私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

これからのリーダーたちへ

2019-05-02

昨日は、これからの新時代に求められるのは、バランス良く生きることで、優しさと厳しさを併せ持つことを、例に挙げました。

その優しさと厳しさを併せ持つことが、最も求められるのは、リーダーでしょう。

家庭なら、親です。

親は、その群れを率いていくリーダーです。

その群れの中で、子どもたちに生きていく術(すべ)を教えていくことが、親の使命です。

ほめ育ては、すばらしいのですが、ほめ一辺倒では、子どもは、たくましく育ちません。

セッションで、子育てのご相談を受ける時、そう実感させられます。

子どもは、親に、ほめてほしいし、叱ってもほしいのです。

そのため、わざと、子どもは、親に叱られるような行動を取ったりします。

その時、きちんと叱ってあげることで、子どもは、ああ、親は、自分のことをちゃんと見てくれている、親身になってくれる、と安心できるのです。

ほめ育て、大いに結構です。

同時に、叱ることができる親となりましょう。

また、職場も群れ社会です。

そこで、何らかのリーダーの位置にいる方の悩みも、なかなか深いようです。

その方々のあり方も、親と同様です。

ほめて部下を育てることは、できても、案外、その人々に、厳しいことを伝えるのは、躊躇してしまうのかもしれません。

しかし、優しさと厳しさは、二つで1セット、どちらも欠けては成り立ちません。

まずは、ご自身に、優しさOK! 、厳しくてもOK!、と、言ってあげましょう。

そう安心させてあげてください。

上手に、子どもに、部下に、厳しさを示せる人が、これからの頼もしいリーダー像、なのでしょう。

 

変化、自然な流れ。

2019-04-28

平成から令和への改元は、私が決めたことじゃない、決められてしまったこと、と思うのは、自然なことでしょう。

しかし、私たちは、みな、つながっています。

知らない人とも、間接的につながり合っています。

私の歯車は、近しい人々の歯車と噛み合い、その歯車は、また、誰かと噛み合っていて、さらに、それは、知らない誰かと噛み合っています。

すると、一方的な物事の流れではなく、双方向の流れが、そこに生じます。

改元も、表面的に見れば、私たちは、そこに乗るしかない、という一方的な時代の流れではありますが、もう一方の流れが、そこには潜んでいると言えそうです。

それは、私たちも、変わりたかったので、改元、という変化に協力した、というものです。

今月は、それを実感させる内容が、セッションでは話されました。

そして、私は、そう実感したのです。

私たちは、変わりたがっている、だから、環境を変化させようとしている、それが、改元につながった、という理解です。

ならば、私を変わらせてあげましょう。

変化には、不安は、つきものかもしれません。

その不安を、今、世の中に感じてはいますが、大丈夫、と、私に言ってあげましょう。

変わること、は、今、私たちにとって、自然な流れです。

 

お役に立てること

2019-04-27

このブログをお読みいただいている方、あるいは、私のセッションを受けていただいた方なら、すでにご存じとは思いますが、改めて、どのような方に、私のセッションはお役に立てるか、について記します。

それは、この人生を主体的に歩みたい、と思っている方です。

何か問題が起きても、その原因を自分の中に見い出そうとする方です。

誰か他者(生きている人も、そうではない人も)のせいにしたい方、には、お役に立てません。

人生、どうなるのか、ではなく、人生、どうしていきたいのか、を大事にしたい方です。

未来は断定的ではなく、今を、これからを生きる私たちには、常に、目の前に、複数の選択肢が用意されています。

その中から、何を、どれを選ぶか、について考えるためのヒントがほしい、と思っている方には、お役に立てるでしょうけれど、その中から、どれを選ぶかを指示してください、という方には、まったくお役に立てません。

一例を挙げます。

家が建つ土地が悪い、だから、家族が不幸になった、と、霊能者に言われた、などのお話をお聞きすることもありますが、そもそもパーフェクトな土地はあるのか?、という現実を踏まえた上で、その家族間で、どうしたら望む幸福が手に入るか、について、アドバイスをお渡ししています。

故人からのメッセージは、お伝えしています。

過去生もお話しています。

そんな不思議なことも話してはいますが、生きているここにしっかりと足をつけて、私を大切にして、持てる力を存分に発揮していきたい、と願う人々のお役に立ちたいと思います。

 

新時代の和合

2019-04-25

5月からは、「令和」時代となりますが、令和の和を、どこかほっとした心境で聞いたのは、私だけでしょうか。

このところ、セッションでも、和合することの意義について、語っているように感じます。

それを語る、ということは、今、私たちは、和合できていない、それによって、なんだかギクシャクしている、と言えそうです。

これまでの和合は、みんな同じ色に染まらなければならない、といった感じでしたが、これからの新時代の和合は、みんな、それぞれの色で、互いに協力し合う、補い合う、というイメージです。

単一民族の私たちにとって、その新しい和合の実現は、古い価値観のままでは、難しいのかもしれません。

しかし、みな、同じように見えても、実は、その中身は、それぞれ異なる、というのが、私たち、でしょう。

ならば、小さくても差異は差異なので、その違いを認め合って、和合していく、というのが、これからの私たちの生きる道、かもしれません。

その和合には、遠くから見ると、一色なのだけれど、近くに寄ってみると、微妙に色合いが異なる、という深みが備わるでしょう。

その小さな差異と、深み、が認められる社会なら、私たちは、自由に、堂々と、それぞれの人生を歩めるでしょう。

 

安倍川もちをいただきました。

2019-04-24

本日、午前にセッションにいらした方から、おみやげをいただきました。

静岡からお見えになったので、安倍川もち、をいただきました。

C・Hさん、誠にありがとうございます。

あとで、おやつの時間にいただきますね。

さて、セッションは、与えられた立場や役割に、しっかりと向き合うことの大切さを中心に、お話が進みました。

好きで、その立場に生まれたんじゃない、とか、好んで、今、その役割を担っているんじゃない、と、不満を持つこともあるかもしれませんが、それでも、それが、私、なのです。

そこから逃れては、私らしく、私の人生を歩むことはできません。

むしろ、その立場や役割を肯定し、感謝することで、人生には、幸福の重厚な花が咲き誇ります。

その中身について、子育ても含めて、いろいろと会話を重ねました。

それは、私自身にとっても、大変示唆に富むものでした。

 

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

8月度のお申込み

8月分のご予約を承ります。

27日(火)は、10時~16時まで。
28日(水)は、10時~16時まで。
30日(金)は、10時~16時まで。
31日(土)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu