私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人生, 肯定・自信・成長・行動 

第260回 人生を肯定すれば生き甲斐が生まれる

2008-06-12

これまで多くの方々とお目にかかり、さまざまな人生のご相談を受けてきて実感していることは、私たちが人生で出合うあらゆる出来事には、必ず何らかの貴重な学びが含まれている、ということです。

そのバラエティに富んだ出来事は、経験してうれしい気持ちになるものと、悲しく、苦しい思いを抱えてしまうものとに分けられます。しかし、そのどちらにも、その尊い学びはしっかりと組み込まれています。

私たちが、この人生を引き受けた理由は、自分自身に課した使命をまっとうすること、あるいは、自身の魂の進化を促すことにあるでしょう。そのためには、率先して、積極的に、一つでも多くの経験を積み、そこから何らかの気づきや学びを受け取る必要があります。言い換えれば、人生での経験を数多く積み重ね、学びを多く受け取った人は、この人生で大きく成長するとなります。

それでは、この人生を、「学び」という果実をたくさん受け取り、生き甲斐の詰まった、実り豊かなものにしていくには、どうしたらよいのでしょうか。

私は、その答えとして、「肯定する」というキーワードを挙げます。つまり、どのような出来事に遭遇しても、そのことを肯定的にとらえましょう、いったんは、その出来事を否定的に感じても、そのあと心が落ち着いたら、そのことを肯定的にとらえ直すくせをつけましょう、と提案します。

自分にとってうれしい経験は、放っておいても肯定的にとらえられますが、そうではない苦しい経験は、なかなか肯定的にとらえることは難しいです。それでも、あえて、そういったきびしい経験さえも肯定的に感じてほしいと思います。

たとえば、病気を患う、という経験があります。それは、決して楽しい話ではありません。「なぜ、私だけがこんなに不幸なんだ」と、その経験を悲観してしまうと、その被害者的な意識が自分を支配してしまいます。それは、自分を不幸者という決して幸せ者にはなれない分野に追いやってしまうので、まさか、そこに人生での貴重な学びがある、とは思いもよらないでしょう。

しかし、その苦しい状況の中でも「この病が私に訪れのは、必然なのかもしれない」と心を落ち着けて肯定してみると、「ならば、どうしてこの自分にその病は訪れたのか?」と、そこに潜む病気の意味を探究したくなります。その意欲が、そこでの貴重な学びを手にする第一歩です。また、その意欲こそが生きる源となるので、病に負けてしまうという不幸は遠くへ去っていくはずです。

実際に、病気のご相談を受けると、私は、必ず、その病気が何らかの深い学びを携えていることに気づきます。たとえば、怒りの支配される人は、肝臓が弱り、病むことで、「そんなに怒っても人生は進展しないよ。自分を許そう。そうすると人も許せるよ」とメッセージが聞こえてきます。あるいは、女性としての喜びを持たず、自分の個性をも消して生きようとする人は、婦人科系の個所が弱ります。そして「せっかく女性として生まれてきたことには意味があるんだよ。そこに気づいて」と訴えてきます。

そういった病気は、患った方を死に追いやるために訪れたタチの悪い偶然の不幸ではありません。その時、その方にどうしても気づいてほしい貴重な学びがあるので、病気という強い形でその人の目の前に立ちはだかったと言えます。私は、病気からのメッセージを伝えることを重ねてきて、今、「病気とは、私たちを生かすために訪れる愛の使者」だと実感しています。

また、日常生活のさまざまな出来事にも、不幸の種は山ほど転がっています。たとえば、職場の上司が代わり、それまでうまくいっていた仕事の流れが悪くなった、ということも、ある日、突然身に降りかかった偶然の不幸かもしれません。そう感じて、周囲の人々と延々と愚痴っていても、その不幸から脱出することは不可能です。あるいは、「仕事の達成感が持てないのは、その上司のせいだ」と被害者になり続けていても、誰もそこから救い出してはくれません。

しかし、新しい上司がそこに座っていることを「それでいい」とそのまま受け入れてみると、目の前にある仕事を遂行していくために、その人とどうつきあっていくのか、をおのずと考え、実行するようになります。そこに、まさしく大きな人生の学びが含まれていて、それへの気づきが、やがて自信につながります。そして、その自信こそが魂を成長させるのです。

多くの人々が、この人生での生き甲斐を求めてさまよっています。その生き甲斐は、人生でのさまざまな出来事をすべて肯定する、という姿勢が支えます。そして、そう肯定すれば、「自分の身に起きる出来事は、すべて必然」と覚悟が定まります。それは、自分の人生を他人事にしないで、自分としっかり向き合って生きる、ことを意味します。やがて、そこに宿る自信が、生き甲斐そのものを生み出します。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
             
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu