがかけられます。

好きなことであっても、続けている過程では、つらいこともあるでしょう。しかし、それ自体が理屈なしで好きだと思えるのなら、その苦労も乗り越えていけます。

好きなことを継続していくことで、それは、あなたの才能として育ち、大輪の花を咲かせるのです。

大切な私たち一人、一人の生をかけて、おのおのの才能を発掘する旅が人生です。

だから、ちょっと掘っただけで、そんなに簡単に宝が出てくるなんて、うそっぽいです!

ましてや、見ず知らずの人から「ほら、これがあなたの才能ですよ」と教えてもらって、それを盲信するなんて、人生を投げてる、としか言いようがない! 私のチャネリングでも、こういった問いにはヒントを差し上げることしかできないのです。

自分を深く掘って、掘って、掘り起こせ! 

つまり、やってみたい、やりたいと感じたら、即、行動せよ!ってことです。そこから、あなたは、あなた自身のすばらしい才能の芽を発見するでしょう。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
             
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu