私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 生きる・目的・変化 

第219回 私の大悟スタイル

2007-08-30

湧き上がる欲求の数が多いからと言って、「欲深い」と卑下しないでください。その欲求たちは、この人生を濃く生きていく原動力となってくれます。自分の生き様を実感できる土台です。煩悩にまみれようではありませんか!煩悩にまみれれば、苦しいことが多いかもしれません。しかし、その苦悩の沼に身を沈めて、とことん苦しんで、やがて自力で浮かび上がった時、その手には「大悟」の美しい花が握られているのではないでしょうか。

219.私の大悟スタイル

「大悟する」という表現があります。これは、厳しい修行の果てに真理を悟ることを指します。禁欲的な禅の世界で用いられる言葉でもあります。

欲にまみれた凡人の私は、とても禁欲的には生きられないので、この生涯で大悟することはなさそうだと感じます。しかし、右手があれば左手があるように、男がいれば女がいるように、物事はどんなものでも対極にあるもの同士が同時に存在し、互いにバランスを取り合っていると、私なりの小さな悟りがありますので、それに則ると、次のように言えるのではないでしょうか。

とことん禁欲的に生きなければ大悟できないとすれば、とことん欲を追求しても大悟できるのではないか。(こんなことを書くと、ふざけるな、と叱られそうですが!)でも、これはだんだん私の持論になりつつあります。

宗教の清いの世界に生きないで、この俗世に身を置く私たちが、自分なりの悟りを得るには、欲を捨てることではなく、湧き上がっていく多くの欲たちをすくい上げて満たしていくことが根本となると感じます。

今の日本は、うつにかかる人が大変多いです。私がお目にかかる方々にも、その経験をされた方、まだ完全にその状態から脱していない方がいらっしゃいます。その方々に共通するのは、置かれている立場は違っても、自分がほんとうに望んでいることを強い圧力で封じ込めてしまった結果、自分らしさというとても大切な個性を見失ってしまった状況に自分を追い込んでいるということです。そして、その自分が存在していない不安定な状態で、これからを生きていくことを回避させるために、うつを起こして、そこに立ち止まらせて、自分の内面を直視させ、自分の望む方向や分野を再確認させようとしているのです。

今の日本にうつで苦しむ人々が増えているというのは、個性豊かに生きていきたいと叫びたい人々が多くなっているということではないでしょうか。「長い物には巻かれろ」的な安直な生き方ではなく、自分にこだわって、自分を大切にして生きたいと望む人々が増えてきた証ではないでしょうか。

うつから解放されるには、封じ込めた自分の欲求たちを自由にしてやることです。押さえつけてきたその大きな圧力を取り除いてやることです。つまり「私は世界でただ一人なんだよ。私はとてもとても大切な人間なんだよ。だから自分が望むことを素直に認めてあげよう。自分らしく生きていっていいんだよ」と、やさしく声を自分にかけてあげることです。

私たちが毎日を心身ともに元気にイキイキと自分らしく生きていくには、心に湧き上がる欲求が欠かせません。その欲求を満たしていく意欲が健康につながり、それがまた新たな欲求を生み出していきます。換言すれば、俗世に生きる私たちは、禁欲的になると生きる喜びを実感できないということでしょう。主体的にイキイキと生きていくことで、「人生とは何か」といった自分なりの悟りが得られるのではないでしょうか。

この豊かな世の中で、私たちは思う存分、自分の生き方にこだわれます。自分スタイルを築いていけます。うつは、私たちに「自分の思う通りに生きていっていいんだよ」と、ありったけの力を込めて主張しているように感じます。

今、どんなことをやってみたいですか?そう聞かれて、湧き上がってきた欲求の数が複数でも、それを無理矢理一つに絞る必要はありません。そんなにストイックにならなくてもいいのです。その数だけ私たちには可能性がある、生きる喜びがある、ととらえましょう。

場合によっては、その欲求たちが満たされる瞬間にタイムラグが生じることもあるでしょう。あるいは、いくつかの欲求が同時にかなう時もあるでしょう。大切なのは、心に上がってきた欲求を一つひとつ満たしていくのは、誰でもない自分自身です。自分がそれをかなえるために動いていかなければ、夢は夢のままです。私たちに今、もっとも必要なのは、行動していくこと、です。その勇気を持つことです。欲求や夢を実現させるために行動することを「努力」と言います。もう私たちは、自分のために努力する自由を手に入れているのです。

湧き上がる欲求の数が多いからと言って、「欲深い」と卑下しないでください。その欲求たちは、この人生を濃く生きていく原動力となってくれます。自分の生き様を実感できる土台です。煩悩にまみれようではありませんか!煩悩にまみれれば、苦しいことが多いかもしれません。しかし、その苦悩の沼に身を沈めて、とことん苦しんで、やがて自力で浮かび上がった時、その手には「大悟」の美しい花が握られているのではないでしょうか。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu