私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


仕事を楽しくするために

カテゴリ:仕事

私の仕事の中には、ご相談者の過去生(前世)を見て、それをお話する、というものもあります。

ご相談者によっては、そのリクエストをされていないのに、その方を前にすると、自然に、ある時代のその方の姿が見えてしまうということもあります。

そもそもこの仕事をはじめたきっかけは、人の過去生が見えるようになったこと、でした。
しかし、最初の頃は、お話した過去生は、ほんとうにそうなのだろうか。。。と思ってしまう時もありました。

今は、それを乗り越えたのか、何にもとらわれることなく、お話しています。

また、もう何百回も、(千回に近いかもしれません)、そのリクエストにお応えしてきたので、自信がついてきたのかもしれません。
すると、仕事が楽しいです。
楽しいから、その能力は高まっていると感じます。

過去生へのリクエストをいただくと、私も興味がわいて、ワクワクしてきます。

仕事が楽しくなる源は、「自信をもつ」ということだと思います。
その自信は、仕事に一生懸命、集中して取り組み、結果にはこだわらない姿勢で身についていくのではないでしょうか。

結果は、それまでのプロセスで決まるもの、です。
結果は、おのずと現れてくる、と、執着を無くすと、自分をめいっぱい信じられるようになると思います。
それは、楽しいことを次々と引き寄せることにつながります。

愛への依存

カテゴリ:人生論

「愛」は、形のないものです。

その無形の愛を体感するために、私たちは、形のあるものを手に入れて、その重さを実感しようとします。

その有形なものとしては、お金、食べ物、さまざまな買い物品、お酒、たばこ、男女間の肉体的な接触等々、、、です。

そういった有形のものへの傾倒が強くなると、「依存症」と呼ばれたりします。

私たちは、誰でもそういった依存は、多かれ少なかれ、持っているでしょう。
それほど愛をさがしている、求めている、と言えそうです。

私たちは、愛を学ぶために、ここに生まれてきました。
愛のさまざまな側面を体験するために、生まれてきたのですね。

愛への依存についてご相談を受けるたびに、つくづく人間とは、愛を求めてさまよう生き物なんだな、と感じます。

制約の中の自由

カテゴリ:日記

朝7時前に娘はドイツでの吹奏楽コンクールに出るために、家を出発しました。

ドイツ、オーストリア、フランスとまわります。

夫が娘を成田まで送っていきました。(子煩悩な夫がいると助かります!)

これからの8日間、私は、早朝の弁当作り、部活で夜遅くなる娘の夕食準備から解放されます。うれしいです!

この8日間、自由を満喫しようと思います。

規制や制約があるから、自由のありがたさがわかるのですね。

見えないものが見えたら?

カテゴリ:不思議な世界

以前、保育士の友人が、年少クラス(2,3歳)を受け持っていて、子どもたちをつれて散歩に出ると、「先生、あそこのベンチにすわっているおじいさん、だあれ?」と尋ねられたそうです。

それを数人の子どもたちが口々に言うらしいのですが、本人も同僚の保育士さんも、まったくそのおじいさんが見えなくて、気味が悪くなって、早々に引き上げたと言っていました。

こういうことは、子どもの世界では、よく起きることかもしれません。

うちの子どもたちも同じようなことがありました。
特に息子は、小学校の低学年の頃まで、人が見えない存在を学校でよく感じていたようで、帰宅してから、「教室のそばの階段のところに二人人がすわっていて、近づいたら、自分の頭をなでてくれたんだ」などど聞かせてくれました。

でも、大きくなるにつれて、そういったことからは離れていきます。
息子ももうそんなことは感じないのか、まったく口にはしなくなっています。

子どもの頃、見えたものが大人になると見えなくなる。。。。。
それは、もうそんなものを見る必要がなくなるから、大人になると、もっと現実的なことに目を向けなくてはならなくなるから、でしょうか。

そして、幼い頃は、自分を疑うことを知りません。
でも、大人は自分を疑ってばかり、、、、
それが見えないものは、見えない、たとえ、見えてしまっても、錯覚だ!、幻だ!と、決め付けてしまうように思います。

見えないものが見えたら、何かいいことがあるのか? それはわかりません。
でも、もし、人が見えないものが見えても、その自分を信じてあげることができたら、いいことが起こるかもしれませんね。

ちなみに、私は、見えないもの、結構、見てます。

第2回お話会

カテゴリ:インフォメーション

本日は、今年2回目の「お話会」でした。

お話会とは、日々のチャネリングの仕事を通しての学びを私自身が語るというものです。

4月の第1回目には、「個人」に焦点を当てて、人生がより成功するためには、さまざままな経験を積むことが大切である、とお話しました。

それで今回は、「人間関係」に焦点を当てて、特に最近ご相談が多かった夫婦間のトラブルについて事例を挙げてお話し、そこからの学びも合わせて話しました。

大阪から来ていただいた方もいて、お休みにもかかわらず、参加してくださったみなさん、まことにありがとうございました。

今日のお話会の内容は、メルマガに掲載する予定です。

後半の時間は、参加していただいた方々が、それぞれの現況や、今日の話についての感想などをお話され、互いの気持ちをシェアした(分かち合った)、気づきの多い時間となりました。

次回は、9月12日(金)19時からを予定しております。

ご都合がよろしければ、ぜひお越しください。

便利な言葉

カテゴリ:自分育て

思考は現実化する」と、精神世界では言います。

私たちが思ったり、考えたりすることは、宇宙が受け取って、その通りにしてくれると。
だから、ポジティブ・シンキングが大切だとも。

ここまでは、よく説明されますけど、私たちは、毎日、前向きな思考ばかりを持つわけではありません。

将来を不安に思うことだって、日常茶飯事。
それを「そう思ってはならない」と自分に言い聞かせても、自然にそう思ってしまうことは止められません。

その悪戦苦闘に疲れ、「自分は情けない人間だ」と落胆してしまう人もいるでしょう。

そんな、不安がいっぱいになった時、ポジティブに考えられない時に、便利な言葉があります。

最後に「大丈夫!」と、やさしく自分に言ってあげてください。

その声は、心身をリラックスさせます。
それは、ほんとうに大丈夫な状況を自分にプレゼントすることにつながります。

謙虚

カテゴリ:自分育て

謙虚」という言葉は、日本人の美徳として、身につけておきたい態度と認識されます。

謙虚は、自分よりも他人を大切にする姿勢を指す感じもあるので、他人から「謙虚な人」と評価を受けるには、自分を殺す方向に自分を置きがちです。

すると、自己の存在が軽くなっていくので、生きることが苦しくなります。
その苦しさを、「自分は謙虚ではない」、「自分は自己本位な、わがままな人間だ」と決めつけて、ますます自分に厳しく接していくと、息をすることさえ苦痛になってしまうのです。

そこで、謙虚を実行するには、自分がしっかりないとできないことだと思ってほしいですね。
自分の中にたっぷりとエネルギーがたまってないと、他人を思いやる余裕は持てません。

自己を犠牲にしては、他者の役には立てないのです。

「謙虚」とは、自分を大切に思える人こそ実行できるのです。

自分を殺さず、自分がイキイキと生きていけるように自分を励ましてあげて、その上で、人の話もしっかりと耳を傾ける、そんな人こそ、謙虚な人と呼べるでしょう。

愛に欠ける、飢える私たち

カテゴリ:自分育て

人は、なぜ、悩むのか?

答えは、私たちは、愛に飢えるから、です。

愛が自分に満ち足りていたら、人を好きになることもないし、やりがいのある仕事を求めることもないでしょう。

愛に飢えているから、その愛を満たしたくて、さまざまな行動を取るのです。

愛が足りないから、人との接触を絶つことができないのでしょう。

満ちていない愛をなんとか満たそうとすることに、悩みが生じてくるのです。

だから、この人生に苦悩はつきものです。

私たちが、あふれる愛に満ち満ちてしまったら、もう誰かを好きになる必要もないし、生きがいを求めることもなくなります。

それは、もはや私たちが人間として生きていく、ことから、完全に卒業する時なのでしょう。

愛に欠ける、愛に飢える、愛が足りない私たちは、なんと、にくめない、おもしろい存在なのでしょう!

そんなユニークな自分を、うんと愛してあげましょう。

リフレッシュ!

カテゴリ:日記

今日は、ママ友とランチに行きました。

最近の楽しみは、「食べること」、そして、おしゃべりすること。

若い頃は、「着る」楽しみもありましたが、今は、体型が、、、、。

今日は、家の近所のビュッフェスタイルのお店に行きました。

デザートまでしっかりといただき、食べ過ぎて胃が痛くなったので、お店をかえて、コーヒーを飲んで、またしゃべって、、、。

とてもよい気分転換となりました。

明日からの仕事にまた、励みます。

やはり、「話す」ことは、気分をスッキリさせますね!

夏休み

カテゴリ:日記

今日は、子どもの学校の1学期が終わりの日です。
明日から夏休みです。

これまでの夏休みは、子どもの宿題の「自由研究」に頭を悩ませていました。
しかし、下の子も今年から中学生、もう宿題を手伝うこともないでしょう。

ちなみに、昨年の小6の息子の自由研究は、自宅がある、品川、大森地域は、昔は「浅草のり」の産地だったので、その歴史を踏まえて、のりの色素や組織の研究をして、まとめました。

それは、のりの協同組合さんが行った自由研究用の勉強会に親子で参加して、そこでの実験結果を、まとめたものでした。

今、思い出しても、我ながら「よくやったなあ」と思います。
その研究は、2学期に区の学習発表展に出していただきました。

もう今年は、そういったことから解放されます。
やったあ!!

仕事に励みます。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu