私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 人間関係, 共感・表現・感謝・役に立つ 

第110回 共感能力

2005-11-17

人間が人間たるゆえんは何だろうと考えた時、私は「共感能力を持っていること」と最近、思うようになりました。

私が下の子を妊娠する前に、それまでかかったことがなかった風疹の予防接種を保健所に受けに行ったことがありました。その時、一緒に行った当時1歳半の娘が、ベビーカーの中で、注射の針が私の腕に刺さるのを見て泣いていました。(私より若い女性は妊娠時のリスクを回避するために、あらかじめ風疹の予防接種を受けていますが、私たちの世代は、予防接種を受けていないのです)

その時、娘は、注射そのものが怖かったのと、大事な母親が痛い思いをしていると感じて泣いてくれたのです。これが「共感能力」ですね。

人間は、社会の中で育ちながら、この共感能力を身につけていきます。

人の気持ちに寄り添える能力、相手の気持ちを自分のことのように感じ取る能力である共感は、人間独自の高い能力です。この能力を発揮できたら、円滑な人間関係を築くことは容易なはずです。しかし、私たち大人の現実は、なかなかそうはいかないようです。

さまざまな人間関係にかかわるご相談の多くは、夫と妻との関係、彼と彼女の関係といった濃密な関係の修復に関するものです。

何かのきっかけでそれまでの密な関係にヒビが入り、それをどうしたら修復できるだろうか、また、長年の気持ちのすれ違いで、とうとう別れを予感する緊張感を持ってしまったなどのご相談を受けていると、当事者たちの間には、この共感能力が影をひそめていると感じます。そこには、相手が動き出すのを辛抱強く待っているご相談者本人が存在しています。その時、ご本人は、自分の感情をいっさい相手に見せてはいません。すると、どういうことが起きるのか ――――。

相手も同様に自分の感情を見せてはくれません。互いに、相手の気持ちがわからないまま、距離感を縮められないまま、にらみ合い、探り合いが続きます。そして、その関係に疲れて、幕引きをしぶしぶ決意するといった流れになりやすいのです。

そこで、心得てほしいことがあります。

それは、自分の気持ちを表現しないと、相手も気持ちをオープンにしてはくれないということです。相手に自分のことをどう思っているのか聞きたければ、自分が相手をどう感じているかを表さないと、教えてはくれないのです。

互いに気持ちを見せ合うことで、相手のことを理解しやすくなります。すると、互いを思いやる共感が生まれやすいと言えます。

早い段階から二人の気持ちを表現し合う関係を築く努力をしておくと、決定的な意見の相違があっても、むしろそんな状況だからこそ、二人が持ち合っている共感能力が大きく開花して、その難局を乗り越えていくことができるのです。

特に女性は、好きな男性に共感してもらいたいと強く欲しています。女性は、好きな男性に自分の気持ちをわかってほしい、やさしく気持ちに寄り添ってほしい、と望んでいるのです。

女性が「今日は、いいお天気ね」と男性に話しかけたら、ただ「そうだね」や、「ほんとにいい天気だね」と、オウム返しでいいのです。それだけで、女性は共感してもらった安心感で包まれ、幸せを実感できます。まちがっても「それがどうした?」などのような返答はしないでいただきたいのです。

また、彼女に何か相談されても、それを真っ向から解決しようとしないでください。彼女のためになる解答をしてあげようと頭をひねらないでください。その間、無言になりますし、その沈黙で、けっこう女性は傷つくものなのです。ただ、「大変だね」、「あなたの苦労、わかるよ」といった、解決策ではない共感の言葉をかけてあげてください。女性は、あなたに解決策を要求してはいません。ただ共感してほしいのです。

女性にモテたければ、男性は、うまい共感の仕方を身につけることが近道でしょう。

密な人間関係を形成したければ、おそれず自分の気持ちを相手に言葉を使って見せてあげてください。その感情の交換を通して、深い共感を互いに得ることができます。それは、両者を強く、しかし、しなやかにつなぎ、愛に満たされた、ゆるぎのない信頼を築いていくことを可能にします。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
           
19日(土)は、10時~17時まで。
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
23日(水)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu