私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 生きる・目的・変化 

第56回 瀬戸内 寂聴先生の講演を聴いて

2004-10-09

先日、上野にある東京国立博物館本館のリニューアル記念講演会がありましたので 行ってきました。講師が作家で僧侶の瀬戸内 寂聴先生でしたので、たいへん楽しみ でした。

昔、仏教高校に通っている頃、その学校で「自分より年長の人は絶対に尊敬しなけれ ばならない」、なぜなら、「自分より1日でも年長の人というのは、自分よりも先に 人生を歩いてくれるので、人生のさまざまなモデルを示してくれるから」と言われて いました。高校生だった頃は、この言葉に関心はありませんでしたが、今、中年に なってみると、その重さを感じます。そこで、今、自分より先に人生を歩んでいらっ しゃる方々の中で、興味をひく方の講演会には足を運んでいるのです。

瀬戸内 寂聴先生は82歳だそうです。ご自分でも「年齢からすると私は立派な老婆 ですが、自分でそうとはちっとも思っていない」とおっしゃっていました。確かに 「老婆」という言葉は先生にはまったく似合いませんでした。法衣をお召しになられ 剃髪されておられましたが、声に明るさと張りがあり、動きもきびきびとしていて、 とってもチャーミングでした。

約1時間半の講演の中で、残りの30分間は聴衆との質疑応答に使われました。会場 にいた人々は、全体的に60代くらいの方が多かったのではないかと感じました。そ のためか質問も「死」に関連する内容もありました。

ある方の質問は、ご主人が不治の病を患っている、そのご主人とともに日々を過ごす 自分は、ご主人にどのように接したらよいかというものでした。先生は、「人間はい ずれ死にます。あなたも私もまちがいなく死にます。この会場の人、みんな死ぬんで す。ご主人はあなたより早くその時期が来るということだから、その死までご主人に 好きなことをさせてあげて、二人で楽しい時間を持ってくださいね」と応えられまし た。寂聴先生の声は明るく、「死」を語っていても、微塵も暗さがないのです。「この会場の人、みんな死ぬんです」と語られたところは、会場がどっと笑いに包まれま した。そして、みなさん、そのお応えを聞きながら、質問された方の心情を想い、笑 いながら泣いていました。私は、寂聴先生の人間の大きさ、そして、人の気持ちに寄 り添われる温かさを感じました。

また、先生が若い頃、夫と娘を残して家出をした件で、その後、その娘さんとはどう なっているのですか?という質問もありました。すると、「先月、娘と会って食事を しました。娘がもう60歳になったと聞いて驚きました。自分が今82歳なのだから当 然なのですが。私は娘と仲良くしていると思うけれど、娘の側はどう思っているのか わかりませんね。私が僧侶になってしまったから、文句を言えないのかもしれないけ ど」と笑って応えられました。そのようなデリケートなとても個人的な内容にも、 さっぱりと明るく対応されたのです。私は、過ぎ去ったことへの潔さを感じ、先生の ことを「この人は、自分の人生を真っ正直に生きてきたんだなあ」と深く感心しました。

この講演を聴いて私は、人間はいずれ死ぬことは決まっている、それならば、その死 まで生き切ればいいと強く思いました。誰もが誕生した瞬間から死に向かって生きて いきます。ほんとうに「みんな死ぬんです」ね。だからこそ、生き切ることが求めら れていると感じます。

「生き切る」こととは、寂聴先生のように自分の人生を真っ正直に生きていくことで しょう。私は、私の人生という道を、自分の思うように、感じるように、自分の足で 歩いていきたいと思います。時には喜び、笑い、時には悲しく泣いて、日々、そんな 自分を「好き」と言いながら歩を進めていこうと誓いました。

秋晴れの日、こんな気持ちになれた自分に満足し、瀬戸内 寂聴先生という偉大な人 生の先輩との出会いに心から感謝しました。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
             
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu