私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


実現可能な理想をお話します。

カテゴリ:仕事

この仕事を始めた頃は、さまざまなご相談を受けて、それへのメッセージをお渡しすることに、大きな満足感がありました。
それが、おかげさまで、今日まで続けられて、もちろん、いろいろなお立場の方々とお目にかかる幸福は実感しておりますが、だんだんと、自分のこの仕事の意義をつかみたいと望むようになりました。
だいたい、朝、目覚める前に、その時々の自分へのメッセージが降りてくる感はありまして、今朝は、その意義についての、明確な、鮮やかな内容が訪れてくれました。
それは、私は、実現不可能な理想を語ることはしない、というものです。
言い換えれば、お目にかかる方々の実現可能な理想をお伝えする、ということです。
これまで、手の届かない理想に、生真面目な方々は苦しめられてきました。
それは、心身を決して健康にはしませんでした。
もう、そんなむなしい人生は捨てましょう。
私は、これまでのセッションの経験で、実現不可能な理想への努力は、決してかなわない、と学びました。
人生に無駄があるならば、それこそが無駄と言えるでしょう。
実現可能な理想を掲げて、それへの努力を重ねていく人生には、無駄はありません。
私が、今、ここに、生きている、生かされている意義は、この新しい生き方をお示しすることです。
そう感じて、とても心が落ち着きました。
私自身も、実現可能な理想を掲げ、それをかなえる努力を重ねて生きていきます。
そして、セッション等、仕事を続けてまいります。

第三の目は、あります。

カテゴリ:不思議な世界

明王系の仏像には、第三の目があります。
その目は、景色を見る、というよりも、目には映らない気配を感じ取る役割があるのでしょう。
私は、私たち、人間にもあると思っています。
私は、今、仕事で使っている能力が開花した時、不思議な体験をしたのですが、その一つとして、第三の目が開く音を聞きました。
それ以来、その目をふさがないようにしています。
おでこを髪で覆い隠さないようにしています。
顔を洗う時、おでこも丁寧に洗っています。
おでこになるべく皺を寄せないように、目の周りの筋力を鍛えるなども取り入れて、ちょっと気を遣ったりもしています。
また、子どもたちのおでこも大切にして、そこをたたいたり、こずいたりは、したことがありません。
みなさんのおでこにも、第三の目はあります。
大切にしてください。

コメント

カテゴリ: IP: 101.

福さん、コメントありがとうございます。

第三の目、開くといいですね。

それがかなうことをワクワクしながら、想像してみてくださいね。

その決断さえも

カテゴリ:恋愛、結婚

ここ数ヶ月の間に、若い方の離婚問題に触れる機会がありました。
そこで、さまざまな学びを得ることができました。
結婚した子どもを持つ親のあり方、そして、当事者が何に向き合うか、など、です。
先日、私は、実現可能な理想をセッションでお話する、と書きました。
それは、人生のあらゆる面に関わることで、夫婦の問題、親子間のことも例外ではありません。
実現可能な理想を実現していくには、やはり、自分の足で、この人生を歩むことが求められます。
離婚についても、その決断は、当事者である自分自身が出さなければなりません。
周囲の人々に問題解決のアドバイスをもらっても、それを鵜呑みにするのではなく、それを踏まえて、最終的には、自分が決断することです。
実現可能な理想をほんとうに実現させるには、人生の決断を他人にまかせてしまう、という姿勢は捨てることです。
その観点から、巣立った子どもへの親の接し方も見えてきます。
実現可能な理想は、純白な自由を連れてきます。
離婚も、人生経験の一つです。
学びがいっぱいです。
まずは、離婚するのか、しないのか、その決断は自分がくだす、と宣言しましょう。

故人の様子

カテゴリ:死の世界

同じ分野のご相談を受けて、それへの返答を重ねると、「こういう風に言えるかも」と、ある仮説が得られます。
その一つとして、故人の様子を取り上げます。
仮説は、「亡くなって、この世に何らかの気持ちや未練を残していると、もう体は無いのに、私は、体がある状態で感じられ、その思いが薄くなればなるほど、その気配は、人型では感じられなくなる」です。
もっと短く言えば、「亡くなって、この世に未練があれば、その方の気配は重くなり、その思いが薄ければ、気配は軽くなる」です。
それは、セッションで故人の様子を語り続けて得られたもので、仮説ではありますが、確信でもあります。
私自身の体験では、ある方に、とても久しぶりにお電話をした時、その方のそばで、受話器に耳をくっつけるようにして話の内容を聞いている、その方のご主人の姿を感じて、その様子がとても気になったので、
「ご主人様、お元気ですか?」と、尋ねました。
すると、「主人は、つい先日、亡くなりました」と答えられました。
ご主人は、亡くなったばかりで、気持ちは、まだ、おうちにいて、奥様のことを気にかけていたようです。

健全な人生のために

カテゴリ:自分育て

時々、社会問題として取り上げられるものに、「洗脳」という言葉があります。
洗脳とは、する者がされる者を支配することですね。
どうして、洗脳するのか?
それは、する者が極端に愛に飢えているからです。
その飢えを満たすために、自分の指示に相手を従わせるのです。
愛に飢えまくっている存在は、真の教祖ではありません。
また、目に見えない高い存在も、愛に飢えてはいません。
ですので、高い存在、ガイドが、私に「ああしろ、こうしろ」と、事細かに指示を出すことはありません。
もし、そういう指示を聞いたら、それは愛に満ちたガイドではなく、愛に飢えた憑依霊です。
そして、洗脳されないためには、洗脳されないようにしなくちゃ、と、硬くなることよりも、自分に愛を与えてあげることです。
自己愛を、悪く書いたり、言う人もいますが、健全な人生のために、自分に愛をあげる、やさしさ、を忘れてはなりません。

連動し合って変化が起きる

カテゴリ:人生論

セッションでリピーターさんとお会いすると、人生は変化するもの、とわかります。
それは、その方が単独で変化しようとしているのではなく、その方の周りの人々も変化しようとしている、そして、その方が身を置く環境も、何らかの変化の時を迎えている、と、気づきます。
見方を変えれば、周囲の人々、あるいは、環境が変化をする時、私も変化の時を迎えている、と、なります。
それらは、私たちは、自分一人では生きられなくて、多くの他者とともに生きていくことが宿命だから、ですね。
私たちの人生は、多くの人々と連動し合って成り立っているので、身に起きる出来事には、やはり、意味がある、無意味な偶然は無い、と言えそうです。

今、友人が少なくてもいいじゃないか。

カテゴリ:人間関係

最近、「友人が少なくて」という言葉を何度か、耳にしました。
そう言われる方々は、善良な方々です。
おそらく、友人が多い方が、少ないよりも人間力がある、という、世間体=呪縛が、そう言わせるのでしょう。
しかし、友人って何だ?という問いに、明快で、明確な返答は無いでしょう。
また、友人の数をお上に申告しなければばらない、わけではありません。
友人の多そうな人と比べると、その数が少ない感じの私を、そんなことくらいで、やっつけないでください。
私たちは、変化する生き物です。
友人が少ない、と断罪してしまうと、そのままの状態で固まってしまいます。
今の意識が、明日も、そのままであるかどうかは、わかりません。
物事のとらえ方も、1年後には、ずいぶん変わっている可能性もあります。
その流れの中で、友人関係も変わっていきます。
これまで仲がよかった人と疎遠になることも有り得ますし、新たな友情が芽生えることも有り得ます。
今は、友人の数が少なくても、いつの間にか、多くの友人に囲まれていることだって、有り得ます。

是非、体感してください!

カテゴリ:仕事

セッションでは、いらしていただく方が主役です。
私は、セッションの中で、いらした方に集中し続け、メッセージをお届けします。
そのためでしょう、暑くなります。(部屋は、快適な状態にしていますが)
いらしていただいたあなたと一緒に、すばらしいあなたの物語を見つめます。
セッションを通して、ご自分を大切に思う気持ちを抱いていただきたいと願います。
その思いは、人生に生きがいをもたらします。
その思いがあれば、人生を自らの足で歩む実感が得られます。
あなたの、熱い感動物語を、是非、体感してください!!

仕事が暇になった時

カテゴリ:仕事

仕事が忙しいのは、結構なことでしょう。
充実感と達成感を味わえます。
しかし、仕事が暇になると、私たちは、ハッピーではいられません。不安を抱えます。
そこで、その不安を抱えた方々が、セッションを受けにいらっしゃいます。
一見、不幸な、暇になった時の過ごし方に焦点を当てると、その後の人生の先行きが変わります。
仕事が暇になって、時間ができた時、その時間を何に当てればよいのでしょう。何に使えばよいのでしょう。
セッションでは、その時間を自己との対話に当てましょう、と、提案ています。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu