私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 健康・病気 

第269回 耳の不調を感じたら

2008-08-14

最近、「耳の不調」にまつわるご相談を集中して受けました。そこで、その原因について個々に説明をしましたので、本日は、そのことについて例を交えて書こうと思います。

まず、生まれつき片耳が難聴という方がありました。その方は、そのことをずっと嫌っていて、セッションでは、なぜそのような不調を抱えて生まれてきたのか、について触れました。

それは、その方の過去生(前世)に原因がありました。ある人生で、その方の耳は、集中的にチベット系の宗教音楽を聴き続けたのです。特に現在、難聴となっている側の耳のそばで、金属的な宗教音楽は鳴り響いていました。今生で、片耳が難聴となったのは、その人生で、十分に宗教家として生きたということを証明するためであり、また、その宗教生活から完全に卒業するためでもありました。

もし、今、その耳が正常なら、その人は、現在でも宗教音楽に惹かれて、かつての宗教の世界へもどってしまうかもしれません。それでは、魂の成長を促すことにはつながらないため、あえて、片耳を不調にしたと言えそうです。いわば、片耳の難聴は、かつて身を置いたその世界から見事に巣立ち、新たな世界での成長をご自身に期待した結果とも表現できます。

次に、身内の方が耳の中にできた腫瘍を取り除く手術を受けた、と話された方がありました。そして、その原因と、その方に今後、どのように接してあげればよいか、と相談されました。

そこで、まず私は、その原因について説明をしました。腫瘍を切除された方は、どちらかと言うと、重荷を拾ってでも背負って生きていくタイプの方でした。どんなことも聞いてしまったことは、聞き流すということができない生真面目な面をお持ちでした。そのため長年に渡って、聞きたくはないと感じる話にもじっと耳を傾け、聞き続けてきたのです。

それは当然、ご本人に強いストレスを与え続けます。そのストレスは、耳の中でしだいに腫瘍と化していきました。あるいは、腫瘍は、がまんして聞き続けた、聞きたくなかった話の塊とも言い表せるでしょう。

その塊を手術で取り除いた現在は、ストレスと、その元となった聞きたくない話の集合体から解放されたので、その方に「自由にのびのびと生きることを楽しんで」と言ってあげてください、と話しました。また、今後、聞きたくない話を聞かなくてはならない時は、ご自分に「聞き流していいんだよ」と言ってあげてください、とも話しました。

その腫瘍は、聞きたくない話や聞くに堪えないことでも、「しっかり聞け」と自分を強く仕向けることで抱えてしまったストレスの大きさとイコールです。そして、手術を通して、聞くふりをして、聞き流すことは罪悪ではない、相手に悪いということではない、ということも同時に教えていると感じます。

そのことから、「病気になりたくない」と望むなら、「流す」ことが重要と理解します。怒りを持っても、それを溜め続ければ、体の新陳代謝が滞り、体は硬くなり、細胞もうまく新しいものとスイッチできなくなります。やがて、古い細胞は、病変してしまうのです。

そこで、怒りは、人に危害を与えない方法で、発散し、流すことです。そうすれば、細胞も新しいものとうまく切り替えられて、病変しません。すると体は柔軟になり、体の中を流れる血液もサラサラになります。それは新陳代謝をますます促すので、病気は遠ざかっていくでしょう。

病気にならないためには、「溜めずに流す」と覚えましょう。いやなことを聞いても、「今の話は聞き流そう」と自分にやさしく言ってあげることです。そうすれば、その言葉通りに、不快な話は流れ出てしまい、跡形もなくなります。それで、耳の中に腫瘍ができる原因は取り除けます。

さて、またある方は、「片耳だけに耳鳴りがする。赤ちゃんの泣き声がその耳に響く」と訴えました。病院で耳の検査をしても異常はみつからないということで、その原因を知りたいということでした。

まず、その耳は、その方の利き耳で、そこに赤ちゃんの泣き声が響く、というのは、結婚しているのに、子どもがいないことへの責めを自身に向けていることが原因でした。赤ちゃんの泣き声を他の物音よりも大きく、鋭く耳に響かせて、子どもを持っていない自分を自身で責め立てていたのです。また、耳鳴りは、自分のその罪悪感から逃れるために、赤ちゃんの泣き声を遮断しようと自らが起こしている音でした。

私たちの体は、心と一体です。今回取り上げた耳の不調や不具合も、その方の心理と密接に関わっていました。私は、ますます自分の心にしっかりと注目し、対話をする必要を実感しました。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu