私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

少しだけ親になってみる。

2018-04-16

ここ3日ばかり、親子の関わりについて書きましたが、親子の関係は、それ以外の人間関係のおおもと、でしょう。

その関係から、すべての関係が始まる、と言えます。

他者との関わりの中で、いろいろと問題や軋轢が生じるのは、親ではなく、子どもの立場になりたがる人々が多いせいではないか、と感じます。

他人は、私の親ではないけれど、知らず知らずのうちに、私を受け入れてほしい、自分のことを丸ごと愛してほしい、わかってほしい、という大きな期待を、相手にかけてしまうことが、人間関係の難しさを生み出す原因なのではないでしょうか。

その強い期待は、それを投げかけられる相手の心も揺さぶり、その人も同じように、その期待を相手に投げかけてしまいます。

そこには、無い物ねだりの虚しさだけが漂います。

そこで、少しだけ親になってみる、ことが、人間関係の改善に役立つと気づきます。

他者から笑顔を向けてもらうのを待つよりも、自分から先に笑顔を相手に向ける、挨拶の言葉を先に相手に発してみる、などを通して、「あなたを受け入れますよ」とメッセージを送れば、互いに鏡の役割を持つ他者も、同じような反応を示してくれるでしょう。

そこに、互いを理解し合う土台が築かれます。

子どもを完全に受け入れるパーフェクトな親は、どこにも存在しません。

でも、だからこそ、少しだけ親になってみる、ことが、”迷える子どもたち”の私たちを救い、ひいては、人類の発展に寄与することになるのでしょう。

 

「らしさ」の確立と、「らしさ」の崩壊。

2018-03-31

恋愛のご相談で、お話を聞いていると、相手には、「らしさ」を求めているのだな、と気づきます。

男性は、女性に、女性らしさを、女性は、男性に、男性らしさを、求めているのですね。

そこには、子孫を残す、という本能も手伝っているように感じます。

しかし、建前的には、相手に、「らしさ」を求めすぎるのは、もはや時代遅れであり、それは、問題です。

昨今は、男女平等の気運が、再び高まっている感もあります。

そんな中でも、やはり、と言うか、だからこそ、なのか、相手に「らしさ」を求めてしまう、本音の顕在化が見られます。

今、社会全体の軸が、「らしさ」を軽視する方向へ傾いている、ということなのでしょう。

私たちは、「らしさ」の確立と、「らしさ」の崩壊の間を、行ったり来たりしながら、その時々で、バランスを取ることが、求められているようです。

私たちに、「らしさ」を強制してはなりませんが、その一方で、相手に「らしさ」を求めてしまう性(さが)が消えないのなら、生活の場面、場面で、求められている役割ごとに、「らしさ」の比重を変化させる柔軟性が必要でしょう。

その実践の積み重ねの先に、「らしさ」からの真の解放が待っていると感じます。

 

脱・疎外感

2018-03-15

私たちは、群れを作って生きる動物でもあるので、弱いのは、「疎外感」でしょう。

疎外感を持たずにいられる環境は、過ごしやすいはずです。

疎外感が無いところでは、生きやすいでしょう。

なので、家庭は、脱・疎外感、を実践する場、と、とらえることです。

どうしたら、私も家族も、疎外感を持たずに、前向きに生きられるか、を、大人は、親は、考えて、それを実行する必要がありそうです。

健康も、生きる意欲も、脱・疎外感、から、でしょう。

 

結婚のかなめ

2018-02-15

これまで、「不倫」にまつわるご相談を、たくさん受けてきました。

そこから、いかに、結婚生活の維持が難しいか、が、浮き彫りになります。

そこから、いかに、人と縁を結ぶことは、危ういか、が、わかります。

しかし、そこに、「人と関わること」の貴重な学びが潜んでいます。

目の前の配偶者との関わりが、その他の多くの人々との関わり方を決める、と言っても過言ではないでしょう。

「縁を結ぶこと」の苦しさは、転じれば、人間関係の楽しさを生み出します。

その要が、結婚にある、のでしょう。

 

愛が欠けた社会での女性の力

2018-01-30

先回は、「私たちは、みな、愛が欠けています」と書きました。

愛を求め続けてしまうのが、私たちで、その渇望が激しいほど、心は余裕を無くし、愛を授けてくれる相手を探し回ります。

すると、その姿と同じような他者たちと縁を結びがちで、ますます切迫した心持ちになってしまいます。

その意味で、外は危険がいっぱいです。

家庭の中で、その危険な外に出ていくための英気を養う必要があります。

ですので、家庭の中が家庭の外と同じ環境ではいけないのです。

案外、家の中が外と同じになっている、という家庭が多いように感じます。

弱いのは、子ども、そして、男性、です。

女性は、強いものです。

時代が移り変わっても、家庭の実権者は、女性です。

女性が、愛に満ちた家庭を創っていくリーダーとなれば、家族の心身の健康が守られ、それは、社会全体の潤いへの貢献となり、女性自身の幸福を生み出します。

欠けた愛を満たしていく働きかけをまずは、女性が担えば、余裕のある社会が生まれ、そこに、自分らしく生きていく、主体的な生き方が実践されます。

 

1 / 1112345...10...最後 »

♦セッションお申込みについて♦

セッション形式で過去15年間3000人以上の方のお悩みをお窺いしています。
現在は東京都23区内で人生の意味や結婚、離婚、家族関係、人間関係、病気の意味、など人生そのもののご質問から、過去生(前世)など、幅広くご相談をお受けしています。
当サイトからオンラインでご予約頂けます。

5月度のお申込み

5月分のご予約を承ります。
  
7日(月)は、10時~16時まで。
8日(火)は、10時~16時まで。
9日(水)は、10時~16時まで。
11日(金)は、10時~16時まで。
12日(土)は、10時~16時まで。
13日(日)は、10時~16時まで。

14日(月)は、10時~16時まで。
15日(火)は、10時~16時まで。
16日(水)は、10時~16時まで。
18日(金)は、10時~16時まで。
19日(土)は、10時~16時まで。
20日(日)は、10時~16時まで。

21日(月)は、10時~16時まで。
22日(火)は、10時~16時まで。
23日(水)は、10時~16時まで。
25日(金)は、10時~16時まで。
26日(土)は、10時~16時まで。
27日(日)は、10時~16時まで。

28日(月)は、10時~16時まで。
29日(火)は、10時~16時まで。
30日(水)は、10時~16時まで。

上記の日程から、ご都合の良い日の1時間をご指定ください。
(最終のセッション時間は、15時~16時となります)

 

潮田圭子 セッションのお申し込み

 

最近のブログ

カテゴリー

アーカイブ

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu