私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


忘れないで

カテゴリ:親子

人生相談の中で、「親子関係」は、永遠のテーマの一つです。
どんなに時代が変わろうと、親子の関係に悩みはつきません。
子どもにとっての親子関係は、その後の人生を決めてしまうとも言えるほど、とても重く、大切なものです。
子どもは、親から、ありったけの刺激を受けたいと望んでいます。
そのために、その親の子どもとして生まれてきたのです。
親は、そのことを忘れないで、と言いたいです。
さらっと、距離を置いて、子どもと接する、のは、他人でもできます。
親子は、他人ではありません。
子どもは、親を他人とは思いたくはありません。
「私が、あなたの親だよ」と、しっかりと子どもに認識させてあげることが、親の仕事です。

命の輪の中で

カテゴリ:人生論

魂は、輪廻して、私たちは、命の輪の中で、今を生きています。
その生き方に、損も得も、本来は無いのでしょう。
ただ、命の輪の中で、今を一生懸命に生きるだけ、です。
その輪には、切れ目は無いので、今の生き方が、それ以外のすべてに影響を及ぼします。
私以外の他の命の輪にも刺激を与えます。
得も損も無い、と、そういった執着から離れましょう。
すると、とても気が楽です。
気楽な人生で、いいのではないでしょうか。

自己とどう向き合うか

カテゴリ:自分育て

天職に就いて、イキイキと人生を歩みたい。
幸福な結婚をしたい。
健康に恵まれたい。
そういった願望を叶えていくのは、私自身です。
誰かに叶えてもらうのではなく、です。
また、どんどん幸せになっていくのに、誰かの許可など不要です。
この人生は、紛れもなく、自分自身で創っていくものです。
そのための自己への向き合い方を、本日もお話いたしました。

人生イキイキのために

カテゴリ:仕事

セッションでは、その方の過去生をお話する、ということもあります。
それをどうやって感じているのか、と問われれば、ご相談者の前に座っていると、ある風景や、その方のある過去の時代の姿が浮かび上がり、それを追っていくと、過去生の物語が展開されていく、と答えます。
また、それを感じられるのは、その行為を素直に受け入れている、と言いますか、それを実行する私に何も疑いを持っていないですし、私自身を信じ切っているということで、成り立っているのでしょう。
さらには、それを感じる時、ご相談者への個人的な思い入れや偏見をいっさい持ちません。
それらが相まって、過去生を感じることができるようです。
つまりは、余計なものを入れ込まないことで成り立っている、と答えます。
過去生を見ることではなくても、きっと、余計なものを省けば、その時に必要なものが、すんなりと自分の中に入るのでは、と感じます。
余計なものを取り出して、心を軽くするのも、”人生イキイキ”には必要なことでしょう。
今日から、7月。今年も、もう後半です。
”人生イキイキ”のために、心を軽くしませんか。
私のセッションがお役に立てれば、幸いです。

花の写真を撮りに行く

カテゴリ:趣味

本日は、夏のお花の写真を撮りに行ってきました。
大好きなハイビスカスも撮りました。
ちなみに、今日のお花は、「アガパンサス」です。
まだ、梅雨は明けてはいませんが、これから夏のお花を載せていこうと思います。
いつもお花の写真を撮る時、無心になれます。
それは、とても良い気分転換です。

一方通行はない

カテゴリ:人生論

私たちの身に起きることには、原因と結果の関係が見出せます。
晴天の霹靂、と感じる衝撃的な出来事にも、その関係は見出せます。
セッションでは、その関係の詳細を語ります。
私は、好まないので、行っていませんが、霊が憑りついて、それを引き剥がす、といったことにも、その関係は存在します。
本当にその問題を解決するには、当事者がそれを強く本気で望まない限り、方法はありません。
(過去にそういったことを複数経験して、それは、当事者の問題と実感しました)
そういったことも含め、人生に起こる出来事には、一方通行のものは無い、と感じます。

自由の有り難さを支える不自由

カテゴリ:人生論

家庭を切り盛りする主婦の多くは、毎日、食事を作っています。
私も、たいしたことはしていませんが、それでも日々、食事作りに勤しんでおります。
それは、時々は、面倒に感じますし、家族が夜、バラバラに帰ってきた時などは、自分の時間が無くなると怒ることもあります。
それで、1年に数日、食事作りから解放されると、その後は、心新たに食事作りに取り組めます。
そういったことから、人生には、不自由なことが無ければならないと思います。
不自由があって初めて、自由の有り難さがわかります。
人生が、すべて自分の思い通りになってしまったら、案外つまらないかもしれません。
まだまだ修行の足りない私は、不自由なことにすぐ文句を言ってしまいますが、そのおかげで、自由の有り難さを実感できるのですね。
無報酬の主婦業 ・・・・ 不自由なことばかり、と感じることもありますが、そのおかげで、ママ友ランチも楽しいし、仕事も有り難いし、花の写真を夢中で撮ったり、美術館に行ける幸福も味わえるのですね。

皆、平等。

カテゴリ:次元上昇

今朝、起きた時、ふと「ああ、そうなんだ」と感じたことがあったので、それを早速記します。
それは、「皆、平等」ということです。
「皆、平等か?」と尋ねられれば、いや、違う、となるかもしれません。
自分の外側に目を向ければ、生まれながらに不幸な人もいて、それのどこが平等なんだ?、となります。
しかし、自分の内側に目を向けると、私たちは、皆、自分を生きたくて、ここに降りてきた、それを実行できる場は、皆、平等と感じます。
人生で、自分を求めれば、試練もピンチも経験してしまいますが、それも「私って、何だ?」をあぶりだす、すばらしいチャンスです。
そのチャンスを求める自由を、私たちは得ています。
それが平等でしょう。
ここに生きる私たちは、その特権をすでに得ているのですね。
なので、安心して、感謝しながら、堂々と自分を求めていきましょう。

学びを語ります。

カテゴリ:人間関係

本日は、主に職場の人間関係について、語らいました。
人間関係は、古くて、新しいテーマですね。
私たちは、一人きりでは生きてはいけないので、この関係から逃れることはできません。
働けば、その関係に苦慮する可能性は、当然、あります。
しかし、その関係からの学びは多々、あります。
苦慮することは、つらいですが、そこに潜む学びを手に入れるチャンスととらえることもできます。
セッションでは、そのチャンスの方面から、その関係を語ります。

すれ違いやすい

カテゴリ:恋愛、結婚

夫婦の関にトラブルが生じる時、二人の心には、すれ違いが起きています。
夫と妻は、互いに相手に求めていることがあります。
それは、他人との関係とは異なる、夫婦の関係だからこそ、という点に起因しています。
相手に何も求めないのであれば、わざわざ結婚することは必要ありません。
求め合うから、一緒になるわけで、しかし、そこにすれ違いが生じやすいのも事実です。
もう昔のように、夫婦に絶対的な主従の関係が無い今、心のすれ違いは、二人の間をとても危うくします。
その意味では、現代の夫婦関係は、壊れやすいと言えるかも知れません。
セッションでは、相手が何を望んでいるか、を筆頭に、ご相談者にとって、結婚の意味するところもご案内しています。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu