私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

お悩み相談(カウンセリングセッション)

迷子にならないバランス感覚

2017-04-27

ずっと、自分と向き合うことが大事、と書き続けておりますが、その次に言えることは、向き合い過ぎてはならない、ということです。

自分を見つめ過ぎてしまうと、自身を見失ってしまい、人生道で迷子になってしまいます。

ほどよく自身と向き合う、見つめる、ということが大事です。

しかし、なかなかその塩梅が難しいですね。

そこで、挙げたいのは、私たちは、一人きりで生きてはいない、多くの他者とともに生きている、という視点です。

自分としっかり向き合って、一生懸命に日々を過ごしたら、そこに表れる願望や希望の成就まで、なんとかしようと頑張るのではなく、天にまかせる、といった気楽さを持つことです。

多くの他者とともに生きる私たちの世界は、それぞれの歯車が合わさって、嚙み合って、いっさいの事象が起きています。

そこのところまで、自分の思い通りに管理しようとしても無理があります。

日々、自分と向き合って、自身を信じて生きて、あとは、「果報は寝て待て」だな、という気楽さも持ち合わせる、バランス感覚も、私たちには必要でしょう。

それは、生き急がず、粘り強く生きる、という姿勢に宿ると思います。

 

世の中、三角形好きの大人は多い。

2017-04-20

「不倫」は、問題です。

社会的に広く認知された有名人が不倫をすると、その人は、世間からきびしく糾弾されます。

世間から非難される、と頭ではわかってはいるけれど、それでも不倫をしてしまう方々は、不倫をしたい方々、です。

不倫という三角形を好む方々です。

その方々は、自分と配偶者と、そして、もう一人とで、三角形を作ることで、心の安定を図ろうとします。

ですので、たとえば、配偶者と離婚して、不倫相手と再婚しても、そのままでは、好きな三角形は描けませんので、新たな第3点と成り得る不倫相手とみつけてきます。

また、安定度の高い三角形を描くために、第2点目の配偶者の存在感が大きいことも求められます。

それは、第1点目の本人に、よく尽くしてくれる、すばらしい配偶者であってもいいですし、反対に、借金、不貞、DV等、最悪の配偶者であっても、どちらでもよいのです。

どちらも、インパクト大で、存在感、ハンパないですから。

そうして、不倫は成立していきます。

不倫は、好きな三角形を作りたい、という心の欲求がかなったものです。

たとえ世間に強く非難されても、三角形を作りたい、という願望がかなった結果が不倫、なのです。

このように、不倫 = 三角形好き、と、説明できますが、実は、この問題のご相談は、私の15年余りのセッションの中で、決して少なくはありませんでした。

世の中、三角形好きの大人は多い、ということでしょう。

それでは、なぜ、三角形が好き、なのか、が次に問われますね。

それにつきましては、その方の深層心理、過去生、成育歴などに焦点を当てる必要があり、それらについても、私は、数々の気づきを得ることができました。

 

「ありがとう」と心の自由

2017-04-16

今、私は、しみじみと実感していることがあります。

それは、「ありがとう」の言葉についてです。

生きていれば、うれしいことばかりではありません。

いやなこと、つらいことを経験してしまいます。

それらは、時間が経ったあとも、私を苦しめ続けます。

それがストレスとなって、体に不調をもたらすことも有り得ます。

しかし、その苦しみにもがき続けたあと、ふと、それに対して「ありがとう」と言えたら、その苦しみにさよならできる、そして、次の人生のステージへ上ることができます。

味わった苦悩は、おそらく自分の思い通りにならなかったことから発したもの、と言えそうですが、さりげなく口にした「ありがとう」は、その苦悩を黄金の価値に変え、その時、思い通りのならなかったからこその、成長した私に、変身させてくれます。

そして、「ありがとう」は、その苦悩への執着を解き放ってくれて、大いなる心の自由を与えてくれます。

愛してほしかった人に愛されなかった苦悩は、やがて、その人に対して、心の中で、「愛してくれなくて、ありがとう」と無理なく言える時が来るでしょう。

さらに、その先は、ただ、その人に、「ありがとう」と、温かい愛を込めて、つぶやけるでしょう。

人生は、「ありがとう」を、いくつ言えたか、なのかな、と感じています。

 

すばらしい人生と天の恵み

2017-03-26

自分のことを「かけがえのない私」と思えたり、日々の生活の時々で、「私らしいな」と、クスッと笑える心のゆとりが持てたら、人生を謳歌している、と言えるでしょう。

また、他者から一目置かれたり、大事にされていると感じられれば、社会貢献に意欲的になれるでしょう。

そういった、すばらしい人生を歩むには、さて、どうすればよいのでしょうか。

私は、その時々の自分の立場を大事にして、そこにしっかりと向き合うこと、と感じます。

生き続けていれば、責任を負う立場の優先順位は変わりますが、そこに注目して、その時々で、最優先すべき立場から逃げないことでしょう。

逃げると、追いかけられます。

逃げると、立ち止まって正面から向き合う時まで、延々と追いかけられます。

その時、向き合うはずの最優先の立場を脇へ押しやらずに、その時、一生懸命に、それと向き合うことです。

そうすれば、その先で、他者からあらぬ疑いをかけられる、冷や水を浴びせられる、濡れ衣を着せられる、等、の災難を回避できます。

大丈夫です。

その時、いったん、自分のやりたいことをしまって、最優先の立場の遂行に勤しんでも、そのやりたいことが花開く時間は、その先に用意されます。

それが、天の恵み、でしょう。

それを両手いっぱいに受け取る時間は、必ずありますし、それを受け取る私でいたいですね。

 

うまくいかなくてよかった時

2017-03-11

人生が、うまくいってほしい、と願ったのに、うまくいかなかったのは、その時は、うまくいかなくてよかった時、なのです。

その時、うまくいくよりも、いかない方が、多くの気づきや学びを手に入れられます。

それらをその時、得た方がよいので、その時、思い通りにはならなかった、のです。

そこで、その時に得られる気づきや学びの中身ですが、それは、個々人、それぞれです。

しかし、汎用性のあるものとして、まず、自身と他者、双方への思いやり、を挙げましょう。

肝心なのは、「自身」と「他者」の両方に関心を持つことです。

自分への思いやりが無いのも、うまくいかないし、他者への思いやりが欠けるのも、同様です。

そして、さらに、その時、何が思いやりなのか、を探ることが求められるでしょう。

十分に大人の方々は、自身と他者というダブルの視点を持ち、そのバランスに留意されることをお勧めします。

安心、思いやり ・・・ 昨今の社会において希薄になっているもの、ですね。

それらを取り戻すことが、人生がうまくいくか、いかないかのカギとなりそうです。

 

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

12月度のお申込み

12月分のご予約は終了しました。

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu