私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


土台造り

カテゴリ:自分育て

最近のセッションで多く語られるキーワードは、「土台」です。
土台を造りましょう、こんな土台を造りましょう、と言っています。
誰の土台か、と言えば、私の土台です。
私が立つ土台は、フニャフニャしているよりも、しっかりと堅固な方がいいに決まっています。
人生は、その土台を造り続ける時間の連続でもありますね。
昨日の経験も、今日の経験も、明日の経験も、すべて生きていく私を支える土台のもと、です。
上昇志向の方々は、上に目を向けがちかもしれませんが、その私をしっかりと支える頼もしい土台造りにも関心を持っていただきたい、と思います。
そうすれば、自身を信用して、安心して、どんどん上を見ることができますね。

*5月18日(日)の茶話会、あと1名様、承れます。

私の願い

カテゴリ:仕事

今日の私が、明日の私を創ります。
過去の時代を生きた私が、今を生きる私を創っています。
私たちは、みな、生きることで、自分自身を創造しています。
そんな私を、やっぱり好きになってもらいたい。
嫌いな自分の明日を投げやりに創るより、好きな私の明日に希望を見てほしい。
私のセッションは、そのためにあると自覚しています。
せっかく私で生まれたのです。
その私を好きになる種を、セッションで見つけていただきたいと願います。

なぞる

カテゴリ:過去生

セッションで過去生をお話して、もうずいぶんになりますが、気づくことがあります。
それは、私たちは、過去の人生で経験したことを今回の人生でもなぞっている、ということです。
なぞりながら、前よりも魂を成長させようとしています。
過去の人生で経験したこととまったく同じ出来事をなぞる、という感じではなく、異なる環境、状況の中で、過去に経験した情景をなぞっているようです。
たとえば、過去生で落馬して負傷した経験があると、今生では交通事故に遭って怪我を負う、などです。
セッションでは、なぜ、なぞったのか、また、なぞることで何を学び、今回の人生にそれをどう活かすのか、をお話しています。
そこに、その人らしい魂の成長の軌跡を見出せて、感動を覚えます。

牡丹

カテゴリ:日記

今の季節は、牡丹が咲いていますね。
牡丹は、花の王とも呼ばれ、堂々としていて華麗です。
写真を撮っていても、うっとりします。

この花のようにありたいです。

見つめ続けるもの

カテゴリ:仕事

この仕事を始めて以来、ずっと気持ちを見つめてきました。
この仕事を始めたばかりの頃、「人生がうまくいくには、何が必要ですか?」と尋ねられ、「気持ちが一番大切です」と答えたら、「はあ??気持ちですか??」と、いぶかしがられました。
その方は男性でしたので、気持ちなどというあやふやなもの、形のつかめないものを一番に置く、ということに納得できなかったのでしょう。
しかし、あれから10年以上たって、気持ちが大事というのは、まったく変わりません。
ますますその重要性を認識しています。
気持ちを大切にする、見つめる、ということは、時には、つらいここともありますが、それでも、それを続けていくことで、ここに私は生きている、という揺るぎない自信をつかめます。
気持ちがあっての私たちです。
気持ちがあるから、私、なのです。
これからも気持ちを見つめ、それをお話していきます。

今日は、運命が切り替わる記念日。

カテゴリ:仕事

本日は、身に起きた、人生最大のピンチともとれる、大きな不幸の意味を紐解きました。
ピンチは、チャンスです。
大きなピンチは、大きなチャンスです。
大事なのは、なぜ、そう言えるのか、というところをセッションでご案内することでしょう。
その「なぜ?」がわかれば、この先、もうそれ以上のピンチに見舞われることはありません。
その「なぜ?」を聞いていただいた今日が、チャンスへと運命が切り替わる、記念日です。

お金

カテゴリ:お金

セッションでは、お金の話が出ることもあります。
私たちは、お金が無ければ生きてはいけません。
お金と私たちは、密接に関わっています。
お金の遣い方は、その時の私の心を表しています。
自分に寄ってくるお金の額は、その時の私の価値でもあります。(味気ない話に聞こえるかもしれませんが)
私の実体をお金が端的に表すとも言えます。
また、これからの私への期待をお金の額でつかむこともできます。(自分への先行投資という形で)
お金を見つめることは、人生を見つめること、です。
お金は、人生を詳細に語ってくれます。

次へのステップ

カテゴリ:身体

今の仕事は、集中して、その時、とてもエネルギーを使うのですが、40代半ばまでは、それによる疲れをあまり意識しませんでした。
しかし、いわゆる更年期に入ってからは、疲労の実感と、それが重なった時の体調不良が起きるようになりました。
そういったことは、あまり好ましいことではありませんが、その好ましくないことから、自分の体を見つめる機会が得られました。
自分の体の弱いところを知ることができた、と思います。
また、何度も同様の体調不良を繰り返して、やっと、その対策がわかってきました。
その経験から、更年期は、次の老齢期へのステップと理解できます。
老齢期を健やかに過ごすためのヒントが、この時期に示されると感じます。
完全無欠な体と心があれば、こんな苦労はしないのですが、そうではないから、こうして、不調の経験と学びを与えてもらうために、自分の心身に向き合う時間 = 更年期、があるのですね。
人生に、一つも無駄な時は無い、と、よくセッションでは言っていますが、この時期も必要不可欠なんだな、と実感しています。

貪欲のすすめ

カテゴリ:人生論

ゴールデンウィークが終わり、今日から通常の日々ですね。心新たに、これからの日々を過ごしていきたいと思います。
今月の中旬ごろからは、バラが咲き始めるでしょう。バラのゴージャスな姿を、このブログで紹介できれば、と思っています。
さて、私は、これまで長く働いてきましたが、この仕事に出会うまでは、ずっと、「何かが足りない」と思ってきました。
いくつかの会社に属してきましたが、その時々で、一生懸命に仕事に取り組んできたのですが、あと2割ほど、何かが足りない、と、ずっと感じてきました。
しかし、今の仕事には、そういった飢餓感はありません。
それは、ほんとうにありがたいことです。
あの飢餓感に悩まされた40歳までの日々は、決して無駄ではなかったと感じます。
あの日々があったから、今の仕事の意義を実感できるし、何より、いらしてくださる方々の仕事への苦悩に理解を示せます。
「何かが足りない」は、足るものを探すための原動力ですね。
その意味では、すべてが足りてしまっては、この人生、つまらないかもしれません。
それが「欲」と言うのなら、私は、生きている間、ずっと貪欲でいたいと思っています。
(バラのすばらしい写真をもっと、もっと、もっと撮りたいと、欲にまみれ、燃えております!)

休める時代

カテゴリ:次元上昇

今は、もう昔ではない。・・・・・ 当たり前のことを言っていますが、その昔に縛られながら生きがちなのが、私たちなのかもしれません。
この仕事を始めた時から今日まで、ずっと同じメッセージをお伝えしている現状があります。
その繰り返しお伝えしているメッセージの一つに、「休みましょう」があります。
休むことを良しとしない方々が、今でもとても多いようですね。
休まず、直線的に前進することを理想として、それを厳しく自分に課してしまう方々は、休まざるを得ない状況を恐れます。
しかし、休むことにも、人生の貴重な学びが含まれています。
平均寿命を見てみましょう。
高度経済成長期の日本人の平均寿命は、男性65.32歳、女性70.19歳(厚生労働省資料)ですよ。(昭和35年)
ひるがえって、現在、2012年は、男性79.94歳、女性86.41歳。
こんなに差があるのに、いまだに高度成長期のモーレツな生き方を良し、とすれば、この長い寿命を健やかには生き切れないように感じます。
長い階段を休むことなく昇っていくことは不可能ではないでしょうか。
途中、途中で、踊り場で休まないとね。
今は、そういう生き方ができる時代と認識したいですね。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu