私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

今日が一番(ブログ)>不思議な世界

うまくいかなかったとしても。

2018-04-27

人生、うまくいきますように --- そう願うことは、よくあることでしょう。

しかし、もし、うまくいかないことがあったとしても、そんなに落胆することはありません。

願ったのに、うまくいかなかったとしても、自身を責めることなど、まったく必要ないのです。

私たちが、望む「うまくいくこと」は、表面的で、浅く、狭いもの、なのかもしれません。

その時、もし、うまくいかなかったとしても、それが、あとで、予想もつかなかった、もっと大きなうまくいくことを、連れてきてくれる可能性の方が大きいのかもしれません。

その時、うまくいかなかったことは、私にとっての必然です。

それこそが、その時の”うまくいった”こと、なのです。

これからも生きていく私たちに不要なこと --- それは、「うまくいきますように」と、願うこと、と言えるかもしれません。

 

不思議な体験、鮮烈な記憶。

2018-04-26

セッションにいらっしゃる方の中には、とても常識ではとらえることができない、不思議な体験を語る方がいらっしゃいます。

セッションでは、その出来事の意味をお伝えしています。

その方は、その出来事を、恐らく生涯、忘れないでしょう。

先日も、その出来事について、私は、「科学で証明されないっていうのも、すごいことなんですよね」と、話していました。

科学で証明されないから、その出来事は、その方だけに起きて、その方の中に、鮮烈な記憶となって残るのでしょう。

そして、その方は、その出来事の意味を頼もしく受け取り、その意味を信じて、力強く生きていくのでしょう。

この時代であっても、我が身に、科学では証明されない出来事が起きてもいい、ですね。

 

亡くなった後もそれぞれ。

2018-04-23

亡くなった人は、成仏しなければならない、ということではありません。

亡くなった後、まだ、この世に留まっている方々もいます。

セッションには、ご相談者とともに、その方の近しい故人が、いらっしゃっていることもあります。

もうずいぶん前のことですが、セッション中に、5、6歳くらいの幼い女の子が、テーブルにもたれかかるように立っていて、しきりに私の顔をいたずらっぽく見てくるので、気になっていると、その子は、ご相談者の亡くなったお子さんでした。

セッションで、その子のおかあさんが、亡くなったお子さんのその後を尋ねられたのですが、まだ、その子は、おかあさんの周りにいて、一緒に行動していたのですね。

また、ある時、ある方にお電話をしたら、受話器にぴったりと耳をつけて、私たちの会話を聞いている、そのお宅のご主人の存在が感じられて、その様子に違和感があったので、ご主人の様子を尋ねると、亡くなったばかり、ということでした。

その故人は、まだ、住み慣れた家にいて、奥さんの様子を見ていたのですね。

セッションで、よく「成仏していますか?」と聞かれるのですが、それは、故人、それぞれ、です。

亡くなった後、成仏しなければならない、わけではないのです。

この世に留まるのは、未練があるから、です。

でも、未練が悪いわけではありません。

やがて、未練が晴れれば、その故人は、次のステップに進みます。

それが、成仏、なのでしょう。

また、故人のこの世への思いは、その故人への遺された方々の思いの強さと同じです。

遺された方の故人への思いが、だんだん弱まれば、故人の未練も同様に薄まります。

それが、きずな、なのでしょうね。

 

親子の大切なこと

2018-04-22

ただ、親子が一緒にいれば、それでいい、というわけではありません。

親子で一緒に過ごしていても、親が子どもに関心を示さなければ、一緒にいる意味はありません。

子どもは、いつも親に関心を持ってもらいたいのです。

ですので、子どもにとって母親は、専業主婦であった方がいいのか、働く主婦であってもいいのか、という二者択一の選択は、まったく重要ではありません。

おかあさんが、生きやすい方を選べば良いのです。

大切なのは、一緒にいる時間に、子どもに関心を示してあげることです。

子どもの目を見て、子どもと会話をすることです。

子どもは、親自身の選択を受け入れてくれます。

だって、子どもは、あなたという親を選んで生まれてきたのですから。

 

第三の目が開く音

2018-04-17

現在、私が、セッションを受けにいらした方の過去生を語ったり、その方の本音や、知りたい人のその方への思いなどをお話しできるのは、「第三の目」が開いたから、と納得しています。

もう17年くらい前のことですが、ある日の夕方、信じられないような出来事が次々と起こりまして、その中で、第三の目が開く音を確かに聞きました。

私の第三の目は、額の真ん中、ほんの少し下あたりに大きくあって、開く時、パカッと音がしました。(もちろん私にしか聞こえない音でしょうけど)

それから、そういった能力が開花したのでしょう。

そうして今の仕事に就いたのですが、その出来事を疑っていては、そんな仕事はできませんでした。

やはり大事なことは、自分を信じること、です。

自分を信じることは、第三の目を開かせることにつながります。

自分を信じることは、直感力を磨くことで、私らしく生きていく下地です。

泥水の中から顔を出すように開花する蓮は、その時、かすかに音がする、と言い伝えがありますが、私は、第三の目が開く時のイメージを、その時の蓮の花に重ねて感じています。

 

1 / 2012345...1020...最後 »

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

5月度のお申込み

5月分のご予約を承ります。
  
7日(月)は、10時~16時まで。
8日(火)は、10時~16時まで。
9日(水)は、10時~16時まで。
11日(金)は、10時~16時まで。
12日(土)は、10時~16時まで。
13日(日)は、10時~16時まで。

14日(月)は、10時~16時まで。
15日(火)は、10時~16時まで。
16日(水)は、10時~16時まで。
18日(金)は、10時~16時まで。
19日(土)は、10時~16時まで。
20日(日)は、10時~16時まで。

21日(月)は、10時~16時まで。
22日(火)は、10時~16時まで。
23日(水)は、10時~16時まで。
25日(金)は、10時~16時まで。
26日(土)は、10時~16時まで。
27日(日)は、10時~16時まで。

28日(月)は、10時~16時まで。
29日(火)は、10時~16時まで。
30日(水)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu