私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

お悩み相談(カウンセリングセッション)

泰然として存在感を示し、自分の居場所を創る。

2019-09-07

周囲の人々から軽視されない、いいように扱われない、一目置かれるには、どうすればよいか、という問いには、さまざまな回答があるでしょう。

最近のセッションで、お渡ししたお答えは、自身の存在感を示す、というものでした。

それは、言い換えれば、その環境の中で、自分の居場所をしっかりと創る、ということです。

周囲の人々に、私をそのようにひどく扱わないでください、と、頼んでまわることはできません。

また、私を大切にしてくれるように周囲が変化するまで、ひたすら待つ、というのも、現実的ではないでしょう。

ならば、そのように接してもらえるように、自分自身がなる、変わる、というのが、一番確実です。

そこで、その方法について語るのですが、それは、自然な成り行きで、そうなった方が、周囲の人々との軋轢を生みません。

他者との軋轢を生まずに、周囲の人々に大切にされるには、やるべきことを着実にやる、ということが大前提でしょう。

それは、私自身としっかり向き合う、ということでもあります。

その浮ついていない、泰然とした姿は、私の重厚な存在感を、他者に示すことにつながります。

また、そのような態度は、私自身を大切にする、ということでもあるので、それは、映し鏡となって、他者のプライドを潰さず、人々との良好な関係を築く下地となるでしょう。

 

善行

2019-09-03

私は、私として生まれてきました。

なので、ここで経験することは、すべて私のため、です。

人生経験は、私のためにあるのです。

他者のために力を尽くことも、結局は、私のため、です。

善行は、私のため、なのです。

そう感じられれば、人のために働くことは、自己を犠牲にすることではない、とわかります。

自分を押し殺すことではない、となります。

自分のための善行は、私を、偽善者にしません。

自分のための善行は、私を、正真正銘の善良者にします。

 

今、一番言いたいこと。

2019-09-01

私を信頼するとは、私の何に信頼を寄せるのでしょうか。

それは、私の感覚、感性、です。

この人生を主体的に歩むことを支えるのは、いかに自身を信頼し続けるか、ということです。

ですので、私の感覚、感性に関心を持ち、それらを一番に置きましょう。

それには、心の動きに注目すること、です。

さまざまな出来事に遭遇した時、他者と会話を交わした時、私の気持ちに注目することです。

それが、人生の決め手となります。

私自身の感覚、感性、そして、行動、が、人生の決め手、です。

腕の良いお医者さんに当たったから、病気が治るのではないのです。

その出会いは、あくまでも、治癒のきっかけ、です。

そのお医者さんを信じるか、否か、は、私が決めることです。

そして、その判断は、私にしかできません。

そこに、自由があります。

その自由の懐の深さに、しびれますね!

その大いなる自由を満喫しなくて、いったい、何のための人生でしょう。

私自身の感覚、感性を信じるようになると、もはや、他者への悪口も批判も、恨みつらみも、すっかり影を潜めます。

かわって、私を刺激してくれる他者へは、静かに感謝の念を抱きます。

私として生まれてきて、その私を信じない人生の方が、無理があります。

不自然です。

私の感覚、感性を信じて、行動していく人生は、自然なので、努力は報われ、望みはかなう方向です。

 

私のセッションは、以上のことを下敷きにしています。

大切な人生を、ご自身の感覚、感性を信じて、主体的に歩もうと望まれている方々のお役に立てると思います。

 

潮流

2019-08-23

暴力は、いけないことです。

それでは、なぜいけないのでしょう。

私の子どもたちが小学生の頃、学校の教育方針に、「自分で考えて行動する子」というような文言が入っていました。

つまり、自発的な人間を育成することが、教育の目標というわけですね。

おそらく、私が子どもの頃は、そのような言葉は無かったように感じます。

そこに、時代の変化をしみじみと感じました。

教育の世界で、自発的な子どもの育成を掲げるので、暴力は問題視されるのでしょう。

暴力は、人々の自発的な活動を止めてしまいます。

今、暴力をなくすように社会が変化してきているのは、私たちが、自発的な行動を取ることを容認しつつある、ということでしょう。

戦争と暴力は、一対です。

その時に、個々人の自発性など、邪魔だからです。

そんなものは無くして、絶対服従あるのみ、の緊迫した状況時に、暴力は、息を吹き返します。

今、暴力反対の世の中で、私たちは、何を期待されているのか?

それは、自分で考えて行動する自発性です。

自分らしく生きていくことです。

よかったですね。ほんとうに。

今、思う存分、自身を発揮して生きていくことが、潮流です。

 

自分と向き合うことを1番に置く

2019-08-21

この人生、自信があれば、どんなに幸福か、と思うでしょうか。

それなら、自分と向き合うこと、です。

自分と向き合って初めて、自信も幸福も手に入ります。

もはや自分と向き合う生き方は、自分勝手な、自己中心的な生き方ではありません。

それを追い求めてここに降り立った私たちは、やっと、その実行の時を迎えたのです。

ですので、自分と向き合うことを、堂々と1番に置いてください。

すると、あらゆる人生経験は、私を成長させるためにある、と気づきます。

そして、出逢う、さまざまな人々は、私の魂の成長のための協力者とわかります。

その中では、別離を味わうこともあるでしょう。

それは、悲しいことかもしれません。

どうして、その別離が訪れたのか、と、悔やむかもしれません。

しかし、すべての出来事には意味があり、不要なことはありません。

別離は、その関係からの卒業であり、私に新たな自由を与えてくれる恩恵でもあります。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

12月度のお申込み

12月分のご予約は終了しました。

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu