私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


思いは波動

カテゴリ:不思議な世界

私は、よくある人の顔が浮かんだり、ある人のことをふと思ったり、また、ある人の名前を感じたりします。

すると、その人からメールが来ていたり、と、相手と何らかの接点が生まれます。

前にチャネリングを受けてくださった方で、記憶に残っている方の場合、ある時、ふと、その方の名前を感じたら、また、その方がチャネリングのセッションを申し込んでくださっていたりします。

つまり、人々の思いは波動なんです。

私が、ふとその人の顔が浮かんだり、名前を感じるのは、相手が私のことを思っている、という波動が空気を伝わって、振動して、私のアンテナに届くからです。

そして、私がそのアンテナの振動を読むので、その相手を特定できるのでしょう。

そういうことは、私たちは、日常的に行っています。

しかし、そういうことに敏感になってしまっては、日常生活に支障をきたします。

そこで、現実的には、ほとんど気がつかないのでしょうね。

ただ、相手が自分のことを強く思っていると、その振動はしっかりと自分のアンテナを揺らすので、なんとなく気がつきます。

そのひとつが「虫の知らせ」と言われるものでしょう。

ふとん干し

カテゴリ:不思議な世界

今日は、やっとふとんを干せました。

これまで、あのゲリラ豪雨がこわくて、家を空ける日は、天気がよくても、ふとんを干せずにいました。

おひさまに干したフカフカのおふとんは気持ちいいですよね。

でも、私は30代まで、ふとん干しが嫌いで、なかなかできないでいました。

その原因は、幼い頃の記憶にありました。

私は小学校にあがっても、おねしょをしていて、それを母にきつく叱られていました。

その頃の私は、母に濡れたふとんを物干しに干されながら、ガミガミ言われ、ふとん叩き棒でおしりをたたかれていました。

その時のはずかしい思いが、大人になってもふとんを干せない原因を作っていました。

そのことがわかってからは、もうふとんを干すことに抵抗がなくなりました。

心って、すごいですね。
心にひっかかっていることが、その後の行動を決めてしまうことは多々、あると思います。

それを「トラウマ」と言ったりしますが、そのトラウマの原因は、過去生(前世)にあることも、母親の胎内にあることも、そして、幼児期にあることもあるんですよ。

トホホ。。。

カテゴリ:日記

今日は、午前中仕事をして、午後は下の子の保護者会に出席するという予定でした。

子どもの保護者会に出かけるまでに時間が2時間くらいありましたので、いったん帰宅して、夕飯の支度を少ししておこうと思いました。

鶏肉のしょうゆ煮を作っておこうと思ったのですが、気持ちが急いていたんですね。
弱火をうっかり強火にしてしまい、煮ている間になべを焦がしてしまいました。

煮ている間に、とれたボタンづけをしていて、なんだか香ばしいのにおいがするなあ、、、と思ったら、なべが焦げておりました。
トホホ、、、です。

継続は力なり

カテゴリ:趣味

毎週配信しているメルマガは、もう3年半ほど続いています。

我ながら、書き続けている自分をちょっとほめています!

もちろん、日々、さまざまなご相談を受けるという仕事があるから、メルマガを書けますので、そこに感謝しています。

今日も、新しいメルマガ用コラムをひとつ書きました。

なかなか思うことがうまくまとめられないこともありますが、それでも書くのをやめようとは思いません。
きっと文章を書くのが好きなんですね。

今後は、書きためたものを「人生を成功させる方法」、「人生に生きがいを見出すには」などといった観点で、まとめてみたいと考えています。

それも、書き続けるということの上に成り立つことだと思います。

「継続は力なり」ですね、きっと。

秋ですね。

カテゴリ:日記

ようやく涼しくなってきましたね。

何と言っても、湿度が高いのはこたえますが、さわやかな季節がやってきたと思うとうれしいですね。

夏の間、灼熱地獄と化していた、弁当作りが、うんと楽になります。

ほんとに、つらかったもの、、、。
朝から汗だくでしたから
先日、パソコンばかりに向いている中学生の息子に、漢字練習帳を買いました。

手を動かして、たくさん字の練習をしないと覚えられない、からです。

便利なのは良いことですが、私たちの脳は鍛えられません。

それは、とても困ることなので、その便利さを享受しつつ、面倒なことを率先してやらなればなりません。

私もきっと漢字、書けなくなっていると思います。

秋の夜長、息子と漢字の練習をしようかなと思っています。

脳は、使わないと退化しますから、ね!

時には休んで

カテゴリ:仕事

次の仕事が決まっていて、今の仕事を辞めるのでなければ、その仕事を辞めたあと、ゆっくりした方がよいのかもしれません。

大人の自分が働いていないのは、世間的に許されないと、辞めたあと、急いで次の仕事を探したり、とにかく何でもいいから動こうと自分をせきたてても、結局、思うような展開は期待できないみたいです。  

そもそも、その仕事を辞めたのは、さまざまな理由があるでしょうが、きっと、「休みたい」というのが一番大きいと感じます。

ならば、やはり自分を休ませてあげなくてはなりません。

休ませてあげれば、心は納得し、次へと動けます。

そうなったら、次の仕事を探す気力がわいて、転職を可能にするでしょう。

私たちは、なかなか休むということに不慣れです。

しかし、その時、休むということを通して、そのあとの人生をいかに生きるか、を考えることもできます。

まっすぐに自分の道を駆けていくというイメージは、かっこいいのですが、人生には何度か、休むことも必要だと思うゆとり=自分をいたわること、も必要だと、最近、つくづく感じます。

今日の買い物

カテゴリ:日記

連休明けに、中1の息子が学校行事で、長野に農業体験に出かけます。

その準備のため、午前中、息子と買い物に出かけました。

中学に入ったばかりの頃は、足のサイズは24.5だったのに、今は25.5です。

背も伸びて、私を越しています。

この頃の子どもの衣類の買い物は、難しいです。

子ども服ではダメだし、かと言って、腰回りなどが細いので、大人のものだとブカブカで・・・・・。

どうにか宿舎で着る子どもの私服を買って、私は、自分用にとても歩きやすそうなシューズを買いました。

かなり運動不足なので、歩こうと思っています。

中秋の名月

カテゴリ:日記

今日は、中秋の名月、十五夜、ですね。

夜には、美しい満月が見られるでしょうか。

もし、見ることができないといけないので、十五夜のタペストリーの写真を掲載します。

午前中も、仕事で会った人と、その話をしました。

その方もお月さまが大好きなんだそうです。

太陽は、男性を表し、月は、女性を表わします。

太陽は、動のエネルギーで、月は、静のエネルギーです。

そして、月は、自分へエネルギーをチャージしてくれます。

この1か月を省みて、新たな1か月を進むために、月光浴をして、エネルギーチャージをしたいと思います。

また、季節によって、月は表情が違います。

その違いを感じることも、心にゆたかさをもたらせますね。

人は変化する

カテゴリ:自分育て

人は変化します。

それは、時間の経過がそうさせます。

その時、立ち直れないくらい深い悲しみに包まれていても、時間は、徐々にその悲しみを取り去ってくれます。

だから、今、とても悲しいのなら、がまんせずにうんと悲しめばいいのです。
たくさん、泣けばいいのです。
泣くことに集中すればよいのです。

私は、仕事を通して、人は必ず変化していく、ということを見せていただいています。

なので、今に集中する、ということの大切さも実感しています。

好奇心を自分に向けて、イキイキと。

カテゴリ:人生論

昨日は、敬老の日でしたね。

世界でも名立たる長寿の国、日本に生きる私たちは、寿命が長いということを喜びとしなければなりません。

しかし、ただ、何も目標もなく生き続けることは苦痛です。

イキイキと自分の生をまっとうするには、好奇心旺盛でいることが重要でしょう。

そのためには、生き急がないことでしょう。

私たちは、まっすぐにグングンと伸びていくことを理想としてしまいがちですが、それだと、そんなに長い寿命は必要ないかもしれません。

時には、まっすぐにいかなくても、立ち止まることがあっても、そこで、学べることはきっと山ほどあるのです。

そこに気を向ける余裕は、その長い命の中にちゃんと用意されているはずです。

そして、自分自身へ興味を持ち続けること、です。

自分の人生です。
決して、他人事ではありません。

自分自身は、まだまだ未発掘の才能が隠されているはずです。
宝の山、なんです。

それを一生かけて発掘していく好奇心が、長い人生をイキイキとさせるのではないでしょうか。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu