私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

親子の大切なこと

2018-04-22

ただ、親子が一緒にいれば、それでいい、というわけではありません。

親子で一緒に過ごしていても、親が子どもに関心を示さなければ、一緒にいる意味はありません。

子どもは、いつも親に関心を持ってもらいたいのです。

ですので、子どもにとって母親は、専業主婦であった方がいいのか、働く主婦であってもいいのか、という二者択一の選択は、まったく重要ではありません。

おかあさんが、生きやすい方を選べば良いのです。

大切なのは、一緒にいる時間に、子どもに関心を示してあげることです。

子どもの目を見て、子どもと会話をすることです。

子どもは、親自身の選択を受け入れてくれます。

だって、子どもは、あなたという親を選んで生まれてきたのですから。

 

誰も代わりがいない仕事

2018-04-19

人は、寂しい気持ちが募ると、社会で何らかの問題を起こしがちです。

その淋しさは、元をたどれば、親子関係、特に、母子関係にたどり着きます。

おかあさんに、自分の存在をそのまま認められ、受け入れられ、愛された子どもは、大きくなっても、それほど寂しさを感じないので、問題を起こす可能性は低いのですが、そうしてもらえなかった子どもは、生涯、愛を求めてさまよいます。

その求め方が強くなればなるほど、社会の中で、人との関係に、何かしら問題や軋轢を生じさせてしまいます。

特に、男の子は、母親の存在が絶対です。

男の子を持ったら、母親は、心しなければなりません。

巷間、賑々しいセクハラの件も、多分に、その要素を含んでいるのでしょう。

親になる、ということは、一番難しく、一番大変な仕事に就いた、と心得ましょう。

親業は、誰にもその立場を代わってはもらえません。

 

少しだけ親になってみる。

2018-04-16

ここ3日ばかり、親子の関わりについて書きましたが、親子の関係は、それ以外の人間関係のおおもと、でしょう。

その関係から、すべての関係が始まる、と言えます。

他者との関わりの中で、いろいろと問題や軋轢が生じるのは、親ではなく、子どもの立場になりたがる人々が多いせいではないか、と感じます。

他人は、私の親ではないけれど、知らず知らずのうちに、私を受け入れてほしい、自分のことを丸ごと愛してほしい、わかってほしい、という大きな期待を、相手にかけてしまうことが、人間関係の難しさを生み出す原因なのではないでしょうか。

その強い期待は、それを投げかけられる相手の心も揺さぶり、その人も同じように、その期待を相手に投げかけてしまいます。

そこには、無い物ねだりの虚しさだけが漂います。

そこで、少しだけ親になってみる、ことが、人間関係の改善に役立つと気づきます。

他者から笑顔を向けてもらうのを待つよりも、自分から先に笑顔を相手に向ける、挨拶の言葉を先に相手に発してみる、などを通して、「あなたを受け入れますよ」とメッセージを送れば、互いに鏡の役割を持つ他者も、同じような反応を示してくれるでしょう。

そこに、互いを理解し合う土台が築かれます。

子どもを完全に受け入れるパーフェクトな親は、どこにも存在しません。

でも、だからこそ、少しだけ親になってみる、ことが、”迷える子どもたち”の私たちを救い、ひいては、人類の発展に寄与することになるのでしょう。

 

子も親も幸福に育つ

2018-04-15

子どもに惜しみなく愛を与えて、子どもの幸福を実現させてあげる親は、その子どもの犠牲にはなりません。

子どもへのその働きかけは、確かに子への献身ではありますが、滅私奉公ではありません。

相手は、私を映し出す鏡です。

子どもと接することは、私自身と接すること、です。

子どもの幸福を祈って、子どもに惜しみなく愛を手渡すことは、自身へも同じことをしている、と言えます。

育てたように子は育つ、なら、親の私も、同じように育っているのです。

よって、子どもが幸福になったあかつきに、私も同じように幸福になっているはずです。

子育ては、確かに、大変です。

しかし、親の私も、より幸福になれるチャンスが、そこには山盛りです。

 

祈りを確実に。

2018-04-14

子どもの幸せを祈ることは、親として当然でしょう。

しかし、その幸福は、祈っても実現するかどうかは、わかりません。

そこで、親の純粋な子どもへの祈りを、確実にする方法を述べてみます。

幸福感は、愛に恵まれないよりも、恵まれた方が、断然得やすいです。

子どもの幸福も、愛と直結しています。

子どもが愛に恵まれて幸福になれますように、と祈るなら、その愛を親が子どもに、惜しみなく与え続けてあげることです。

それが、子どもが成長して巣立ったあとも、ずっと愛に恵まれる人生を歩む下地となります。

愛に恵まれれば、他者へ愛を惜しみなく手渡すことが可能なので、愛に恵まれた人は、人との関りの中で、ずっと幸福でいられます。

まさしく「育てたように子は育つ」(相田みつを)ですね。

大事に育てた子は、社会でも大事にされ、愛がいっぱいの子は、社会に出ても、周囲に愛があふれる人生です。

 

1 / 1812345...10...最後 »

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

5月度のお申込み

5月分のご予約を承ります。
  
7日(月)は、10時~16時まで。
8日(火)は、10時~16時まで。
9日(水)は、10時~16時まで。
11日(金)は、10時~16時まで。
12日(土)は、10時~16時まで。
13日(日)は、10時~16時まで。

14日(月)は、10時~16時まで。
15日(火)は、10時~16時まで。
16日(水)は、10時~16時まで。
18日(金)は、10時~16時まで。
19日(土)は、10時~16時まで。
20日(日)は、10時~16時まで。

21日(月)は、10時~16時まで。
22日(火)は、10時~16時まで。
23日(水)は、10時~16時まで。
25日(金)は、10時~16時まで。
26日(土)は、10時~16時まで。
27日(日)は、10時~16時まで。

28日(月)は、10時~16時まで。
29日(火)は、10時~16時まで。
30日(水)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu