私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

今日が一番(ブログ)>不思議な世界

魂長者の新天地

2019-03-15

私の未来は、決まっていません。

私の人生は、決まっていません。

そんな場所を選んで、私たちは、生まれてきました。

だから、見えにくい明日を憂うことも、不安視することも、いらないのです。

生きる自由を制限する、外枠の強固な場所に、生まれることもできたのかもしれないのに、こんなにアバウトな世界に、私たちは、生まれました。

おそらく、これまで、過去から、いろんな環境で、たくさんの人生を重ねてきた結果、選んだ場所が、ここ、なのでしょう。

その結果、自由で、おおざっぱなこの国を、新天地として、選んだのでしょう。

そのような場所で、自分を発揮したい、これまでの経験を試したい、そして、もっと成長したいと、私たちは、望んでいるのでしょう。

ならば、この場所を、環境を、喜ぶことです。

そして、自信を持つことです。

今の自分を信じれば、これまでの過去の私、すべてを信頼し、生かすことになります。

それほど、心強いものはありません。

この魂長者の私に、憂慮も、悲観も、人生を先回りしたがる焦燥も、そんなものたちは、一切、不要です。

 

尊い生き方

2019-03-14

昨日は、自分に課せられるすべての役割から逃げないことで、才能の開花が見込まれ、人生の幸福を享受できる、と書きました。

しかし、現実は、それには、困難がつきまとうかもしれません。

たとえば、親になれば、子どもと接することで、自身と親との関係に無関心ではいられなくなる、ということもあります。

すると、それが、残酷に私を傷つけ、うまく子どもを愛せない、ということもあり得るでしょう。

それは、ほんとうにつらく、大変なことですが、我が身に降りかかることは、すべて魂の成長のため、です。

ですので、私が、それらに押しつぶされて消えてしまう、ということはありません。

どんなにつらくても、その経験を乗り越えられないことはないのです。

そして、そこには、とても大きな人生のチャンスが潜んでいます。

それを手にした時、私の成長は著しく、それは、私の親も、先祖も、また、子どもも、子孫にまでも、強く、美しい光を捧げられます。

それは、すばらしい先祖供養ですし、子孫への頼もしい贈り物、です。

親子関係以外の役割にも、そのチャンスは、たんまりと盛り込まれています。

課せられた役割に一生懸命に取り組み続けること。

それほど尊い生き方は、他にはないでしょう。

 

被害の裏側

2019-03-10

できれば、被害に遭いたくない、と思うのは、自然なことでしょう。

では、なぜ、被害に遭う、ということが起きるのでしょうか?

それは、そのように私が望んだから、と言ったら、叱られてしまうでしょうか?

何事にも、裏、表、があるとするならば、その一面もあるかも、と感じれば、人生の景色に、変化が訪れるかもしれません。

実際に、セッションでは、その方面のご説明をよくしています。

すると、「そうなんじゃないかな、と思っていました」などと言われて、抵抗少なく受け入れていただくことが多いです。

たとえば、自分を信じていないと、誰かに騙される、騙してもらう、という結果が、身に降りかかることもあるでしょう。

そうして、自分を信じる、という課題を、私に突き付けてくれるのですね。

手痛い被害は、それだけ大きな課題、大きな人生の学び、を、私に示してくれている、ということです。

お金の被害も、耳にすることがあります。

それは、人生のレッスン料、ですね。

 

大変身の種が、そこに潜んでいる。 生きながら、生まれ変われる、大チャンスが、そこにはある。

2019-02-28

先回のブログには、身に起きることには、意味がある、その最たるものは、病気、と書きました。

そして、病は、敵視する相手ではなく、大事な人生の意味を携えた、有り難い使者、と記しました。

本日は、そこをもう少し掘り下げましょう。

病が、携えてくる大事な人生の意味は、一言で表せば、私に足りないところの指摘です。

そこを満たせば、これまでうまくいかなかったことが良い方向へ進む、と期待できます。

抱える重いストレスから解放されます。

心も体も軽くなって、これまでの私から、これまで知らなかった、末広がりの私へ、変身できる、ということです。

病の重さが大きいほど、その期待値は大きいのです。

大変身の種が、そこに潜んでいます。

生きながら、生まれ変われる、大チャンスが、そこにはあります。

 

大事な人生の意味を携えた、有り難い使者。

2019-02-26

身に起きることには、意味がある。

そうブログに書いてきました。

ほんとうに、そうなのです。

我が身に起きてほしくないことにも、意味はあります。

しっかりとした意味が、そこに存在しています。

病気は、その最たるもの、でしょう。

病気は、よく「克服する」とか、「打ち勝つ」とか言いますが、病気を敵視しては、せっかくの意味を探れません。

その意味を求めずに、たとえ、その時、その病に打ち勝っても、また、その意味を知らせに、病は、我が身に訪れます。

病は、敵視する相手ではないのですね。

私にとって、大事な人生の意味を携えた、有り難い使者、です。

 

1 / 3412345...102030...最後 »

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

3月度のお申込み

3月分のご予約を承ります。

26日(火)は、10時~16時まで。
27日(水)は、10時~16時まで。
29日(金)は、10時~16時まで。
30日(土)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu