私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

カテゴリー: 前世・過去世・未来, 霊性 

第296回 過去生からのメッセージ 第3回

2009-05-29

30代前半の女性のケースです。

(質問)
今、結婚を前提につきあっている男性がいるのですが、その交際期間中に彼とは別の男性とめぐりあってしまい、どうしようもなくその人に惹かれてしまいました。そして、彼には悪いと思いつつも、その男性と関係を持ってしまいました。そのことで、大変苦しみましたが、最近、その男性と別れました。この体験をどのように理解すればよいのでしょうか。

(回答)
彼女と、彼女の婚約者と、そしてこの男性は、同じ時代に揃って大変近い関係で登場しています。

江戸時代の日本で、彼女は武士の娘として生きていました。彼女には、医者になるために勉強をしている兄がいました。その兄と彼女は大変仲がよく、兄は妹想いのやさしい人でした。

おそらく兄は、漢方の勉強をしていたのでしょう。その兄が、今回の彼女の人生では、婚約者として登場しています。

ちなみに、その婚約者も現在、新薬開発の研究を仕事としていて、大変やさしい人だそうです。
江戸時代の彼女は、やがて結婚をします。その相手は、なかなかハンサムで、彼女にもやさしく接してはくれるのですが、遊び人で、家にはほとんど帰らず、遊女に入れあげています。

彼女は、武士の娘でもあったので、結婚生活がどんなに辛くても、泣き言を誰にも言わず、もちろん夫にも文句一つ言わずに、心の支えであった兄にも言わずに耐えて過ごします。たまに帰ってくる夫のために、生まれたばかりの赤ちゃんが泣かないように気を遣うけなげな妻でもありました。

妻としての彼女は、夫に尽くし続けた生涯でした。この遊び人の夫が、今回の人生では、婚約者がありながら、めぐりあって、強く惹かれた彼だったのです。ちなみに、江戸時代の夫の様子は、この男性とそっくりだそうです。

今生でのこの出会いは偶然ではないでしょう。社会通念上、婚約者がいるのに他の男性と関係を持ってしまうことは許されることではありませんが、彼女は、この出会いから学びを受け取る必要があったと感じます。

それは、今生での彼女の結婚の意味は、耐え忍ぶことではない、ということでしょう。それは、相手と互いに心を通わせて、互いを思いやるという相互理解を体験する、ということではないでしょうか。

かつて兄であった現在の婚約者、過去生で夫であった男性とのそれぞれの出会いを彼女は体験することで、またその対比から、今生での彼女自身の結婚の意味を知るという大きな学びがあったと説明できます。そのためには、彼女のことを最も理解し、心配してくれた当時の兄が、今回の彼女の人生では、夫としてふさわしいということでしょう。

セッションを終えて、彼女は泣き顔と笑い顔の混ざった顔で、「その男性とどうして出会ったのかよくわかりました。今まで罪の意識でいっぱいでしたが、その苦しみには意味があったとうなずけます。実は、これまで何人かの占い師さんに診てもらったのですが、みんな『こんな男はやめなさい』と言われるだけで、自分でも、やめなくちゃいけないなと
はわかってはいましたが、どうしようありませんでした。でも、今日、スッキリしました」と言われました。

(解説)
私たちには、人として守らなければならないルールがあります。そのことは頭で十分に理解しているつもりでも、時として、この方のようにそのルールを破ってしまうこともあります。その背景には、過去生の物語が深く関わることもある、と言えそうです。

「ごめん、で済めば、警察は要らない」――― 確かにその通りなのですが、そう単純にはいかないのが、人間の世界です。そこには、理性では到底、判断できない、過去の人生からつながる、深くて、複雑な人間関係が潜んでいるのです。

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都港区で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。
            
20日(日)は、10時~17時まで。

21日(月)は、10時~17時まで。
24日(木)は、10時~17時まで。
25日(金)は、10時~17時まで。
26日(土)は、10時~17時まで。
27日(日)は、10時~17時まで。

28日(月)は、10時~17時まで。
31日(木)は、10時~17時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu