私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 瞑想・感性・エネルギー, 霊性 

第47回 敬老の日によせて

2004-09-20

敬老の日によせて
今日は敬老の日です。昨晩テレビを見ていたら、100歳になられてもお元気で活躍されている方々が紹介されていました。

日本は世界に名だたる長寿国ですが、私たちは誰しも健康で長生きしたいと思います。昨日のテレビでも、そのはつらつとした100歳の方々の肉体年齢は70歳代と若く、特に足腰の筋力がしっかりしていることが紹介されました。長寿の秘訣として、こうした肉体の鍛錬ももちろん大切なのですが、健康で長生きするには、苦しいことや悲しいことがあってもくよくよしないこと、よく笑うことなども挙げられるそうです。

そこで、私なりに健康で長寿の秘訣を考えてみますと、「今、目の前にあることに集中すること」が浮かびます。それは、年齢から人生を見るのではなく、何かに熱中していて、それがひとつの形を成した時は○○歳だったという見方を持つことなのではないかと感じています。これは、生涯の目標を持つなと言っているのではありません。生涯の目標を持ったとしても、それに縛られない生き方を指しているのです。おおまかな目標を立てて、その達成を目指し、日々努力していくことは決して悪いことではなく、むしろ人生を前向きに歩んでいくことにもつながる尊いことと思いますが、そのひとつひとつの過程に集中することも同じように大切だと感じているのです。

その過程ひとつひとつに熱中していると、結果として、あらかじめ立てた目標の達成の時期がずれることもあるでしょう。また、目標自体が変わっていくこともあるかもしれません。そんな時、「そういうこともある」と、その変化そのものを認めることも重要と感じます。たとえ、あらかじめ立てていた目標達成の時期が大幅に延びたとしても、それまでの過程が無駄な時間だったということはありません。その時間さえも、自分のとっては貴重なありがたい時であり、すべて必要不可欠な瞬間だったのです。

このように自分に寛容になれれば、くよくよすることもなくなるでしょう。くよくよする原因をみつけにくくなるからです。悲しいことがあっても、つらく苦しいことがあっても、「すべて私にとっては貴重な出来事であり、そのことから多くの学びを得られる」と感じることで、その出来事を悲観せず、とらわれることもなく、また前を向いて自分の道を歩んでいけます。

また、初めに立てた人生の目標からずれてしまっても、「ま、いいか。今、興味のわくことをやっていこう」と思えたら、自分では考えもしなかった自己の未知の才能に出会える可能性も十分あると思います。もうすっかり忘れてしまっている過去の人生で、熱中したかつての才能を発掘するかもしれません。

夢中になって、熱中して、自分の人生を歩んできて、ふと、自分の年齢に注目してみたら120歳になっていた、なんて、ステキなことだと思いませんか?

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu