私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


セッションの真髄

カテゴリ:仕事

昨日のブログには、この仕事を始めた時から今までで、ずっと同じ内容のメッセージをお伝えしていることの一例を示しました。
本日は、その中で何が一番か?と聞かれれば、ずっと気持ちを伝えてきた、と答えます。
そのことから、私のセッションの真髄は、「気持ちを伝えること」、「気の重要性をお話すること」と答えます。
その気持ちを持つから、その人なのだし、そういう感情を有するから、私、なのですね。
気持ちに注目すれば、この人生の私らしい処し方が見えてきます。
気持ちに着目すれば、「私らしい」の中身がつかめます。
なので、茶話会開催を再開させようと考えました。(茶話会では、集まった方々に、それぞれの気持ちを語っていただきます)
気持ちを軽視しては、充実した人生から離れていきます。
私らしく、この生をまっとうすることを望まれるなら、どうぞご自身の気持ちを見つめてあげてください。
私のセッションが、そこにお役に立てれば、と願います。

その意味するところ

カテゴリ:恋愛、結婚

私にとって、結婚生活の意味するところは何なのか?、その人と夫婦になった理由は、どういうことなのか?を、セッションでは語っています。
その結婚が、たとえそこで終了したとしても、その意味するところを知っていただく方が良いでしょう。
この先、新たな出会いがあって、新たな結婚生活を始めるためには、是非、その意味するところをおさえておいていただきたいと思います。
その意味を知っていただくことは、後々の幸福を約束すること、とイコールです。
また、結婚という経験を後々の人生に活かすために、是非、その意味を求めていただきたいと思います。

エールを送ります。

カテゴリ:仕事

自分が納得できないことは、どうしたって納得できません。
他者がどんなに高い評価を自分に与えてくれたって、それをそのまま素直に受け入れることができない苦悩もあります。
そんな時、その苦悩を無かったことにはできません。
そのありがたい高評価に納得なんて、できないものです。
セッションの中で、私と一緒にその苦しみと向き合いましょう。
そして、その苦悩の意味、背景を探りましょう。
そして、そして、あなたらしい生き方のヒントをつかんでいただけたら、と願います。
さらに、世界でただ一人のあなたに、エールを送るご自身になっていただけたら、と。
もちろん、私も、あなたに心からエールを送ります。

バラの写真を撮りました。

カテゴリ:趣味

本日は、仕事場近くの「芝浦中央公園」と、「旧古河庭園」をはしごして、バラの写真を撮りました。
266枚も撮りました。
良いお天気で、紫外線対策は一応して、でも、写真を撮っている間は、夢中でバラの間を動き回りました。
ちょっと風があり、花が揺れるので、そこがシャッターを切るタイミングとして少し難しかったですが、もう、うっとりするほどステキに咲いておりました。
仕事では、頭を使いますが、体全体は使いません。
その分、全身もしっかりと使わないと、あとあと調子が狂ってくるように感じています。
紫外線の害はわかってはいますが、太陽の光を全身に受けて、体を活性化することはとても大切ですね。
これからアジサイが咲く頃までは、バラ三昧といたしましょう。(このブログに、これからバラばかりを載せると思います。堪能してくだいませ!)
旧古河庭園で、恒例の「ひとくちばらの花ようかん」をお土産に買いました。

ここに、この時代に生きる意味。

カテゴリ:過去生

セッションで、過去生をお話していると、この国のこの時代にその方が生きているのは、決して偶然ではない、とわかることがあります。
それは、たとえば、戦争や民族の迫害等、自分の力ではどうにもできない大きな力の犠牲となった過去生を持っていて、今度は、そんな力から逃れて、自分の力を信じて人生を歩んでみたい、と望み、ここに、その方は生まれてきた、と語られたりします。
また、ある過去生では短命だったので、長寿なこの国に生きることへの期待も浮かび上がることがあります。
自分の力を信じてみたくて、自分のペースで、長い人生を思い切り生きたいと願って、ここに降りてきたのなら、そのようにさせてあげたいですよね。
そのようにさせてあげなければ、わざわざここに降りてきた意味が薄らいでしまうでしょう。
私たちは、自分なりの意味、理由を持って、ここに、この時代に、生きています。

病からの学び

カテゴリ:身体

高齢化社会を反映して、セッションでも認知症の話題が出ることがあります。
近しい人がそれで亡くなっていたり、現在、その症状が出ている老親のそばにいらして、わが身を振り返る方々がいらっしゃいます。
誰でも認知症にはなりたくない、と思うでしょう。
そこで、どうしてそうなるのか、を語っています。
その語られる内容を私自身も聞いて、とても人生を学んでいます。
「なるほど」と、うなる内容が、そこで話されます。
それをお聞きになる方々も、その内容に納得されます。
認知症にも意味がある、ということなのです。
その病から、それを患う方の人となりが見えたりします。

覚書

カテゴリ:不思議な世界

このブログは、仕事としているチャネリングでの学びを中心に書いていますが、それは、私の仕事の記録です。
また、仕事を中心とした、いわば、自分の能力の覚書でもあります。
本日は、その覚書の一つとして、非現実的な”不思議な世界”での出来事を書きます。
私は、今、見ている風景の、たとえば何百年も前の姿を感じることができます。
それは、その時代を生きた亡き人が、私にアプローチをしてきて、その故人を通して、その当時の風景を見ることができる、ということです。
私の自宅の近所には、江戸時代から明治初期まで、実際に使われていた刑場跡地があります。
そこに行くと、そこで亡くなった人と波動が合う瞬間があって、その故人の心の叫びを聞くことがあります。
そして、その人が当時見たであろう景色を私も体感し、「ああ、今よりももっと海が近かったんだな。海岸は遠浅になっていたんだな。その前に林があったみたいだな」と見えてきて、今では感じられない、潮の香りが漂ったりします。
後日、明治初期のそのあたりの古い写真などを目にすることがあったり、ふと読書をしていて、その周辺の描写を読んだりして、その時、感じた風景を再確認したりします。
セッションで過去生をお話していると、それが紀元前であっても、1000年前であっても、直近の時代であっても、当時の主人公を通して、その景色を感じることは、日常茶飯事です。
非現実的、非科学的な話ではありますが、これが、私の真実です。

たとえ、カッコ悪くても。

カテゴリ:自分育て

「自分らしく生きる」と言っても、それは、たやすいことではありません。
この生涯をかけて、私たちは、「自分らしく生きる」ことを、あらゆる方面で経験するのでしょう。
だから、簡単ではないのでしょう。
だから、その答えが容易に見つかったりもしないのでしょう。
でも、だからこそ、そこに生きる意味があり、醍醐味があるのです。
抱える数々の苦悩は、もっと私らしく生きたい、という心の叫びでしょう。
それは、カッコよくない姿かもしれません。
しかし、そのカッコ悪い生き方の中にこそ、私らしさの芽生えを見出せます。
その芽を育てるのも私、枯らすのも私、です。
生き続けて、粘り強く、温かく、その成長を見守って、少しずつ私らしさを獲得していく私でありたいと思います。

これからの私の育て方

カテゴリ:自分育て

セッションでは、時々、「捨てれば新しいものが入る」と言うことがあります。
その言葉は、たとえば、古い価値観を捨てれば、新しいそれが手に入る、と使うこともできます。
今、古い価値観を手放す好機と感じています。
それは、たった一つのものを選ばなくてはならない、というオキテから自由になること、だったりします。
欲張りは、これまでは悪い言葉、いけない姿勢でした。
そのため、長い間、あれもこれも叶えたい、とほんとうは思っていても、その中からたった一つを選び、あとは捨てなくてはなりませんでした。
でも、今は、あれも、これも、ああ、それも、手に入れてもいいのではないでしょうか。
そのためには、短気は損気、です。
粘り強ーく自分と接してあげましょう。
また、叶えたいものすべてを同時期に叶えることは、土台無理ですし、それでは長い人生を楽しめません。
自分のペースで仕事をする、だから収入には目を瞑る。 → これまでの価値観です。
自分のペースで仕事をする。そして収入も上げていく。 → 新生欲張りな姿です。
あとは、それを現実化させる、新生タフな私を育てていくことです。

茶話会

カテゴリ:インフォメーション

本日は、午前10時30分から、第2回目の茶話会を開催いたしました。
私を入れて10名で、しかも全員女性で、2時間があっと言う間の密度の濃い会となりました。
最初の自己紹介のところから、みなさん、胸襟を開いて、積極的に思うことをお話いただきました。
そのお話の中から、今後の人生の歩みについて、多くのヒントが出されたように思います。
本日、参加してくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。
改めて、お一人、お一人の個性のすばらしさを実感し、「私も自分をしっかりと生きよう!」と勇気をもらえました。

おみやげをいただきました。

フカフカのベロア調のかわいいハンドタオルです。
その方の華やぎが、そのまま、このタオルに表れています。
Y・Aさん、誠にありがとうございます。

K・Yさんからは、香ばしいコーヒー豆とメッセージが書かれたカードをいただきました。
これぞ芳醇な香りですね。
豊かな気持ちになります。
誠にありがとうございました。

さて、第3回目の茶話会の開催をお知らせいたします。
6月14日(土) 午前10時30分から2時間程度で、場所は、JR品川駅、高輪口から徒歩2分ほどのミーティング・ルームです。会費は、3,500円(税込み)です。過去に私のセッションを受けてくださった方が対象で、先着10名様とさせていただきます。ざっくばらんに語り合って刺激を受け合い、明日への活力を養いましょう!!ご検討くださいませ。お申込みをよろしくお願いいたします。(お申込みいただいた方には、改めまして、詳細なご案内をお送りいたします)お申込みは、info@tk-office.co.jpまでお願いいたします。件名を「茶話会参加」としていただいて、お名前、緊急連絡先をお書き添えください。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu