私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 天職:仕事・才能・情熱 

第185回 仕事で血湧き肉躍らせたい

2007-04-26

仕事にまつわるご相談は後を絶ちません。自分にはいったいどんな仕事が合っているのか、転職したいけれど、今、ほんとうにそうしてもよいのだろうか、など、誰でも一度はそういった悩みを抱えた経験があるのではないでしょうか。

時代は確実に変化しています。働く女性が増え、もはや専業主婦が当たり前の時代はとうに過ぎ去ってしまいました。かつては大企業と呼ばれる会社に就職して、つつがなく勤め上げれば、定年まで転職を経験することもなかった終身雇用制、年功序列制度といった日本型雇用システムは、最近では影をひそめています。現在は、伝統的なそれらの制度に代わって成果主義を導入した結果として、成果と能力の違いから発生する混乱などの問題が生じ、新たなシステムを考慮せざるを得ない状況です。

この混乱の中で、私たちが仕事について確固たる価値観を見出せずに苦悩するのは当然です。かつてのようにおとなしく、まじめに勤務して、年を重ねるほどに収入が右肩上がりに増えていくのであれば、少しくらいの不満には目を瞑れるでしょう。そこでは、「我慢こそが仕事なのだ」と自分に言い聞かせて、その我慢をどこまで自分に課せられるかということに、仕事のやりがいを見出したかもしれません。

しかし、現代はそうはいきません。つぶれるはずがないと思っていた大きな会社でも、先のことはわかりません。つつがなく勤め上げたくても、いつリストラの嵐が吹き荒れるかもわからないのです。その中で、私たちは生きていくために働いて、お金を稼いでいく必要があります。

そう聞くと「大変な時代に生まれてしまったなあ」と落胆する人もあるでしょう。でも、私は、この時代に生きられるからこそ、「仕事とは自己表現の場である」と声高らかに宣言できる幸せを実感します。

大きな会社がよい就職先と信じて疑わなかった時代では、そういった会社に入れてもらうことを就職の目標として誰もが掲げるので、そこから外れる人、あるいはそこに参加しない人は、負け犬、変わり者というレッテルを張られてしまったでしょう。

私が幼い頃、隣家には故人からのメッセージを伝える霊媒師が住んでいました。その頃は、まだ戦争未亡人が大勢いらして、週末になるとその霊媒のおばあさんのもとに多くの女性が集まっていました。そして、彼女たちはそのおばあさんを通して語られる亡き夫のメッセージや遺言を涙ながらに聞き入っていました。そんな光景に私はとても惹かれたのを覚えています。しかし、私の母は、そういったことをやましいこと、やってはならない人の道にはずれた仕事として大変嫌っていました。大卒のそこそこ有名な企業に勤めるサラリーマンを夫に持った母は、そこに安住できる幸福を得ていたでしょうし、その結婚の選択をした自分を正当化していたはずです。それと比較して、サラリーマンのような地道で堅実な仕事とは決して言えない霊媒師など到底受け入れることはできなかったのでしょう。

しかし、時は流れて、現在私は、奇しくもそのおばあさんと同じような仕事をさせていただいています。中には、母のように私のことを嫌う方もいらっしゃるでしょうが、私は、この仕事に理解を示してくださる方々に恵まれ続けています。そのおかげで仕事を継続することができ、これが天職なのだと感じる幸せを得ています。

かつての「大きな会社が良い勤め先」といった一元的で硬直した価値観が崩れた今だからこそ、その時には変人扱いされた日陰の職業も陽の目が当たるようになったのではないでしょうか。そういった意味では、昨今の仕事にまつわる混乱には、各人の才能をその人独自の職業として選択する自由が内在されていると言えます。

現代は、お金を得るために我慢をすることが仕事の目的ややりがいには成り得ません。仕事に悩みを抱えて私を訪れる方々の共通点は、その仕事に自分らしさを発揮できない、自分の考えや意見を盛り込めない、自分という存在の重さをその仕事には見出せない等の自己表現の希薄さに不満、不安を抱えているのです。

この混乱は大きなチャンスです。現代人である私たちが仕事を自己表現のとっておきの場にする好機です。既成の仕事とは異なる、まったく新しい職業を自らが創造する勇気と実行力が求められています。

仕事にやりがいを感じたいなら、自分が興味や関心を抱けるものを仕事にすることです。そして、そこで思い切り自分を表現し、堂々と収入を得ていくのです。その新しい波を私たちがほんとうに起こせるかが、今、問われています。

仕事とは自らが創造していくものと言ってみたくはないですか?仕事に没頭する、集中する、興奮する、そんな血湧き肉躍る私たちでありたいと思いませんか?

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu