私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

お悩み相談(カウンセリングセッション)

人間力を磨く

2019-12-07

セッションで、いろいろとお話をしていると、今、何が欠乏しているのか、が、わかってきます。

すると、そこを補完すれば、人生は前進していく、となります。

今、欠乏してきていると感じるものは、人間らしさ、でしょうか。

人間らしさが、失われつつあるのが、今の私たちの社会でしょう。

たとえば、仕事において、スキルを磨くことは、求められるでしょう。

しかし、他者とともに生きていくのが私たちの宿命なので、単純に、職能だけをスキルと割り切ってしまうと、諸々、他者との軋轢や不協和音などが生じてしまいます。

職能は、もちろん磨くべきことですが、スキルの中には、人間力も含まれるでしょう。

それは、相手の立場になること、真意を汲み取ろうとすること、など、割り切れないもの、です。

その割り切れないものは、イメージする力、イマジネーションが支えるでしょう。

それを磨くことが、人間らしさを高めることでしょう。

人間力を磨くことでしょう。

仕事も、家事も、育児も、その他のあらゆる活動にも、イマジネーションは、欠かせません。

そのためには、なるべく多く経験を積むこと、人と交流すること、です。

そして、心を動かすこと、です。

私自身は、まだ20代の子どもたちに、仕事については、焦るな、雑用を喜んで引き受けろ、と言っています。

 

おせんべいをいただきました。

2019-12-06

さきほど、セッションにいらした方から、おせんべいをいただきました。

その方の地元のお店のものだそうです。

小さめのしょうゆせんべい、ですね。

熱い日本茶とともに、いただきます。

S・Mさん、誠にありがとうございました。

さて、セッションは、その方の過去生から、今生へバトンタッチされた使命や課題を、まずお話しました。

そして、その方の周辺の人々との交流から、あぶり出される、その方の現在の人生のヒントも語りました。

どのような出逢いも、ほんとうに無駄ではありません。

そこに、必ず、重厚な意味が潜んでいます。

それらを語ることで、私も、感動し、また、なんと人生は、すばらしいんだ!、と感嘆しています。

 

もったいないこと

2019-12-05

もったいないことがあるとしたら、それは、誰かに私の人生を決められてしまうこと、でしょう。

「この先、私の人生、どうなるんだろう?」と感じることは、よくあることです。

しかし、その答えは、誰にも決められません。

人生は、流動的です。

その問いへの答えを誰かに求めて、与えられた内容に感応して、その通りに人生を歩むことは、実にもったいない、です。

それでは、私の人生を歩むことにはなりません。

それは、誰かに指示された人生を歩かされること、です。

歩かされた、私以外の人生には、思いがけない感動も、喜びも、表れにくいでしょう。

人様の意見やアドバイスは、私の人生の参考資料です。

それを取捨選択する自由を、私たちは有しています。

大人の私たちには、そこまで生き延びたご褒美が用意されています。

それは、私の人生を自らがデザインすること、です。

その褒美があるのに、私以外の誰かの、無責任に近い指図に、無抵抗に従うことは、実にもったいない、です。

 

私たちの独創に覚醒する。

2019-12-02

これから、私として、私の人生を歩んでいく。

それが、私たちです。

すると、誰か他の人の生き方を参考にすることはあっても、盲目的に真似をする必要は、まったくありません。

戦争に負けて、自信喪失してから、74年。

やっと、私たちの自信を取り戻す時がやってきました。

もう欧米と比較して、妄信的に、欧米の優れている所を、私たちに覆いかぶせることはないのです。

やっと、その呪縛から離れる時が訪れました。

私として、私の人生を歩むことは、個の確立、を指すでしょう。

個の確立が集まって、国民となるのなら、そこには、独自性、創造性、が備わります。

その独創があってこその国際社会の立派な一員、です。

この秋のラグビー、ワールドカップ大会も、来年のオリンピックも、私たちが、私たちの独創性に覚醒する契機でしょう。

そして、私たち大人が、その姿勢を示すことが、この国の繁栄、発展につながります。

 

私の人生に必要のないもの

2019-11-27

私たちのこれからの人生に必要のないことは、「うまくいく道を探すこと」でしょう。

なぜか、と言えば、それを探すことは、自分の人生の道を自分の手足で創っていくことと、かけ離れてしまうからです。

自分に集中しないで、世間や他者の視線での「うまくいくこと」に、自分をあてはめてしまうから、です。

私の人生、です。

そのど真ん中に立たないのに、自分の人生が、うまくいっている、という実感は、有り得ないでしょう。

何がうまくいくことなのか、は、そんなに簡単に、手軽に、わかるはずはありません。

その時々で、うまくいっている、と感じることも、変化していくでしょう。

私にとって、「真のうまくいくこと」とは、そんなにちっぽけでも、小さくまとまるものでもなく、もっと壮大です。

うまくいく道を探そうと思い、それに力を入れてしまった時、まるで、私の魂が私の外に出てしまっているかのような、腑抜けの状態になり、結局、それを見つけられないまま、時は過ぎていくでしょう。

うまくいく道を歩みたい、と望むことは、人情です。

その願いを受け入れた上で、今日、今に集中して、前向きに、一生懸命に歩むことです。

また、周囲の人々との交流を通して、刺激を受けて、私らしい人生のヒントを得ることです。

それらの蓄積の先に、私らしい「うまくいくこと」が待っています。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

12月度のお申込み

12月分のご予約は終了しました。

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu