私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人間関係, 共感・表現・感謝・役に立つ 

第176回 あなたの話が聞きたい

2007-02-22

昨年、ある会合で、最近定年退職をされて、現在は某企業で新入社員教育を担当されている方の話を聞きました。その方は約1時間、話をされたのですが、私の感想は、その方には悪いのですが、「つまらなかったなあ・・・」でした。

なぜ、つまらなく感じたのかというと、その方は所要時間のほとんどを使って、過去の偉人たちの代表的な言葉を次々と紹介されたのです。その中には、ひとつもご自身の経験から語られた言葉がなかったと記憶しています。そうなると単に「物知りだなあ」とは感じますが、心に深く残るものがないのです。印象深く心にひっかかるその方独特のエピソードがなかったため、私はつまらないと感じてしまったようです。

せっかく会社に長く勤められたのですから、そこにはその方独自のさまざまな体験が存在しているはずです。その中からいくつかのエピソードを紹介されて、偉人たちの言葉も交えて話されたら、私はきっと興味を持って飽きずに話を聞けたと思います。

特に、「新入社員教育」という場面では、これからその新人たちが、働く意欲を高めて仕事に取り組めるように話の内容を工夫する必要があると感じます。若いルーキーたちが興味を持って話を聞いてくれるようにするには、長い社会人生活で経験した数々の出来事の中から、選りすぐった失敗談を語ることが奏功するでしょう。そして、その手痛い失敗から何をどう学び、それをいかにその後に生かしていったのかも合わせて披露するのです。

すると、ルーキーたちは目を輝かせて話を聴くでしょう。なぜなら、そこに「共感」が生まれるからです。大先輩の指導教官でさえも、その道のりには失敗をした経験があると知ると、偉い教官もやはり人間なのだと彼らは安心します。さらに、その失敗を失敗のまま終わらせないで、その後への教訓として仕事に生かすことができると知れば、これから取り組む仕事に対して緊張しながらも希望とやる気を見出すことができるでしょう。それこそが「新入社員教育」の真髄ではないでしょうか。

また、若者を相手に自分の失敗談を披露しても、教官であるご本人の価値は下がりません。むしろその話を聞いて、彼らの共感と連帯感が全体に広がれば、頼もしい先輩としてますます尊敬されるでしょう。

人は共感のない話には興味を抱きません。それは、このような教育といった場面でも、講演でも、少人数での語らいでも同様です。どんなに見上げた功績を残した偉人であったとしても、その人を直接知っているか、その本人が自ら語るか、あるいは、その偉人に惹かれている、でない限り、私たちは共感しにくいのです。

私たちは、互いに刺激や影響を与え合うために生存しています。ゆえに他人に自分自身の話をすることは、僭越(せんえつ)な、無礼なことではないのです。

現代人である私たちには、名字帯刀が許された武士とそうではない庶民といった厳しい序列は課せられていません。現代社会は、身分制度のある封建社会ではありません。そのため言葉を交わさず、外見だけで相手を判断することは至難の業です。

そんな社会で、自分と相手が互いに興味を持ち合い、共感を高め合い、連帯感や信頼感を抱き合える幸福を得るためには、言葉を発して自分を語らなければなりません。大丈夫、今、自分を語っても「無礼者!」と切り捨てられる心配はありません。時代は、あなたが自らを語ることを求めています。

それでも私たちには、恥じらいの気持ちが強く、謙遜することを美徳とする風習もあるので、なかなか自分のことを話すのは勇気が要ります。しかし、万人に一様に個人的な話をする必要はないので、状況に応じて、話せる人々に自分のことを語ればよいのです。そして、相手の話もよく聞けば、それで十分礼儀を満たしていることになります。

他人に自分の考えや感じていることを自らの経験を交えて話をすると、相手も同じように興味をそそる個人的な話をしてくれます。他人は自分の鏡です。すると、深い共感も生まれやすく、そこから互いにおおいに刺激を受け合えます。

互いの仲に深い共感と信頼があれば、時に意見の相違を見ることがあっても、その関係が壊れることにはなりません。むしろその相違そのものを尊敬の気持ちをもって認め合え、互いの人生に影響を与え合える喜びを感じられます。それは、自分にとっても、相手にとっても、その後の人生をよりよく生きていくことにつながります。自分を語ることは、人の役に立つ尊い生き方です。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu