私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 幸福・魅力 

第38回 誓願

2004-08-20

昨日、チャネリングの仕事を終えて、東京国立博物館で開催されている「薬師寺東京別院落慶記念 特別公開 国宝 吉祥天画像」を見に行きました。

ちょうどこの日は、奈良薬師寺から僧侶の方がいらっしゃって、吉祥天のお話をしてくださるということで、それも楽しみに行ってきました。

14時に、表慶館のエントランスに話を聴きたい人は集合して、約20分間お話を聴きました。

薬師寺のご本尊のお話、吉祥天のご開帳の時期、また吉祥天の今にも歩き出しそうなスタイルや、手に如意宝珠を持つお姿の解説等を伺いました。また、「人間の幸せとは何か、どの瞬間がもっとも幸せなのか」というお話も、僧侶の方の体験談を交えながらお話いただき、感銘を受けました。

私は、その中でも特に「誓願」のお話が印象に残りました。これは、神仏にすべてをゆだねて願掛けをするのではなく、自分が能動的に「ああしよう、こうしよう」と目標を立て、それを神仏に誓うという意味で、この「誓願」が大事であると伺ったのです。

日ごろ、チャネリングを通して、自分が自身の気持ちや感情に敏感になって、それをそのまますべて認めて、他者の声から自分の考えを明確にし、行動をすることが自分の人生の主人公になることですよ、とよく言っていますが、その内容と誓願は同じであると深く感じ入りました。

また、「どの瞬間がもっとも幸せと言えるのか」については、物事に集中してそれを成し遂げようと努力する過程にこそ最大の幸せが詰まっていると聴き、これも日ごろのチャネリング内容と合致していると実感しました。

実は、私は仏教高校出身なんです。それで、この誓願という言葉を聴いた時に、「四弘誓願」(しぐせいがん)という言葉を思い出しました。これは、仏教を信じる者として成さなければならない四つの誓いを意味しています。高校時代、この四弘誓願の歌がありまして、日常的に歌っていたのですが、その意味を知ろうともせず、惰性でただ歌詞を追っていただけでした。今になると、せっかく仏教学校に行っていたのだから、その時にもっと仏教を学べばよかったなあと思います。ほんとう見事に何も覚えていない状態です。

現在、多くの人々とお目にかかり、チャネリングを通してメッセージをお伝えしていますが、それは個々人への個別のメッセージであるとともに、普遍的な万人に向く内容も多いのです。そこには、おそらく「真理」というものが含まれているのでしょう。

長い歴史の中で培われてきた宗教の教えには、この真理がちりばめられています。

そこで、今回のお話を聴いて私は深く感銘を受けたのだと思います。この歳になって、この仕事に就いたからこそ、仏教のありがたさも少しわかりはじめたのかもしれません。今が、仏教を勉強する旬な時なのかもしれません。私は、これから仏教を学んでみたいと思いはじめています。きっと、その過程で幸せを感じることができる、そんな気がします。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
             
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu