私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 人間関係, 幸福・魅力 

第166回 求められる円満さ

2006-12-14

私たちは子どもの頃から「人にやさしくなりなさい」、「人に親切にしなさい」と教えられてきました。大人になって、その言葉通りに実行できる人は、周囲の人々から「できた人だ」、「人格者だ」と評されます。確かに他人に愛を渡せる人は、立派な人と言えるでしょう。

立派な人格者は、得てして「人にはやさしく、自分にはきびしく」という心構えをもっている人が多いようです。それは、他人には惜しげもなく自分の愛を与えるのに、他人からの愛は受け取らないことを指します。

他人からの愛を受け取らないというのは、「自分のことは自分でする」、「他人の手は借りない」、「他人には迷惑をかけない」といった姿勢を意味します。それらは一見、潔い生き方で、日本人である私たちは、そこに剛毅実直な古武士の世界を感じて、あこがれを持ってしまいます。しかし、私はこれまでの仕事を通じて、それだけでは円満な生き方とは言えないと気づきました。

ご相談にみえる方々のご両親や祖父母の中には、まさに古武士のような生き方をされた方々がいらっしゃいます。そういう方々は、他人にはやさしさや親切を幾度も示されたのに、ご本人は周りの人々の手を煩わすことを嫌い、なるべく他人に迷惑をかけないように質素に、自分に厳しく生きてこられました。しかし、晩年は人の手を借りなければならない重い病気にかかり、その方のお子様や身内に世話をされて亡くなられています。きっとその方は、逝く前に人の手を煩わせ、迷惑をかけてしまったことは不本意だったでしょう。しかし、その経験は、その方にとって、とても大切な学びを含んでいるのです。

それは、「人へ愛を渡すことが十分にできるのなら、同じだけ人からの愛をいただく必要がある」ということなのです。だから晩年は、人からの愛を受け入れるという学びのために介護される身となったのです。ちなみに、人からの愛をいただくという学びが死ぬほどつらく、とても正気では受け入れられないといった場合には、本人を呆けさせて、その経験を積ませるといったことも起きます。こういった事例に遭遇すると、なんと人生は奥深いのだろうと感嘆してしまいます。

私たちの世界は、必ず二つの相対する事象で成立しています。北極があれば南極があります。男がいれば、女がいます。大人がいれば、子どももいます。私たちの内面も男性的なものと女性的なものが存在し、大人としての自分もいれば、子どもの私も混在しています。したがって、人に愛をあげるのならば、人からの愛も同じように受けなければ、自分という存在は危うくなってしまうのです。自分が自分であるためには、出すエネルギーがあれば、受け入れるエネルギーもなければならないのです。

人にやさしく、親切にできる人格者のみなさん、どうぞ、人から親切にされたり、やさしくされることを拒まないでください。両手いっぱいのあなたの愛を多くの人々へ手渡したら、同じだけの多くの人々の愛を両手いっぱいに受け取ってください。その双方向の愛が、もっともっとあなたらしく生きることを支えます。そして、もっともっと自分らしく生きることへの自信を与えてくれるのです。

この双方向の愛の実践は、どの人生の場面でも活かせます。あなたが部下をもつ管理職なら、部下への愛とともに部下からの愛を受け入れたら、それは部下の能力を引き出すことにつながります。部下にまかせていては仕事がはかどらないので自分で何でも片付けていては、自身はオーバーワークで疲労し、部下はいつまでたっても育ちません。そこで徐々に仕事を部下に与えて、指導をするという与える愛の実践は、あなたと部下との間に活発なコミュニケーションを生むことにつながり、それは、部下からの愛を柔軟に受け入れるという幸福を生み出します。

私たちは、決して一人では生きてはいけません。歯を痛めたら歯医者さんにかかり、髪が伸びたら美容院へ行き、毎日の食事の材料は八百屋さんやスーパーに行かなければ手に入りません。病気の治療や食材の調達を「受け取る愛」だと思えば、その感謝の印として、お金を相手に気持ちよく支払えます。お金を受け取る側も、「私の愛を受け入れてくれてありがとう」と感謝すれば、両者には双方向の愛が豊かに、よどみなく流れます。そこに人間としての円満さが生まれるのではないでしょうか。

人としての円満さは、自分を活かし、人も活かす社会を創造します。それこそが「持ちつ持たれつ」の社会でしょう。

平和で平等な国に生きている私たちは、この双方向の愛を実践し、真の円満さを身につけて、「持ちつ持たれつ」の人を活かす社会を構築し、今世紀の課題である「融合」を果たしていきましょう。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
             
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu