私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 健康・病気 

第278回 主体的に生きる ―病気になって―

2009-01-23

先回のメルマガでは、「主体的に生きる」例として私自身の体験を書かせていただきましたが、今回は、チャネリングを受けてくださった方々の例を書こうと思います。

私は日々、いろいろなご相談を承っておりますが、病気を患われて、その病の意味を知りたい、というリクエストを受ける場合もあります。そういった質問をされる方は、すでに主体的に生きている、と言えるのですが、そのことを物語るエピソードを聞かせていただく機会に恵まれますので、それをここに紹介します。

まず、「医師を選ぶ」ということがテーマとなった事例があります。その方は、子宮がんを患い、入院して手術を受けたのですが、その時、巡り合った主治医は、治療方法をいくつか並べて説明し、その中からどの方法を選ぶかは患者の意思を尊重するというスタイルを取っていたそうです。それを彼女は「良い先生」と受け取って、その先生と治療法をよく話し合い、信頼して手術を受けられました。もちろん手術は成功し、術後も良いということでした。

しかし、同じ病室の同じ病の人が「あの先生、どう思いますか?」と聞いてきたそうです。その方は、患者に治療法を選ばせるスタイルに不安を抱いていたのでしょう。さらに、その方法を「無責任ではないか」と感じ、それはその先生への不信感を生んでしまったようです。

主治医を信じられないまま手術や治療を受けることは、どんなに体に悪いことでしょう。治るために入院しても、それでは、また新たな病気に見舞われてしまうかもしれません。

そのことから、名医に巡り会いたければ、自らが名医と認める先生を求めなければなりません。つまり、病気を治すことを主体的にとらえなければ、名医や信頼できる先生とは、なかなか巡り会えない、とも言えるのではないでしょうか。名医は自分で見つける、ということでしょう。そして、「信じるものは救われる」を実践していきたいものです。

さて、次の例は、やはり先ほどの例と同じ病を患った方の話です。その方は、自分が納得できる病院を探して、はるばる広島の病院を選び、治療を受けるために東京から広島へと移りました。そして、そこに入院し、手術を受けたのですが、その間、不思議な出来事に遭遇したそうです。

それは、まず、病身の自分が光り輝いているのを実感したそうです。普通、病気の場合、身にまとっているエネルギーは張りや弾力がなく、光り輝く、という表現は合わないのですが、おそらく、その時の彼女は、自分の意思を尊重してその病院を選んだという自信がみなぎっていたのでしょう。それが病気である身を輝かせたのでしょう。当然、手術は成功したそうです。

また、入院している時に、いろいろな声を聞いたとも話されました。私は、その一つは、その方自身の心の声だったと感じました。彼女は病身でも光り輝いているのですから、その時、宇宙と一体になっていたはずです。そこに降り注ぐ声は、宇宙とつながる高次元の自己、ハイヤーセルフからの声でもあったでしょう。

さらに、私が「その病院は原爆ドームのそばだったでしょう」と尋ねると、「そうです」と返答されました。私は、その声の中に、あの原爆投下で犠牲になられた女性たちの声も感じました。彼女たちは、まだあの場所にいて、懸命に生きようとしているその方に力を貸そうと集まって彼女を励ました、と感じたのです。それは、大変感動的でした。

主体的に病気に臨めば、自分以外の力も貸してもらえるのですね。それは、主治医をはじめ病院関係者や家族、友人はもちろん、もうこの世にいない方や、その土地のエネルギーや、宇宙全体の力も味方にできるという意味です。その大変意義深い学びを私は、今回の事例で実感しました。

誰でも病気とは無縁でいたいものです。しかし、病気に見舞われることは、必ず何らかの大きな学びがそこに潜んでいます。なので、病気は人を死に追いやる死神ではなく、その人を生かすために訪れる幸福の使者です。

私は、”病気にならない生き方”をビクビクしながら必死で守ることや、食べたいものを我慢したきつい生き方には、主体性を感じません。それは、身も心も固くしてしまうので、望まない病気を引き寄せてしまう皮肉な結果を生む危険があるのではないでしょうか。

それよりも食べたいものを「おいしい」と喜び、きれいに食べ切って、「ごちそうさま」と感謝をすれば、そこに主体性が表れます。それこそが病を遠ざける生き方でしょう。それでも、もし病と出合ってしまったら、抵抗しないで、その意味を探る意欲を持ちたいものです。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu