私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 生きる・目的・変化 

第297回 人生を成功させる条件 ―自分の味方になる―

2009-06-05

私たちは、誰もが自分自身の人生を歩むために、この世に生を受けました。その意味では、自分の人生に真摯に向き合い、決して、人生を投げ出さずに生きていく人の方が、そうではない人よりも幸福の度合いが濃くなると言えるでしょう。そして、その生き方を実践する人の人生は、成功しやすいとも言えるでしょう。

私たちは、自分自身の世界と世間という他者に囲まれた世界の両方に属しながら生きています。人生に幸福感をもたらす生き方は、その両方のバランスがうまく保たれることで実現すると感じます。反対に、どちらかに偏った生き方は、たちまち生きにくさや、自分の存在感の薄さに悩まされることにつながります。

しかし、現実的には、大人の私たちは、自分の世界よりも世間を重要視しがちではないでしょうか。その背景には、世間から良い評価を得ることで自分の存在の重さを実感し、安心したいという私たちの欲求があるのでしょう。

世間で「立派な人」と評価される人物とは、一言で表すと「自己に厳しい人」ではないでしょうか。自分の利益よりも他人のそれを優先して考える人や、自分の願望や欲求は脇に置いて、他者のそれを実現させようと骨を折る人は、周囲から称賛されます。立派な大人でありたい人々は、そういった評価を得るために、「自分に厳しく、人に優しく」を日々、実行しようと努力を重ねています。

確かに、その努力は自分を鍛え上げてはくれるでしょう。しかし、それは、自分に余力がなければ、実行できません。「自分に厳しく、人に優しく」を実行するために、自分に厳しくし過ぎてしまうと、その余力は失われていきます。

自分にエネルギーがまるで無い状態で、世間が認める立派な人になることは到底できません。つまり、人の役に立てる見上げた人になるには、十分なエネルギーを自分の内側に有している必要があります。その十分なエネルギーは、自分に厳しく接すれば、接するほど、失われていきます。まじめで思慮深い大人は、世間に高評価されるための努力をしすぎる傾向にあるのではないでしょうか。

それでは、自分の世界と世間とのバランスをうまく保つにはどうすればよいでしょうか。それは、自分自身が自分の味方になってあげることです。

自己に厳しすぎる人は、まるで自分自身の敵になってしまったような立ち位置で、たとえうまくいったことでも必ずその中に欠点を見つけ、そこだけを取り上げて、それを厳しく、きつく責めます。その責めがきついほど、自分の余力はどんどん失われていきます。余力が無ければ、他者のために働くことはできません。それは、世間から認められる安心感を遠ざけてしまいます。

「自分の味方になる」とは、自分のもっとも信頼できるサポーターに自分自身がなることです。サポーターは、サポートする人を励まし、勇気づけます。活力を与えます。明日もがんばろう、と思わせます。そういった役割を自己のために自身が担ってあげるのです。

ちょっとでもうまくいったことがあれば、本人とともにサポーターも「よかったね」と喜んであげましょう。そして、「次は、こうすると、もっとうまくいくと思うよ」と励ましてあげましょう。たとえ、本人が深く落ち込むことが起きたとしても、名サポーターなら「大丈夫」と、その人の肩を優しく抱いてあげるでしょう。

そんな頼りになるサポーターが常に一緒なら、これからどんなことが人生に起きても、それから逃げずに、まっすぐにそれらに取り組めるでしょう。すると、人生を重ねるほど、タフな生き方が可能となります。そして、余裕という余力が無限に湧いてくるでしょう。

その無限な余力を惜しむことなく他者のために注げば、自然に世間から高い評価を受けられるでしょう。その高評価は、心を安定させるので、自分自身の世界も充実させようと意欲的になれるでしょう。そこに、双方のバランスを保つという理想が実現します。

誰のものでもない、自分自身の尊い人生です。その人生がより輝くために、どうぞ自分を大切にしてください。息をすることさえも難しいような、厳しすぎる自己への接し方は、まったく必要ありません。それよりも、頼り甲斐のある、愛あるサポーターに自分自身がなって、自分に寄り添い、自分を育ててあげましょう。そこに、人生の成功が訪れます。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu