私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


三昧

カテゴリ:日記

今日から、娘は高校、部活動の遠征で、四国、愛媛県に行っています。

松山で地元の高校の吹奏楽部とジョイント・コンサートに出ます。

この夏休みも彼女は、部活三昧です。
休みは、たった2日しかありません。

私も娘に合わせて、特に夏休みということもなく、普段通り過ごしています。

「三昧」は、すばらしいことです。
何かにとことん打ち込む、ということだからです。

そうして初めて、「自分と何か?」の問いに、納得できる答えを導くことができるからです。

大人の私たちも自分なりの「三昧」を見つけたいものですね。

調理実習

カテゴリ:日記

夕食は、息子の夏休みの家庭科の宿題を片付けるため、調理を息子と一緒にしました。

ソーセージ入りの野菜炒めとだいこん、わかめ、麩の味噌汁、刺身の盛り合わせ(まぐろ、イカ、あじ)、雑穀ごはん、梨、のメニューにしました。

息子に、にんじんやピーマン、だいこんを刻ませましたが、手つきが危なっかしくて、ついつい私は手が出てしまいます。

そして、火をつけて、炒めるのですが、狭いキッチンで、暑い、熱い!!

ようやく出来上がり、あとはデジカメでパチリ。

夕食後の今は、そのレポートを息子が横で書いています。
写真を貼れば、出来上がりです。

ああ、やっとひとつクリア、しました!

先祖供養

カテゴリ:死の世界

もうすぐお盆ですね。
お盆は、先祖供養ですね。

生きている私たちが先祖を供養するわけですが、「一番よい先祖供養は何か?」と問われれば、「今を一生懸命に生きていくこと」と答えます。

先祖が存在してくれたから、今を生きる自分がいる、わけです。

ですので、自分で考えて、行動を積み重ねて、一生懸命に生きていくこと、が、先祖に感謝をすることになりますし、その一生懸命のエネルギーは、先祖にしっかりと届きます。

お墓参りでは、ご先祖様に感謝の意を表して、「これからも一生懸命に生きていきます」と宣言することです。
その決意が先祖供養です。


勝負脳

カテゴリ:自分育て

今日は、北京オリンピック、男子競泳平泳ぎ、100Mで、北島選手が金メダルを取りましたね!!
すごいですね。

その金メダルを支えたもののひとつに「勝負脳」があるとテレビで放送していました。

「勝負脳」とは、「負ける」とか、「もし、、、、」などのネガティブな言葉をいっさい口にしないことで、勝負強い脳を作ることだそうです。

言葉って、すごい力があるんですよね。
これも「言霊」でしょうね。

自分は、もちろんさまざまな人々に育ててもらうことも無視できませんが、一番大切なのは「自分は自分が育てていく」ことだと実感します。

そこに、言霊が宿る力強い言葉を多用する方法は効果が高いと確認できて、とてもうれしくなりました。

英国ドールハウス展

カテゴリ:趣味

午後、大崎ゲートシティホールで開催されている「英国ドールハウス展」を見に行きました。

ドールハウスは、17世紀にヨーロッパの貴族の子女たちの教育玩具として用いられたのが始まりだそうです。

12分の1の小さな世界に、その時代の息吹を感じます。

精巧に作られた家具や調度品をながめていると、まるで自分がそのお部屋の住人になった幸せな気分になれます。

ロングスカートをはいた女性の人形がまるで自分のように感じます。

過去生(前世)が18世紀頃のヨーロッパにある方の場合、ほんとうにこのお人形のようないでたちで現れます。

小さな世界って、夢がいっぱいですね。

スーツケース

カテゴリ:日記

明日から娘は、河口湖で演奏会、合宿、山形遠征と出かけます。
8日間、家を空けます。

持ち物として、演奏会用の衣装もあるため、先日、7泊~10泊用のスーツケースを買いました。

7月のヨーロッパ遠征の時は、重量に制限があったため、スーツケースではなく大きめのスポーツバッグで行きました。

先日、このスーツケースを私は買って、暑い中、家まで持って帰りました。

ああ、私もどこか行きたい。。。。。。

昨秋は、奈良、薬師寺に知り合いのお坊さんがいて、訪ねました。
たった1泊2日でしたが、一人旅を満喫しました。

今秋もフラッと出かけようかなあ。。。。。。。

単純、素直

カテゴリ:恋愛、結婚

恋愛のご相談を受けて思うことは、「恋愛上手」になるには、「単純」で「素直」が一番だということです。

それは、自分の気持ちに「単純」に「素直」になれれば結構うまくいく、ということなのですが、なかなか現実は難しいようです。

私たちは、残念ながら、黙ったまま、自分の意思を相手に伝えることは不可能です。

ご相談の中で、私に、どれだけ相手のことを想っているかを熱く語る方がいらっしゃいますが、その熱い想いを相手に伝えたら、必ず状況は変化します。

その伝え方は、暗く、思い詰めた感じではなく、明るい感じの方が、相手も聞きやすいので、成就する確率が上がります。

そのためには、その時、感じたことをさらっと素直に相手に語ることが大事です。

それが難しいからこそ、恋愛する意味があるのでしょうね。
そして、恋愛下手だからこそ、上手になる喜びが、そこにあるのでしょう。

墓参り

カテゴリ:日記

午前中、合宿等で留守にしている娘を除いて、家族で墓参りに行きました。

お墓は、生きている人のためにあると私は思っています。

生きている人が、先祖のお墓に参ることで、気持ちがすっきり、さっぱりすれば、それでいいんです。

行かないといけない場所ではないと思います。

息子には「ご先祖様がいてくれたので、あなたがここにいるのよ。そのことに感謝だね。そして、これからもしっかりと生きていきますと宣言するのよ」と言いました。


墓参りは、お願いすることではなく、こういった宣言をすることに意味があると思っています。

特別な関係

カテゴリ:恋愛、結婚

特別で大切な関係の人に、物分かりがよくなってはなりません。

物分かりをよくするところは、それ以外の人間関係において、です。

特別な関係の人に負担をかけたくないと、自分の気持ちにふたをしたり、がまんしたり、真反対のことを言うといった、物分かりをよくしてしまっては、その「特別」という関係が成り立たなくなります。

特別で大切な人とは、互いに負担をかけ合っても、それを互いに許し合える関係です。

だから、その関係にある人には、勇気を出して自分の思いを素直に伝えてください。
そこから、二人の関係に何にも代えがたい信頼が生まれます。

誰のせいでもない。

カテゴリ:自分育て

戦争もなく、身分制度もない今の日本に生きる私たちは、自分の人生がもし、思うようにいかなくても、それらのせいにすることができません。

すると、残るは、自分のせい、ということですね。

つまり、自分の人生を幸福に進ませるのか、そうでないのか、は自分自身にかかっている、と言えるのです。

その環境に身を置きたくて、私たちは、ここに生きているのでしょう。

なので、自分の人生を人事のように思わないでください。

自分が幸せになりたいのなら、その方向に自分を進ませてください。

それには、自らが動いていくことです。

そして、やはり人とかかわらなければ、成長はありません。

自分から人に話しかけることで、自身の存在の重さを実感できます。
それが、仕事をうまく進めることにもつながります。

要は、コミュニケーションです。
コミュニケーション不足が言われて久しい今だからこそ、人から話しかけられるのを待つのではなく、自分から周囲の人々に話しかけてください。

その自主性は、必ず人生に幸福をもたらせます。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu