私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

亡くなった後もそれぞれ。

2018-04-23

亡くなった人は、成仏しなければならない、ということではありません。

亡くなった後、まだ、この世に留まっている方々もいます。

セッションには、ご相談者とともに、その方の近しい故人が、いらっしゃっていることもあります。

もうずいぶん前のことですが、セッション中に、5、6歳くらいの幼い女の子が、テーブルにもたれかかるように立っていて、しきりに私の顔をいたずらっぽく見てくるので、気になっていると、その子は、ご相談者の亡くなったお子さんでした。

セッションで、その子のおかあさんが、亡くなったお子さんのその後を尋ねられたのですが、まだ、その子は、おかあさんの周りにいて、一緒に行動していたのですね。

また、ある時、ある方にお電話をしたら、受話器にぴったりと耳をつけて、私たちの会話を聞いている、そのお宅のご主人の存在が感じられて、その様子に違和感があったので、ご主人の様子を尋ねると、亡くなったばかり、ということでした。

その故人は、まだ、住み慣れた家にいて、奥さんの様子を見ていたのですね。

セッションで、よく「成仏していますか?」と聞かれるのですが、それは、故人、それぞれ、です。

亡くなった後、成仏しなければならない、わけではないのです。

この世に留まるのは、未練があるから、です。

でも、未練が悪いわけではありません。

やがて、未練が晴れれば、その故人は、次のステップに進みます。

それが、成仏、なのでしょう。

また、故人のこの世への思いは、その故人への遺された方々の思いの強さと同じです。

遺された方の故人への思いが、だんだん弱まれば、故人の未練も同様に薄まります。

それが、きずな、なのでしょうね。

 

求める幸福にチャンレンジし続ける人生

2018-04-21

一生懸命に努力をして、思い描く夢や希望をかなえたいのに、なかなかそうならない、と言うのなら、きっとそこには何か足りないものがあるはずです。

それは、自分をどれだけ信じているか、ということです。

それは、その夢や希望がかなう私を受け入れる私自身になっているか、と問われているのです。

夢や希望がかなって、今よりも幸福になっている私を受け入れる私自身でなければ、どんなに努力を重ねて精進しても、その願望はかないません。

私たちは、案外、自身の幸福を遠慮してしまう性質(タチ)なのかもしれません。

でも、それは、せっかくの人生、もったいないですね。

遠慮せずに、求める幸福にチャンレンジし続ける人生でありたいですね。

また、そうして、幸福を手に入れようとする私を信じられれば、その夢や希望が、ほんとうに私の求めるものなのか、も、判断できます。

その判断は、この人生を、私として、自由に歩む土台となります。

私のセッションが、そのお手伝いになれば、幸いです。

 

私たちの使命

2018-04-20

私は、私の人生をめいっぱい歩みたい、だから、ここに、この時代に、生まれてきた ・・・・ 今、生きている私たちの深い思いでしょう。

私の人生をめいっぱい歩むことは、私たち全体の共通した使命でしょう。

過去生をお話していると、戦争の時代を生きた過去をお持ちの方もいらっしゃいます。

また、過去に、制限された自由の中で生きた方もおられます。

そういった過去を積み重ねて、私たちは、ここに、この時代に、生まれてきました。

私として生きる自由を求めて、ここにやってきたのです。

私たちは、もっと、もっと、もっと、自由に生きられるはずです。

私たちは、互いに自由を獲得しようとしている同志です。

だから、利己的な自由ではなく、他者とともに歩む、おおらかな自由が、私たちには似合っています。

他者との差異を認め合いつつ、自身の自由を手に入れようと一生懸命に、粘り強く歩めば、その手応えが無い人生など、決してあり得ません。

私の自由を制限しないでください。

自由に、私として、この人生を着実に歩んでいくことを、どうぞ許してください。

 

誰も代わりがいない仕事

2018-04-19

人は、寂しい気持ちが募ると、社会で何らかの問題を起こしがちです。

その淋しさは、元をたどれば、親子関係、特に、母子関係にたどり着きます。

おかあさんに、自分の存在をそのまま認められ、受け入れられ、愛された子どもは、大きくなっても、それほど寂しさを感じないので、問題を起こす可能性は低いのですが、そうしてもらえなかった子どもは、生涯、愛を求めてさまよいます。

その求め方が強くなればなるほど、社会の中で、人との関係に、何かしら問題や軋轢を生じさせてしまいます。

特に、男の子は、母親の存在が絶対です。

男の子を持ったら、母親は、心しなければなりません。

巷間、賑々しいセクハラの件も、多分に、その要素を含んでいるのでしょう。

親になる、ということは、一番難しく、一番大変な仕事に就いた、と心得ましょう。

親業は、誰にもその立場を代わってはもらえません。

 

仕事と人間関係、天職の創造。

2018-04-18

仕事にまつわるご相談を受ける時、その仕事の内容そのもの、よりも、そこでの人間関係に、何かしら問題が生じていることの方が、多いようです。

ゆえに、業務そのものだけではなく、人間関係も含めたものが、「仕事」となるのでしょう。

人間関係は、煩わしいものです。

それが、仕事にもしっかりとくっついてくるなんて、仕事は、苦だな、と、ため息が出そうです。

しかし、必要のないことが、身に起こることはあり得ません。

その煩わしさと向き合うことで、仕事を通して、苦の裏側の楽を知り得て、魂の成長が見込めるのでしょう。

人との難儀な関係を何とか改善しようと動くことで、得られる手応えは、まさしく人生の醍醐味です。

仕事をする上で、「天職」への関心は高まるでしょうが、天職は、単純に仕事の中身のみ、を指しているわけではありません。

仕事の中身、プラス、そこで培われる人間関係、が、天職を創造していきます。

その意味では、天職は、固定的で、巡り合うチャンスが少ないものではなく、この人生で、いかようにでも創れるもの、巡り合えるもの、と言えます。

 

1 / 5212345...102030...最後 »

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

4月度のお申込み

4月分のご予約を承ります。
  
27日(金)は、10時~16時まで。
28日(土)は、10時~16時まで。
29日(日)は、10時~16時まで。

30日(月)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu