私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

お悩み相談(カウンセリングセッション)

悟らない人生

2020-11-30

最近のことですが、想定していた私の寿命が10年、延びた、とわかりました。

(私は、誕生日とか、年齢とか、数字に関することは、その数字が、頭の中に浮かび上がります)

どうもこの人生は、長寿のようです。

長寿は、めでたいことですが、最後の瞬間までしっかりと生き切れたら、の話ですね。

そこで、めでたい長生きを目指したい私達の課題は何か、ということですが、一言で表すと、「悟らない」ことと感じます。

悟るのは、あちらの世界へ行った時で十分で、生きている今、悟ろうとしない、人生、こんなもの、と、簡単に結論を出さないこと、ではないでしょうか。

悟ってしまうと、その後の人生は、退屈、です。

悟ってしまうと、他者の思考や意見に耳を傾けなくなりがちで、その独善は、人生への刺激を遠ざけます。

退屈は、健康的な長寿の敵、です。

健康的な長寿には、好奇心が欠かせません。

悟らない人生には、好奇心が乗りやすく、その追求のために時間を贅沢に使えます。

すると、”手応え”という宝物を、いくつも得られます。

手応えは、私の自信を支えます。

自信のある人生は、生き切る、という幸福を与えてくれるでしょう。

生きている限り、未熟者でよいではありませんか。

青二才のままで、この人生を全うしたいですね。

 

*現在、セッションは休止しております。

 

新たにわかったこと

2020-11-24

これまでにも、なぜ、自死がいけないか、について、このブログに書いてきました。

それは、死後、周囲の人々が嘆き、悲しむのを知っても、もはや肉体が無いので、声もかけられず、手を肩に添えることもできない苦悩を味わうから、というものでした。

本日、それ以外の理由がわかりましたので、記します。

それは、その人生の最後(最期)が、自死、という、自身を自らが死に追いやった、ということが、のちに、生まれ変わった時、その新たな人生で、生きていこうとする私を信じられない苦悩が生じるからです。

人生は、生き続けることで、成り立ちます。

その「生き続けること」は、私自身が支えます。

しかし、かつて自死した私は、その「生き続けること」に疑いを持ってしまいます。

ほんとうに、私は、生き続けられるのか、私が、私を支え続けられるのか、と。

これは、大変な苦悩です。

私を全面的に信じることを難しくします。

私の命を、この私に預けて生きていくことに、不安がつきまといます。

私は、自死した過去生を持っています。

今、この人生につきまとった不安に向き合い、苦しみながらも、その時の私とともに、この先を生きていこうとしています。

 

*現在、セッションは休止しております。

 

光り輝く場所が、天国。

2020-11-22

先回は、地獄とは、どんなところなのか、について記しました。

光が無い、漆黒の闇の世界が、地獄なら、天国は、その正反対なところ、となりますね。

光り輝く場所が、天国なのでしょう。

その光とは、私自身の光、です。

私自身の光が満ちている世界が、天国、でしょう。

すると、生きている今、いかに、自分を光らせてあげられるか、が、天国行きの決め手となりそうです。

この人生、自分を光らせることに集中すること、が、大切なのかもしれませんね。

私を光らせる ・・・・・ そう聞いて、まず何を思い浮かべるでしょうか。

その浮かぶこととていねいに向き合って、それを実現していくことで、私は、光っていきそうです。

そして、その光は、私の周囲を明るく照らし、他者へも、その光を届けてあげられます。

もう、よそ見をしている場合ではありませんね。

私を美しく輝かせてあげましょう。

 

*現在、セッションは休止しております。

 

「地獄」という世界

2020-11-20

唐突ですが、「地獄」とはどんなところでしょうか?

幼い頃、悪いことをしたら、死後、地獄に落ちるよ、と、親をはじめ大人たちに言われたものです。

また、地獄絵図を見て、そんな恐ろしいところには絶対落ちたくない、と心を決めたりしました。

高校時代は、仏教系の学校だったため、仏様と結縁する修行も体験し、そこで、飢餓道に落ちた人々のために、食事の前に、食べ物の一部をお供えすることも教わりました。

そこから、地獄に落ちると、ずっとおなかが空いているのだな、つらいなあ、と思いました。

最近、私は、地獄について、感じることがありました。

それは、死後、誰か偉い人(閻魔様のような)に、地獄行きを命じられるのではなく、自らがその世界を作り出してしまうのだな、ということです。

その世界は、まったく光の無い、漆黒の闇、です。

その闇の中で、身動きが取れない状態に置かれることを、地獄、と表します。

しかし、未来永劫、そこから出られないわけではないようです。

そこは、密室、ではないのです。

その気になれば、立ち上がって、そこから脱することは可能なのですが、そこに入ってしまうと、終始「怖いよー」と、うずくまって、泣いてばかりで、その時間は、1年なのか、10年なのか、はたまた100年なのか、1000年なのか ・・・・・。

地獄から脱するためには、「光」を見つけ出すこと、です。

自分自身の光を、です。

そこは、頼れる誰かの光は、まったくありませんから、自分が光そのものだ、光ることができるのだ、と、気づくこと、なのでしょう。

ひるがえって、今、生きている私たちは、どれだけ自分が光れるか、を、試しているのでしょうね。

光る私、を実感するための、この人生、我が人生、なのかな、と感じます。

 

*現在、セッションは休止しております。

 

多くの不幸を背負った人は、多くの幸福に恵まれる。

2020-11-19

人生、順風満帆がいい。

きっと、誰もがそう願うでしょう。

しかし、人生は、山あり、谷あり、です。

順風満帆だけの人生は有り得ませんね。

他者と比較して、苦悩や挫折が多いと、自分は、ついていない、不幸者、と感じてしまうかもしれません。

これまでは、不幸な人生を背負った人は、不幸なままだったので、幸せそうな誰かにすがりつきたくなるのは、致し方なかったかもしれません。

でも、これからは、多くの不幸を背負った人は、多くの幸福に恵まれる素質がある、と申しましょう。

「越えられないハードルは無い」のですから、他者と比較して、多くの不幸を背負った私は、それごときで倒れたりはしないのです。

それらの不幸は、この人生を引き受けた時から織り込み済み、でしょう。

自ら、不幸を幸福に転じていくことに、人生の醍醐味があるのです。

そう感じると、今、まさに直面している苦境も、想定済み、あるいは、私自身が私の中に引き入れた、とも言えそうです。

なんだ、そうだったのか!!、と、苦境や不運、不幸を前に感じられれば、人生、怖いもの無し、です!

要は、問題の解決は、自分の内側で行うこと、です。

そこから逃げては、何も前には進みません。

他者に相談しても、最後は、私自身が考え、行動していく、その過程で、見つける気づきや学びこそ、私の宝、です。

この人生を歩きやすくするのか、しないのか、は、私自身に課せられているのです。

 

*現在、セッションは休止しております。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

12月度のお申込み

12月分のご予約は終了しました。

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu