私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

子どもは、親を選んで生まれてくる、への理解。

2018-02-11

我が家は、私以外の家族が、この2月、3月に、誕生日が集中します。

この時期は、子どもたちが、いくつになっても、出産当日の思い出話を、それぞれの誕生日にしています。

そこで、自分自身の胎内記憶や、生まれた頃の記憶と、子どもたちの出産前後の出来事、また、セッションでお聞きした、その頃のお話を合わせると、神秘的なことが浮かび上がります。

それは、胎児は、特に、生んでくれる母親に、強い関心を示しているということです。

母親の感情をくみ取ろうとしています。

また、意識が母親の体から外に出て、母親や家族をながめている、という様子も浮かびます。

私の場合は、たとえば、母親が、私のお産の時には、つわりがなかった、と、言っていたのですが、胎内記憶を呼びさますと、当時、母親が結婚生活に不安を覚えていて、さらに、出産への心構えが薄かったようで、そんな母親を気遣って、つわりを私が起こさなかった、と、気づきました。

さて、赤ちゃんは、生まれてからは、体は、まだ思うように動かないけれど、意識は、引き続き、しっかりと存在しています。

新生児は、何もわからない、わけでは、ぜんぜんありません。

家族のなにもかもを、わかろうと意欲的です。

我が家の下の子は、生まれた直後、上の子がインフルエンザにかかってしまい、しばらく隔離されて、日中は、授乳やおむつ替えなどで、私がその部屋を行き来して過ごしました。

その期間中、彼は、必要な時にしか泣かず、それもソフトな泣き方で、なんて、手のかからない、いい子なんだ!、と感激したのですが、上の子が治ったら、まるで、その時間を取り戻すかのように、思いっきり泣いて、私を呼び続けておりました!

新生児の彼は、その時、上の子のピンチを悟って、親に負担をかけないように、協力してくれたのでしょう。

そういったことから、子どもは、親を選んで生まれてくる、と、理解しています。

 

これから。

2018-02-07

ずっとセッションで、いろいろな人生のご相談に触れてきて、私は、一つの大きな仮説を持つに至っています。

それは、これまでも何度もブログに書いてきましたが、「私たちは、相反する両軸の間を行ったり来たりしている」というものです。

その両軸の間を、軽く行ったり来たりできれば、バランスが良い生き方ができて、これからが生きやすくなるでしょう。

これまでは、その”軽さ”を軽薄と嫌う向きがありましたが、これからは、その軽さが必要なのです。

これから、それまでとは違った新しい生き方をしていこうと決意するのは、大いに結構なことですが、それを支えるものが求められます。

それは、その対極にあるものです。

つまり、新しくないもの、古いもの、です。

真新しい価値観を生かすには、古い価値観も生かすことです。

昨日のブログに登場した、「家訓」、「校訓」、「社訓」といった、古い縛りがあれば、その対極の、未知の、自由の創造が成り立ちます。

二つの軸の存在を許すことです。

矛盾という混沌を捨て去らないことです。

混沌に悠然と身を置き、軽いフットワークで、これからの人生に、着実に、足跡を刻んでまいりましょう。

 

自由と訓

2018-02-06

この自由な世の中で、自分らしく生きていくためには、どのようなことが必要か、ということについて考えてみたいと思います。

自由は、自由が、そこにある、と認識することが大事で、どこまでも自由が果てしなく広がる大海原のようなところでは、その有り難さが、なかなかわかりません。

そこで、まずは、家庭の有り方が、問われそうです。

子どもたちが、大人になった時、自由を満喫しながら、自分らしく生きていけるように、育ててあげなければなりません。

そのためには、親は、その家の有り方を、子どもへ示すことが求められます。

それは、「家訓」です。

もう死語になってしまった感がありますが、家族という群れが、どこに向かうのか、を、リーダーである親が、子に、しっかりと示すこと、です。

その、目標、規範、に、子どもは、日々、接しながら、それらを土台として、やがて、自分が求める自由、そして、何が、自分らしいのか、を探求していくでしょう。

その意味で、良い親とは、家訓を子に明示する存在、となります。

さらに、第2の家庭である、学校、職場も、それぞれ、校訓、社訓、が、きちんと有るところが、良い学校、良い職場、でしょう。

 

その世界へいざなう扉

2018-01-25

今、目の前の扉を開けば、新しい世界が展開されるのに、その勇気が持てずに、その扉の前で、不安や恐怖におののいている人々が多いように感じます。

そのせいで、生きにくい社会と、感じてしまっているのかもしれません。

そのせいで、周囲の人々を気にしすぎて、自分よりも幸せそうな人、うまくいっている人に嫌悪を感じてしまうのかもしれません。

それでも、その扉は、もう、目の前に迫っています。

それを開くか、否かは、私自身にかかっています。

少し手を伸ばせば、簡単に、そのドアノブに触れられるのに、さわりたいのに、開けたいのに、ああ、怖い、どうしよう、でも、ドアノブを見ないことにもできないし、気になるし ・・・・・。

新しい世界へ踏み出したい、は、真に、自分らしく生きたい、という心の叫びでしょう。

「自分らしく生きる」 --- 言葉にすれば簡単ですが、その実践は、こんなにも私を不安にさせて、葛藤も生まれて、息苦しくもありで、そんなこと、ほんとにできるのか?と、疑いや混迷も寄ってくる ・・・・。

でも、その世界へ誘う扉は、もはや目の前、です。

大丈夫。

私たちは、そう生きていくことを望んで、ここに生まれ、その時を味わうようにセッティングして、舞い降りました。

そんな私たちに、今、問われるのは、私を信じることができますか?、です。

セッションでは、その問いへの具体的なメッセージをお渡ししています。

 

動くこと

2018-01-22

セッションで、転職のご質問をいただくことがあります。

その時は、まだ、その方は、転職しようと固い決意をしているわけではなく、転職もありかな、と考えている最中、です。

転職をしてよいのか、どうか、を決めるのは、私自身です。

そこで、セッションでは、その決意をするか否かの判断をどうつけるか、に、関連するお話をしています。

そのポイントは、動くこと、です。

頭より体を使うことです。

転職したいと思う気持ちの裏側には、思うようにならないことへの葛藤や失望が潜んでいます。

その葛藤や失望を軽くする、あるいは、解消する、には、どう自分が動けばよいのか、を考えてみます。

そして、それをできることから実行していきます。

すると、手応え、という実感が得られます。

その手応えの濃さが、転職という決断の下地となります。

転職に限らず、人生は、決断の連続です。

その決断の波を納得しながら越えていくには、頭より体、です。

動くこと、が、一番です。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

4月度のお申込み

4月分のご予約を承ります。

22日(月)は、10時~16時まで。
23日(火)は、10時~16時まで。
24日(水)は、10時~16時まで。
26日(金)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu