私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


双子のなぞ

カテゴリ:不思議な世界

どうして、双子は生まれるのでしょうか?

時々、双子のごきょうだいの話題がチャネリングで出されることがあります。

まだまだ、その数は少ないので、体系的なことは言えないのですが、たとえば、双子のうちの一人が、もう一人となる魂に「一緒に生まれて」と頼む場合があるみたいです。

その場合は、一卵性双生児として生まれても、二人の魂は、もともと別人ということなのですね。

双子として生まれて、それぞれが濃くかかわることに互いの魂の成長が課せられている、と言えそうです。

そういえば、我が家の子どもたちも、上の子が幼い頃、下の子となる予定の息子(の魂)に、生まれてくる前に、「『先に生まれるから、後でおいで』」と言ったんだよ」と、屈託なく笑って言っておりました。

不思議な話です。

老いるということ

カテゴリ:身体

最近、裁縫の針に糸を通しにくくなりました。

きましたねえ、老眼!!

まあ、もう40代後半ですから、老眼は仕方がないですね。

ド近眼なので、きっともっと前から老眼にはなっていたのでしょうけど、なかなか気がつかなかったんですね。

「老いる」ことは、さびしいことなのでしょうか。

最近は、「アンチエイジング」とか言って、老いていくことに逆らおうとする風潮がありますが、私は、どんなことでも必然ととらえますので、あえて逆らおうとは思いません。

もちろん、生きている限り、イキイキを生き甲斐を持って、真摯に人生に向き合いたいとは思っています。

老いることとは、確かに衰えることではあるけれど、それは、がんじがらめの執着から逃れていく幸せを生み出していく、と感じます。

よく見えなくなったら、それに合わせて、その後を生きていき、「もっともっと見たい」という執着から離れていけば、身軽になれて幸福ではないでしょうか。

そんな生き方に今、あこがれています。

肉体のカルマ

カテゴリ:過去生

赤ちゃんが生まれた時、、「五体満足であってほしい」と願うのは人情でしょう。

しかし、そうではない人がこの世には存在します。

その程度は、人ぞれぞれです。

少しでもどこか満足でないと、親も本人もそのことを悩むでしょう。

そして、「なぜ、そのような肉体を持ったのか」と疑問を持つでしょう。

私は、仕事の中で、その答えをお話することがあります。

必ず、そこには何らかの意味が含まれています。

そのメッセージは大変力強く、具体的です。

さらに、言えることは、その不満足な部分は、その人を支える精神性であったり、過去の人生で、精一杯取り組んだことを物語っていたりします。

つまり、その部分は、「胸を張って生きていってね」とその方に伝えています。

それを「肉体のカルマ」と言います。

本日も、先回も、この肉体のカルマに隠されたメッセージをお伝えしました。

苦と楽

カテゴリ:仕事

私たちは、苦しいことより、楽しいことの方が好きに決まっています。

しかし、楽しいことばかりに囲まれてしまったら、果たして何が楽しいのかが、わからなくなってしまうでしょう。

その意味では、苦悩があるから、楽しいことを喜べると言えるでしょう。

苦と楽は、コインの裏と表の関係です。

天職に恵まれたら、きっと楽しいことばかりだろうと、あこがれるかもしれません。

しかし、胸おどる楽しい興奮を仕事で得るためには、同じように、苦悩も実感するでしょう。

つまり、苦脳が山ほどある仕事ほど天職と言えるでしょう、ね。

得意なこと

カテゴリ:インフォメーション

私の得意なことは、1時間、雑念を抱かず、瞑想の状態を保つことです。

それは、今の仕事であるチャネリングの下地となることです。

それができないと、ご相談者にメッセージは伝えられません。

その得意なことを基にして、実にさまざまなメッセージをお伝えしています。

もう、これまで、のべ1500人ほどのご相談を受けてきました。

その内容をお話する会を開催しています。

もちろん、個人的な情報は漏らしません。

よろしければ、ぜひ、このお話し会にお越しくださいませ。

明日、開催いたします。


直接会場にお越しいただいて、会費をお支払いただいても結構です。
よろしくお願いいたします

充実した一日

カテゴリ:日記

今日は、午前中は息子の中学の文化祭で、その中で開催される合唱コンクールを見に行きました。

普段は、母親の私との距離を微妙にとっている息子ですが、合唱コンクールは見にきてほしい、と言いました。

大人と子どもが同居する難しい思春期です。今、息子は。

息子は、音楽が好きで、歌をうたうことも好きなようです。
今日も、しっかりと大きな声で歌っていました。

そして、昼食をはさんで、私のお話会でした。

今回は、人生を生き甲斐を持ってイキイキと生きていく方法を、過去生などの例をからめてお話いたしました。

お越しくださった方々、誠にありがとうございました。

人前で話すことは、改めて、自分の頭の中を整理することに役立ちます。

また、日々のチャネリングの仕事をする意義も深まります。

おかげさまで、すがすがしい秋の一日、充実感がありました。

うそも方便

カテゴリ:人間関係

円滑な人間関係を築いていくには、「うそ」は欠かせません。

たとえば、何か集まりに呼ばれて、気が進まない時、正直に「行きたくないから」とか「〇〇さんが出席するなら、いやだから行かない」などと断ると、人間関係にヒビが入ります。

私たちは、どうしても人とかかわって生きていかなければならないので、人間関係がうまく結べないと、とても苦労します。

そこで、正直なことを言うことが無理な時は、「うそ」を言えばいいんです。
「うそも方便」です。

それは、誰も傷つけない、大人のマナーです。

そして、そんなうそは、許されます。

子どもの頃、「うそをついてはいけません」としつけられました。

でも、うそをまったくつかないで生きられるほど、この世は単純ではありません。

「人を傷つけないうそは、ついてもいいんだよ」と自分にやさしく言って、楽に生きていきましょう。

ほめ育て

カテゴリ:自分育て

「こうなりたい」といった願望や夢をかなえるには、その高い目標に下から少しずつ階段を上がるように、登っていくことです。

どんなに高い目標を掲げても、一歩ずつ下から積み重ねていけば、必ずその高さには、いつか届きます。

それが夢や願望を達成するコツです。

しかし、その高い頂(いただき)から、自分を見降ろして、「まだまだ努力が足りない」とムチを振っては、萎縮するばかりです。

それでは、いつまでたってもその高さには届きません。

少し、その階段を上ったら、「これだけ成長したよ」と自分をほめて育ててあげましょう。

自分自身こそ、夢の実現のために「ほめ育て」が必要です。

お知らせ

カテゴリ:インフォメーション

お知らせがあります。

その①
娘の高校(東海大学付属高輪台高校)の吹奏楽部の演奏会があります。

12月25日、26日の午後5時30分から開演で、会場は、ミューザ川崎シンフォニーホール(JR川崎駅西口徒歩1分)です。

この夏にドイツに行きましたが、その時、「ミッド・ヨーロッパ国際青少年吹奏楽コンクール」で第1位を受賞しました。
その受賞記念です。

座席は、S席1800円、A席1500円、B席1200円、C席900円で、チケットぴあ(0570-02-9990)でお願いします。(Pコード307-807)

よろしければ見てやってください。

その②
明日から私は奈良に行ってきます。
ぶらっと行ってきます。

それで、5日、6日はブログ、お休みします。

また、チャネリングのご予約へのお返事も7日以降となります。

よろしくお願いいたします。

奈良に行きました。

カテゴリ:日記

11月5日、6日は、奈良に行きました。
毎年、この季節に一人で、ぶらっと訪ねています。

今年は、「飛鳥」と「斑鳩」へ行きました。

飛鳥は、飛鳥寺で、わが国最古の鋳造仏である「飛鳥大仏(609年)」にお目にかかり、高松塚古墳で、石室の修復課程を実際にガラス越しではありましたが、見学し、斑鳩ではじっくりと法隆寺と中宮寺に参りました。

私は、以前から飛鳥大仏に実際にお会いしたかったので、今回の旅行がとても楽しみでした。

飛鳥は、のどかな田園風景で、まあ、今は行楽シーズンだから少し人は多いかな、と思っていましたが、飛鳥寺には団体客が次々と訪れていました。

私は、ひっそりと静かに仏様にお目にかかりたかったのですが、ちょうど高校生の団体と参拝が重なってしまい、がっかりしてしまいました。

しかし、そのにぎやかな状況を、お堂のエネルギーは歓待していることに気がつき、自身の「自分さえよければ・・・」という浅はかな気持ちを反省させられました。

それが、まさに「仏心」なのですね。

飛鳥大仏は、写真撮影OKでしたので、いろいろと角度を変えて5枚撮影させていただきました。丈六の大きくて、どっしりとした仏様で、私は感動して涙が出ました。

仏教は、日本へは、発生したインドから中国、朝鮮半島を経由して、渡来人がもたらせました。
飛鳥の地で、渡来人たちは望郷の念を禁じえなかったでしょうね。

現在の飛鳥も民家と田畑があるだけののどかで静かな所なので、1400年前と雰囲気はあまり変わっていないかもしれません。

写真は、飛鳥大仏です。(ちょこっとオーブが出ています)

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu