私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 天職:仕事・才能・情熱 

第107回 天職とは、苦悩する仕事

2005-10-27

先日のチャネリングで、私自身が深く納得する言葉をご相談者へお渡ししていました。

それは、「天職とは、苦悩する仕事である」、「苦悩が伴わない仕事は、天職とは言わない」と伝えていたのです。

天職のご質問は、日々のチャネリングの中で大変多く承ります。

今、就いている仕事にやりがいを感じない、あるいは、その仕事をそろそろ辞めようと思っているが、次の仕事は、是非、天職と呼べるものにしたい、などもろもろの理由から尋ねられます。

そういったご質問から伺えることは、「天職と呼べるものに出会ったら、きっと幸せになれるにちがいない」、「天職だと信じられる仕事にめぐり会ったら、今のように悩まないだろう」といった、天職に対してバラ色のイメージを持ちやすいということです。したがって、天職=楽しい仕事、と定義づけされやすいのです。

しかし、チャネリングでは、その真反対の、天職=苦悩する仕事、と伝えています。

これは、いったいどういう意味なのでしょうか。

そこで、その時に説明した内容をこれから紹介していこうと思います。

まず、「苦悩」という言葉ですが、これを悪い意味ではとらえていません。文字通り「苦しみ、悩む」という意味なのですが、それを仕事で体験することに意味があると言うのです。 それを体験し、乗り越えていくことによって手に入れた喜びは格別です。その喜びは感動であり、また、その感動に震える時、周囲の人々に感謝の気持ちを自然に持つこともできます。それが、仕事の醍醐味です。

仕事の醍醐味を体験するということは、その仕事の真髄を極めるということです。その仕事の正真正銘のプロになるということでもあります。つまり、苦しまないと、仕事で創意工夫をするチャンスは持てないと言えます。

仕事で創意工夫をするということは、その瞬間に没頭するということでもあります。それを三昧と言います。仕事三昧は、仕事以外のことは考えないので、研ぎ澄まされた感性が開花し、その瞬間、私たちは宇宙とつながっているはずです。

反対に、その仕事に苦悩がないとすれば、それは楽な仕事と言えます。楽なのはラッキーと思えるのかもしれませんが、やがて「刺激がない」、「毎日同じことの繰り返しでつまらない」、「飽きた」などの不満が出てきます。そこに、仕事でのやりがいを見出すことは至難の業でしょう。

苦悩するから、その楽しさを実感できるのではないでしょうか。満喫できるのではないでしょうか。

仕事を選ぶ時、その仕事をやってみたいと思う、その仕事をしている自分を想像するとウキウキ、ワクワクする、そういった感覚を信じることは大切です。それは、まさしく自分の天職への第1歩となります。

しかし、その仕事をすれば、ずっとその華やいだ気持ちが続くというのは幻想です。むしろ、やればやるほど、その仕事に精通すればするほど、苦悩が深くなる、緊張感が増す、そういう状況に出会ってこそ、まちがいなく、その仕事は自分の天職だと信じられるのです。

また、「天職」という職業、仕事が存在するのではありません。その苦悩や緊張を乗り越えていくことによって、天職は創られていくのです。

さらに、日々刻々の自らの変化に呼応して天職も変化していくはずです。その意味では、仕事を辞めること、転職をすることを罪悪視する必要はありません。

私は、今の仕事に日々、緊張感を覚えます。何百.繰り返しても、慣れるということはありません。よって、これが私の天職なんだと少しずつ感じ始めています。

皆さんは、いかがでしょうか。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
            
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu