私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 肯定・自信・成長・行動 

第104回 「=」で結ぶ世界

2005-10-06

第20回目のメルマガ、「変化し続ける私」に、チャネリングをしているのはいったい自分なのか、自分ではないのか悩んだと書きました。そして、「それは自分である」との答えを得た時、その悩みから脱することができたともつづりました。さらに、それ以降、人と会いたくなって、外向的になったとも記しました。

その後、その外向的な面は、「人と人をつなぎたい」という欲求となって表れてきています。おかげさまで、仕事を通して多くの個性豊かな方々と出会えますし、また、自分自身も人との出会いを求めて外へ出かけていますので、そこから、さらにさまざまな出会いを創造し、新たなビジネスを生むお手伝いをしたいと望むようになりました。

思えば、私は変な子どもでした。

小学校低学年の時に、母親の三面鏡に自分の姿を映して、多面的に見ることができる自分の姿をながめ、「ここに映っているのは果たして自分なのか、自分ではないのか」と問うていました。

その時には、今回のような内向的な悩みとはならず、その問いに答えることはせず、鏡の自分に、ただずっと質問をし続けることが快感でした。その快感を得るために、母が留守をしている間は、ずっとこの自分だけの密かな行為にふけっておりました。

大人になって、まさか、その時と同じ問いを自分へ投げかけることになるとは思いもよりませんでした。そして、その答えを得ようと苦悩するとは、想像すらできませんでした。

今、なぜ、大人になった私がそれに苦悩したのかを考えてみると、それは、「自分である」と「自分ではない」という二つの極をはっきりと作ってしまい、そのどちらかを選択しようと躍起になったからだと感じます。同じ問いでも、子どもの時には、ただ質問するだけで満足だった、つまり、二極化しなかった、選択しなかったから快感を得られたのだと思います。

すると、「自分である」と「自分ではない」は、相反することではなく、同じものなのだと気づかされます。「チャネリングをしているのは私である」と宣言することは、同時に「私ではない」とも言っているのです。今、その両方の言葉を声に出して言ってみると、私なりの深い納得が得られます。

子どもの頃の私は、それをどこかで理解していたのかもしれません。しかし、成長する過程で、さまざまな事象を二極化することに慣れてしまったのでしょう。

男と女、大人と子ども、自分と他人、個と全体、夢と現実、苦と楽、聖と俗、・・・
そして生と死。

それらは、すべて同じことだととらえると、無理がなくなって、もう悩まない、悩めなくなります。

女である私の内には男性的な側面があることに気づいているし、他人を見て、いやだなと感じるところは必ず自分の中で嫌悪している部分だし、大人の自分には幼い子どもの私が息づいているし、夢があるからそれを実現したいと考えるわけだし、苦しみを克服した時には格別の喜び、楽があるし、誰かが言ってました。「よく生きることは、よく死ぬことだ」と。

今、「人と人をつなぎたい」と強く思う私は、それを望んでいるのは誰なんだ?と自分に問いかけると、「私です」と即答できます。誰でもない私自身がそれを強く望み、どのように人の役に立つかを真剣に模索しています。そして、それを実行して相手に喜ばれた時、自分としてもこの上ない幸せに包まれるでしょう。その時、「それをしてやった」とか、「私がいたから相手が幸せになれたんだ」などの執着はありません。その瞬間はまさに、私であって、私ではない、の状態なのでしょう。それこそが他者との一体化、融合なのだと思います。

真の融合は、まず自分自身をしっかりとみつめ、自己を肯定することから始まります。よく人前で「私なんか ・・・」と謙遜する場合がありますが、それを本人の心が「そのとおり、自分はたいしたことない人間だ」と卑下すると、その相手へも「あなたなんか、たいしたことない」という侮辱を送っていることになります。自分を大切にできたら、おのずと他者も大切にできるし、他者からの愛を受け取れます。

自分の心を軽くするためにも、解放するためにも、世界平和のためにも、人類の進化のためにも、もう二極分化するのはやめた方がいいかもしれません。

男=女、大人=子ども、自分=他人、個=全体、夢=現実、苦=楽、聖=俗、そして、生=死。

この世界を「中庸」と言うのでしょうか。これが、「タオ」の世界なのかもしれません。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
             
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu