私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

尊い生き方

2019-03-14

昨日は、自分に課せられるすべての役割から逃げないことで、才能の開花が見込まれ、人生の幸福を享受できる、と書きました。

しかし、現実は、それには、困難がつきまとうかもしれません。

たとえば、親になれば、子どもと接することで、自身と親との関係に無関心ではいられなくなる、ということもあります。

すると、それが、残酷に私を傷つけ、うまく子どもを愛せない、ということもあり得るでしょう。

それは、ほんとうにつらく、大変なことですが、我が身に降りかかることは、すべて魂の成長のため、です。

ですので、私が、それらに押しつぶされて消えてしまう、ということはありません。

どんなにつらくても、その経験を乗り越えられないことはないのです。

そして、そこには、とても大きな人生のチャンスが潜んでいます。

それを手にした時、私の成長は著しく、それは、私の親も、先祖も、また、子どもも、子孫にまでも、強く、美しい光を捧げられます。

それは、すばらしい先祖供養ですし、子孫への頼もしい贈り物、です。

親子関係以外の役割にも、そのチャンスは、たんまりと盛り込まれています。

課せられた役割に一生懸命に取り組み続けること。

それほど尊い生き方は、他にはないでしょう。

 

幸福の使者

2019-03-13

ここ2回に渡って、親のあり方について書きましたが、それらを一言で表すと、「親の役割から逃げないこと」となります。

親になれば、親としての任務を果たすこと、です。

それは、親に限らず、自身に課せられているすべての役割に通じます。

それらにしっかりと向き合うことが、幸福への第一歩です。

それらから逃れようとすると、それらに追いかけられます。

すると、そこで抱く、追われる恐怖や焦燥、緊張、絶望は、無残にも、私から幸福を引き剥がします。

逃亡者に、心温まる幸せは訪れません。

逃げずに、それらに向き合う過程で、私の才能は、芽生えます。

それらの任務を果たそうと努力することで、私の才能たちは、開花します。

与えられた役割は、幸福の使者です。

そこを信じて、その中にどっぷりと浸かって、幸福の芽を自ら育てる醍醐味は、私を裏切りません。

 

子の盤石な土台となって、意義のある社会貢献を果たす。

2019-03-12

昨日は、子どもに愛を注いで、子の幸福の土台を造りましょう、それが、親の安泰につながります、と記しました。

本日は、そこに関連することとして、親自身が、子どもの盤石な土台となってあげる、ということも加えましょう。

それは、子どもに、親である私の生き様を、惜しみなく見せてあげること、です。

そこに、客観的な視点は、必要ありません。

世間で高評価なものを、わざわざ親が子に、一番に教えることは要りません。

そのかわりに、親は、一人の人間として、自身の人生を一生懸命に歩む姿を、子に見せてあげることです。

そこを基に、子は、自身の生き方を探ります。

親のそのたくましい土台があれば、子は、そこにしっかりと立って、自身の人生に真正面から取り組めるでしょう。

子どもにとって、必要なのは、世間的に良い親ではありません。

子どもは、わかりやすい人生のお手本となってくれる親が欲しいのです。

親子の関係に、遠慮は不要です。

親としての私が人生に向き合う上で得た人生訓も、子どもとっては宝物です。

それも子に聞かせてあげましょう。

そうして子の盤石な土台となってあげられる親は、我が子も含めて、次世代の人々、ひいては、人類の進化への貢献を果たせます。

それは、意義のある、すばらしい社会貢献でしょう。

 

子の幸福、親の安泰。

2019-03-11

我が子に、幸福になってほしい、と、親は願います。

それがかなえば、親は、自身の子育ては、うまくいった、と、安堵するでしょう。

そして、自分自身の人生も安泰、と感じるでしょう。

その意味では、子の幸福は、親の人生もかかった、大事なポイントです。

それでは、どうすれば、子の幸福は、実現されるのでしょうか。

親は、自身の人生の安泰もかかった、子の教育に、一生懸命になりますが、親は、子が幸福になれる土台を造ることが求められます。

子の幸福には、ただそれだけ、と言っても過言ではありません。

しかし、それを満たすことは、なかなか難しいのかもしれません。

さて、その”それだけ”とは、愛情を注ぐ、ということです。

それが、子の幸福の盤石な土台、となります。

ほんとうに、子育ては、それだけ、です。

親に愛されている実感があれば、子は、自ら幸福になれる体質となり、そのチャンスを求め、獲得し、生かしていきます。

優しい子も、思いやりのある子も、粘り強い子も、根気のある子も、落ち着きのある子も、しっかりしている子も、勉強に励む子も、やる気のある子も、前向きな子も、快活な子も、すべて、土台は、愛、です。

親は、あらゆる方法で、愛を子に渡すこと、です。

親は、そのために、声を発し、スキンシップをする肉体がある、と言えるでしょう。

 

許すこと

2019-03-07

「許す」という言葉は、他人に向けて使うもの、そして、他人から、そうされるもの、と感じるでしょう。

しかし、これからは、自分自身に向けての言葉、とも受け取ってほしいです。

自分を許すことが増えれば、できることが増えます。

これまで、なかなか人生がうまく進まなかったと思う人は、ご自身が、うまくいくことを許していなかった結果です。

私を許すことが増えれば、その分、人生の道は広がり、能力発揮の可能性が、高まります。

警察に捕まること以外なら、許せることは、多いでしょう。

私を許すことは、これまでの古い慣習や、親からの刷り込みなどから、解放されること、です。

それは、本来の私を取りもどすこと、です。

ほんとうの私になる、ことです。

 

1 / 2612345...1020...最後 »

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

3月度のお申込み

3月分のご予約を承ります。

26日(火)は、10時~16時まで。
27日(水)は、10時~16時まで。
29日(金)は、10時~16時まで。
30日(土)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu