私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 生きる・目的・変化 

第280回 本心に沿った生き方を

2009-02-06

転職についてご相談を受ける時、よく「今の仕事を辞めたいのですが、次の仕事が決まっていないので、なかなかその決心がつきません」という言葉を耳にします。確かに、先が何も決まっていない状況で、今の仕事を手放すことは、相当勇気が要ることでしょう。

私たちは、誰も自分の未来を知りません。私たちの未来は、私たち、一人ひとりが、毎日の積み重ねで築いていくものです。そして、その元となるのは、私たちの気持ちです。私たちのさまざまな気持ちが、日々の行動を支え、その行動の積み重ねが人生を創っていきます。

したがって、今、転職しようかどうしようか、と悩む、という気持ちも、あなたの明日という人生を形作っていきます。なので、ふと、何気なく発せられる言葉に潜むほんとうの気持ちを探ることが重要です。

それでは、「今の仕事を辞めたいのですが、次の仕事が決まっていないので、なかなかその決心がつきません」という言葉に潜む本心を探っていきましょう。そこには、2つの本心が見い出せます。

一つは、相談者は、確かに「今の仕事を辞めたい」とは感じるのですが、まだまだその決心が固まっていない状況です。そのはっきりとしない心理状況を、「次の仕事が決まっていない」という言葉を用いて、「今の仕事は辞めたいけれど、そう簡単には辞められない」と表現しているのです。

また、「今の仕事よりもましな仕事はそうそうあるはずがない」、あるいは、「今の仕事よりも劣る仕事には就きたくない。世の中、そう簡単に自分に都合の良い仕事などあるはずがない」とも感じています。しかし、それらをはっきりと言葉にすると、その厳しい現実と向き合わなくてはならず、それはつらいことなので、その現実を「次の仕事が決まっていない」という、幾分ソフトな言葉に置き換えて表現しているとも言えます。

そういった場合は、「今の仕事を辞めたいのですが、次の仕事が決まっていないので、なかなかその決心がつきません」と言った後、気分がすっきりします。なぜなら、「今の仕事を辞めたい」と言葉を発した時、抱えているストレスを発散し、それから解放されるので、それだけで十分、気持ちが楽になるからです。

そこで、このケースへのアドバイスですが、今はその仕事を辞める必要はありません。今の仕事を明日も続けていく中で、その仕事を楽しいと思えるように、自身で何らかの努力をする必要がある、ということです。たとえば、朝、できるだけ明るく、自分から「おはよう」の挨拶をする、親しみやすい笑顔を心がける、というささやかなことでも、自分から発することで、周囲の人々とのコミュニケーションを豊かにします。そこに、仕事を楽しくする種が詰まっていることも多いです。
さて、もう一つの本心ですが、「今の仕事を辞めたいのですが、次の仕事が決まっていないので、なかなかその決心がつきません」と口にしても、心はすっきりとはしない場合です。それは、ほんとうに今の仕事を辞めたいと強く思ってはいるのですが、そう言葉を発しても現状が変わるわけでもなく、そのストレスを発散することができないからです。そして、仕事を辞めたいという気持ちは固まってはいるけれど、ほんとうに次の仕事が見つかっていない現状に不安を抱えて、その困窮した状況を正直に言葉に表しているのです。

この場合、その仕事を辞めてはいけないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。その本心は、どんなに隠しても、ふたをしても、決して消えることはありません。したがって、将来の不安のせいで、辞めることをあきらめ今の仕事を続けても、決して、気持ちは楽にはならず、ますます不安と不満がふくらんで、生きることを苦しめるでしょう。
ゆえに、この場合は、辞められることを勧めします。そう言うと、「次の仕事が決まっていないのに、なぜ、そんな無責任なことが言えるのか」とお叱りを受けるかもしれません。しかし、私は、それが一番、その人にとって、良い選択だと断言します。

なぜなら、「今の仕事を辞めたいけれど、次の仕事が決まっていない」という状況は、実は、その方の願望をそのまま表しているからです。一つは、その方は、次の仕事を決めてから、退職届を職場に突き付けるような、そんな身勝手なことはできないと心の底では思っているのです。だから、辞める前に、再就職活動を本気で取り組むことはしないのです。

それならば、その自分の意思を尊重して、辞めてから、次の仕事を探しましょう。きっと、その方が本気で、エンジン全開で、再就職活動に全身で臨めます。結果は、その行動を裏切りません。

あるいは、今、とても疲れていて、仕事をとにかく辞めて休みたいと願っている可能性もあります。ならば、今の仕事を辞めて、再就職活動はしないで、休みましょう。そして、活動をしたくなったら、行動を起こせばよいのです。

私たちは、本心には逆らえません。自分の気持ちにウソをついて、自分をだまして生きていくことは、たった1日でも耐えることはできません。ならば、自分の本心に忠実に生きていきましょう。その姿勢は、自分を信じ、自己責任を果たす生き方の実践となります。そこに人生を謳歌する喜びが生まれます。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
             
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu