私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


指輪コレクションを見て来ました。

カテゴリ:趣味

本日は、上野、国立西洋美術館の「橋本コレクション 指輪 神々の時代から現代まで -時を越える輝き」を見に行きました。
紀元前の昔から、現代に至るまでの指輪のコレクションで、指輪の持つ意味、装飾性など、楽しめました。
宝飾品としての指輪は、ただただきらめいて、美しく、ため息が出ます。
ほんと、目の保養でした。
そして、指輪の持つ意味は、その時代、時代の社会(西洋の)の有り様が、垣間見えて、勉強になりました。
私自身は、指輪はしていません。
家事をするのに邪魔になるし、束縛される感じが好きじゃないんです。
でも、ほんとうの理由は、結婚当初よりも、指まで太ってしまい、婚約指輪、結婚指輪とも、入らなくなってしまったこと、指輪が似合う、スラリと長めの、可憐な指ではなくなってしまった、ことです。

お気に入りのお菓子をいただきました。

カテゴリ:おみやげ

本日、午後のセッションにいらした方から、お菓子をいただきました。
今、その方がとても気に入っている、チョコレートのお菓子です。
濃厚なチョコレートのケーキみたいです。
Y・Sさん、誠にありがとうございました。
さて、セッションは、主に、その方の今後の生き方の指針について話しました。
リピーターさんなので、これまでのいきさつを踏まえた上での指針です。
こうして、人は変化していくんだな、成長されるんだな、と実感いたしました。
変わることは、簡単ではないけれど、変わったら、これまでと違った、真新しい景色を見れますね。
そこに、期待をしましょう。ワクワクしましょう。

他者は自身の鏡

カテゴリ:人間関係

年月をかけてセッションを続けていると、「やっぱりそういうことなんだ」と、深く納得できる喜びと出逢えます。
最近、その一つとして、「他者は自身の鏡」という言葉の意味を再確認しました。
それも、近しい相手は、自分の詳細な姿を映し出す、研ぎ澄まされた鏡であり、その対応の仕方いかんで、自身の将来が決定されるという怖さがあります。
その相手とは、職場なら、直属の上司です。
家庭なら、まず、伴侶、でしょう。
近しい人々に礼を尽くせば、自身もそのように扱われ、そうでなければ、ぞんざいな扱いを受けることは必至です。
セッションでは、その方々への接し方について、ご案内をし続けております。

自由の前に

カテゴリ:人生論

人生は、決断の連続です。
その決断を苦悩せずにできたら、それは、ストレスもたまらず、生きやすいでしょう。
しかし、現実は、なかなかそうはいきません。
離婚も、転職も、その決断に迷うことは、よくあります。
そこで、どうしたら後悔の無い、極力、後悔の少ない、決断を下せるのか、を、セッションではお話しています。
どのような決断であっても、心は揺れて、痛むかもしれませんが、それでも、やはり自己と向き合うことを避けてはなりません。
他者の意見に耳を傾けても、最後は自分で決断をすることです。
それが、その問題に対する責任です。
責任を果たせば、その後、自由が待っています。

私の立場で言えば

カテゴリ:人生論

どの時代にも、後世に名を残す人々がいます。
そういった人々は、偉人と称され、私たちの人生のお手本とされたりもします。
また、現代でも、周囲から賞賛される、見上げた方々は、いらっしゃいます。
そのような偉い方々と自分を比較してしまうと、自分の小ささに、ため息がこぼれるかもしれません。
しかし、過去生をお話している私からすると、どのような偉人であっても、過去の時代の自分を踏み台に、新たな人生を歩むことは、他の人々と変わらず、その方々にも課せられていると申します。
たとえば、過去のある時代に、欲を捨て切って生きたなら、のちの世で、その反対の欲のうごめく世界に身を置く、という経験を自分に積ませる、ということは、実は、よくあります。
完璧な生、は、無いのでしょう。
いつも、私たちは、何かが、どこかが、欠けています。
凡人も、偉人も、です。
だから、偉人との比較で、自分を小さい、と、断罪しないでください。
そういった人々の良いところはお手本として、人生の歩みに取り入れて、この人生、一生懸命に自分として生きることが、もっとも尊い生き方です。

大切なのは、足元。

カテゴリ:仕事

本日のセッションは、仕事のお話。
仕事は、1日の大半を占めるので、やはり悩みは発生しやすいですね。
その悩み多き仕事は、職場の人間関係を切り離しては語れません。
また、どのようなことでも、足元が肝心です。
職場の人間関係の足元とは、上司と部下の関係です。
その関係が、最重要です。
足元をしっかりと固めれば、背伸びもできます。高く手を伸ばすこともできます。
その観点で、悩みをとらえて、それに向き合えば、その後は、難なく手を上へ伸ばせます、きっと。

育てる関係

カテゴリ:人間関係

ここ最近は、人間関係について集中的にお話しました。
そこでの学びは、どのような関係でも、育てていける、ということです。
その関係を育てようととらえれば、その関係に押しつぶされることも、自分だけ被害者になることも、有り得ません。
育てる、育てよう、と考える、という主体的な視点を是非、持っていただきたいですね。
それは、職場で、部下の立場であったとしても、目上である上司との関係は、育てられる、のです。
その関係を育てようと感じれば、目の前の上司を育ててあげられます。
人を育ててあげる、余裕のある人が、余裕オーラが出ている人が、その先、不運な扱いを受けることは、有り得ません。
そして、人を育てることは、同時に、私も、人様に育てていただけるのですね。

笑う門には福来る、のために。

カテゴリ:趣味

本日は、午前中、大好きなハイビスカスや、ラン、スイレンなどの写真を撮りに行きました。
道中、もう暑くて、大変で、また、温室の中で撮影したので、まるで水をかぶったように汗をかきました。
それでも、我ながら良い写真が撮れたと、ニッコリ!!
ところで、もう若くはない年齢になってくると、恐ろしいほどに心の持ち方が顔に出るなあ、と感じます。
できることなら、美しく年を重ねていきたい。
いつも不平、不満を口にしていると、そのような風貌に、笑っていると、笑い顔に、なりますね。
笑う門には福来る、です。
大好きなお花を見て、ニッコリです。
皆様も、どうぞニッコリなさってください。

予想を超える未来

カテゴリ:次元上昇

「未来は、私の手の中にある」のです。
未来は、明るく、可能性に満ちていた方が、いいに決まってます!
そのような明るい未来を手に入れるには、今、できるだけ暗くならないことでしょう。
それは、不安を持たないことでしょう。
不安をいっぱい持ってしまうと、そのような未来が待ち受けています。
そして、不安に満ちた未来を迎えた時、「ああ、やっぱりそうなった」と、暗く納得してしまいます。
不安になっても、「大丈夫」と言ってみましょう。
これまでのセッションを振り返ると、どのようなお話を伺っても、ちっとも不安じゃなかった、また、お渡しするメッセージも、不安なものは一つもなかったと感じます。
不思議です。不安を排除しようと、あらかじめ考えて、セッションに臨んだわけではなく、結果的にそうなっていた、ということです。
でも、そのおかげで、不安を持たないことのすごさ、を、セッションを受けてくださる方々から教わっています。
不安に満ちた社会で、不安を手放す人々がもっと、もっと増えれば、未来は、予想を超えますね。

ゼリーをいただきました。

カテゴリ:おみやげ

先日、セッションにいらした方から、ゼリーの詰め合わせを送っていただきました。
M・Sさん、誠にありがとうございました。
白桃、ルビーグレープフルーツ、オレンジマンゴー、葡萄の4つの、みずみずしいゼリーです。
冷やして、おししくいただきました!
さて、その時のセッションの内容は、「男と女」がテーマでした。
どんなに時代が変わっても、変わらないものがある。
いや、むしろ、変わったからこそ、変わらないでいてほしい、と望んでしまうものがある。
それは、男と女の関係に見出せて、そのことを心得た上で、日常を送ると、生きやすいよ、といった内容でした。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu