私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 生きる・目的・変化 

第137回 インナーチャイルドを抱きしめて

2006-05-25

日常の家事の中で、私は最近まで「布団干し」が大きらいでした。重い布団をベランダへ運んで干すという行為が面倒という以前に、布団を干すこと自体にかかわりたくない、といった感じでした。ですので、なんとか自分の尻をたたいて、いやいや布団を干すか、布団乾燥機を押し入れから引っ張り出して「今日は布団を乾燥させるぞ」と強く自分に言い聞かせて使っていました。

それが、以前通ったヒプノセラピー(催眠療法)の講座の実習で、不意に、小学校1年生の頃の記憶がよみがえり、今の布団干しを嫌う原因がわかったのです。

私は、小学校に入っても毎晩、おねしょをしていました。おねしょをした私の布団を毎朝、母が「近所にみっともない」と言いながら、庭の物干し竿に干していました。その母の後ろ姿をうなだれて見ている当時の自分を、その自習で思い出したのです。また、何度言っても治らない私のおねしょに母は立腹し、竹でできた布団たたきで私のおしりをたたいている光景も思い出し、その痛さをまざまざと再確認しました。

その時の心の傷は、大人になっていく過程で記憶の底にしまわれていきましたが、決して無くなることはありませんでした。それゆえ、やがて大人になって、主婦になって、もうおねしょなどするはずがなくなっても、布団を干すという行為は、世間に対してみっともない自分をさらす、恥ずかしいものであるからやめるべきだという無意識のブレーキがかかっていたのです。さらに、夕方、近所で干した布団を取り込む時にたたく音を耳にすると、私は訳もなくいらだっていました。それは、当時のみじめな自分を無意識にその音に重ねて感じていたからでしょう。

このように大人の私たちの心の中には、幼かった自分が生き続けています。それを「インナーチャイルド」と呼びます。

私たちの普段の何気ない行動には、この子ども時代に経験したいやだったこと、こわかったこと、悲しかったこと、さびしかったことなどのトラウマが大きく影響していることもあります。たとえば人前で異常に緊張してしまうとか、何か問題が発生した場合、冷静にその原因を探るより先に、その責任はすべて自分にあると思ってしまう癖なども、元をただせば幼かった頃の悲痛な体験によることも多いのです。

そして、子ども時代は親とのかかわりを無視できません。したがって子ども時代のトラウマには、親が深くかかわっていると言っても過言ではありません。

長年の改めたい行動の癖が、子ども時代のトラウマによるものだったとわかることは、とても有意義です。しかし、そこでかかわっていた親を責めても問題の解決にはなりません。私の例でも、そもそもおねしょを繰り返す原因は私と母との関係にあったのですが、そこで非情な母を今さら責めても、その子どもの時代にはもどれませんし、その怒りや恨みは、さらに苦痛を生み出してしまうだけです。

インナーチャイルドを癒すもっとも有効な方法は、もう親の加護がなくても生きていける立派な大人になった現在の自分自身が、その傷ついている子ども(自分)をしっかりと抱擁し、「つらかったね。でももう大丈夫だよ」と、いたわりの言葉をかけてあげることです。そして、その子どもとともに、今の自分も思いっきり涙を流すことです。

私も、おねしょをしていた小学1年生の私を抱きしめ、なぐさめました。そして、ともに泣きました。すると、おかっぱ頭で白いブラウス、赤の吊りスカートを着た当時の私は、少し落ち着いて、ニコッと控えめに笑ってくれました。

その後、私は、「明日は晴れる」と知ると、真っ先に「布団を干そう」と思うようになりました。その日が外出のため干せない時は、心から残念と思うようにもなりました。また、干した布団を取り込む時には、平常心でソフトに布団をたたいています。今では「布団干し」は結構好きな家事となりました。

今、あなたが自分の行動で直したいと思うところがあったら、その原因はインナーチャイルドが握っているかもしれません。その原因となった場面を思い出すことができたら、その時のあなた自身をやさしく温かく抱きしめてあげましょう。もし、自力では思い出せない場合は、ヒプノセラピーのセッションを受けてみることも有効です。さらに、この私に尋ねてくださっても結構です。お力になりたいと思います。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu