私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


本物の成功

カテゴリ:次元上昇

これから新たに始めようとすることが、果たして成功するのか?と思うのは、きっと誰にでもある感情でしょう。
しかし、成功することが初めからわかっているものなど、一つもありません。
その成功へ向けての一歩、一歩が、成功を引き寄せるのです。
セッションで、ただ、「成功しますか?」と問われても、答えは、「わかりません」です。
セッションでお話できるのは、どうしたら、、その成功を引き寄せられるのか、です。
成功できる、成功することが約束されている、と言われれば、それに取り組む、というのは、人生全般の取り組み方として、間違っています。
そして、その疑い深い姿勢では、成功は遠ざかります。
ほんとうに望むものは、手に入るように、成功するように、できています。
成功したい方は、どうぞ、「成功するのだろうか?」という疑念を捨ててください。
その疑念を捨てられる願望こそ、成功を待ちわびている、本物です。
本物の成功を手に入れる人生にいたしましょう。

セッションが教えてくれること

カテゴリ:仕事

ここ数日のセッションで、いくつかの尊い学びがありました。
それは、「どうしたらお金の面で裕福になれるのか」、「どうしたら、思い描く夢を実現できるのか」、そして、「意欲を持って生きることの重要性」です。
セッションでは、そのような学びの実践について、いらしていただく方々、お一人、お一人に、もっともピッタリくる、ヒントやアドバイスをお渡ししています。
その実践を通して、いらしてくださる方々は、変化=成長、されるのでしょう。
また、セッションを重ねれば、重ねるほど、私たちにとって大事なのは、「気持ち」なんだ、と納得いたします。
さらに、気持ちと行動は、ワンセットで、やはり、人生は、行動することの上に成り立つとも実感しています。

ボヘミアングラスを見ました。

カテゴリ:趣味

本日は、六本木のサントリー美術館で、「ボヘミアングラス 耀きの静と動 プラハ国立美術工芸博物館所蔵」を見てきました。
ガラス工芸は明るくないのですが、以前、ベネチアングラスの展覧会へは行ったので、今度は、ボヘミアングラスを見ようと思いました。
ボヘミアングラスは、13世紀頃から製造が始まったそうで、この展覧会では、15世紀頃から現代に至るまでのボヘミアングラスの変遷をたどれます。
涼やかな耀きを見ていると、暑さを忘れます!
また、豪華なガラス製品が、その当時の貴族の食卓を飾っていたのかな、と想像するのも楽しいです。
私は、日頃から、いかに心に余裕を持つか、を、大切にしていますので、こうした展覧会に足を運ぶのは、そのため、なのですね。
中世の貴族の優雅な暮らしを感じながら、「私は、”心の貴族”だな」、「うまいこと言うな」なんて、一人、悦に入りながら、最後は、現代の作品を見ました。
ダイナミックなものが多かったのですが、最後の「ハート・チャクラ」という作品は、見た瞬間、うるっときました。

宝の扉を開けるカギ

カテゴリ:過去生

セッションで、私が語る過去生を、意外な驚きで聞かれる方もありますし、たとえば、幼い頃、夢で見た、とか、なんとなく興味を持っていたことを過去生として今回、聞いた、など、納得の表情の方もいらっしゃいます。
また、過去の人生で、一生懸命に取り組んだことを、今回の人生でも引き続き取り組んで、さらにそれを発展させようとしている、ということもありますし、あるいは、過去によく取り組んだので、今回は、そのまったく反対のことにチャレンジしようとしている、と語ることもあります。
そういったことが複雑に絡み合うのが、私たちの過去生と言えて、なかなか、そこに、すっきりとした法則を見出すことはできません。
この先、もっと、もっと多くの過去生に触れれば、少しは、法則的なものが見えてくるかもしれませんが、それでも絶対的なものはない、と感じます。
その点で、私たちは、とても、とても、複雑な生き物とわかります。
そして、今を生きる私にもあなたにも、未知の可能性が山ほど隠れている、とお伝えします。
お宝は、私の中に眠っているのですよ!!
過去生は、その扉を開けるカギですね。

安心の人になる

カテゴリ:人間関係

私たちは、多くの他者とともに生きていくのが、宿命です。
人との関わりを無くしては、人生の成功は有り得ません。
人間関係を円滑に結べる人が、人生の勝者でしょう。
そこで、どうしたら、勝者となれるか、ですが、
他者へ安心感を与える人になる、ことです。
私たちは、不安でいっぱいです。
その上に、さらに不安を重ねようとする人のことを信頼したり、好きになったり、は、有り得ません。
安心の人になることを念頭に置いていただいて、人生に損はありません。

もう、見えてはいない。

カテゴリ:死の世界

セッションでは、亡くなられた方の、臨終の時の様子の意味や、その時、その方が何を言おうとしていたのか、についてお話することもあります。
その中で、その時、何を見ていたか、に注目したことがありました。
そこで、お伝えした内容が、とても印象的で、そのことから、「亡くなる時は、もう、目は、見えてはいない、見てはいない」と理解しました。
この目は、生きている時のためにあるんですね。
当たり前のこと、ですが、深いものがあると感じます。
死への旅立ちの時には、これまで、たくさんのものを見てきた目は、見えなくなっている、見る、という役割を終えようとしている、のです。
そのことから、目も、手も、足も、肉体すべてを、生きている間は、よく使わなくちゃならんのだよ、と、強く、はっきりと言いましょう。

肝心要を知っていただく。

カテゴリ:仕事

セッションへは、リピーターさんと、今回のセッションが初めての方が、いらっしゃいます。
セッションでは、ご質問の内容に制限を設けてはいませんので、さまざまなお話をうががいますが、初めての方々には、今回の人生の目的や使命について、過去生を絡めながら、言及することは、よくあります。
それは、いわば、私として、この人生を歩む上での肝心要(かんじんかなめ)の部分です。
それを知っていただくと、これからの人生で生じる、迷いや苦悩に対処しやすくなると思います。
迷いや苦悩を抱えた時は、その肝心要にもどれば、そこでの学びを手に入れやすくもなるでしょう。
その肝心要を知っていただくと、人生が変化していくことが怖くなくなります。変化を楽しめます。

開眼

カテゴリ:不思議な世界

もう10年以上も前のことですが、ある日、自宅の一室で、黒い甲冑をまとった4人の武者が、私の帰りを待っておりました。
夫の家のご先祖様との出会いは、その日から始まりました。
900年ほど前に生きた、その方々の話を、それから何度か聞くようになり、それを夫へ伝えていましたが、先日、夫が、開眼とも呼べるような、重要な確信を得ることができました。
それは、そのご先祖様から脈々と受け継がれてきた、心の有り様への気づき、でした。
これまで、その方々から、うちの息子へ、ある象徴的なものを賜っていたのですが、その意味するところも、今回の夫の開眼で、すっきりと、腑に落ちました。
大変、ありがたいことです。
お盆ですので、先祖供養への関心が高まりますが、先祖あっての私、と、感謝をいたしましょう。
夫のご先祖様との出会いは、夫と私の浅からぬ縁も浮き彫りにしました。
夫と私は、過去生でのつながりもあるのですが、今回、出会ったご先祖様と、私の父方の先祖は、同じ武士のグループで、同時代に生きた人々でもありました。
父方は、もう終わりです。(私たち姉妹も、いとこも全員、女性で、みな、嫁ぎましたので)
しかし、こうして、同族の夫のご先祖様を供養させていただくことで、私の父方の先祖へも、その光が届くんじゃないか、そう意識させていただこうと思います。
知らなかったけど、このように、夫との縁も、はるか昔からあったんだ、と感慨深いです。

柔軟性があっていい

カテゴリ:死の世界

午前中、お墓参りに行きました。
果たして、お墓に故人がいるのか?、ですが、答えは、NO、となりますね。
故人がお墓でじっといる、とは、言い難いです。
それでは、お墓は、誰のためにあるのか?、ですが、それは、生きている人のためにある、と答えます。
生きている私たちは、お墓参りをして、気持ちがすっとしたり、日々、いろいろあるけど、何とか前を向いて歩いていこう、と思えれば、それでいい、そういったことのためにお墓はある、と、感じます。
ですので、時代が進めば、お墓のあり方も変化して当然でしょう。
供養とは、まずは、一生懸命に生きること、そして、故人への気持ち、でしょう。
気持ちを込めて、その方のことを想うこと、が、大事と思いますが、それも、常にそうしなければならない、と、いうわけではありません。
この世も、あの世も、生きている人も、亡くなられた方も、変化していきます。
その流れの中で、お墓参り、供養、お墓のあり方なども、柔軟性があっていい、でしょう。

潜在意識の恐怖

カテゴリ:人生論

今の私の状況は、以前に自分自身が願った通りのありさまです。
そう言うと、「いや、そんなことない。今の状況には、ちっとも満足していない。もっと幸福になることを願っている」と答えるかもしれません。
望まない結果が、実は、自分が望んだものだった??
それは、どういうことか、と言うと、本気で願ったことがかなっている、潜在意識が現実化している、ということです。
表面的な願いは、かなわず、表に出ない潜在的な願望は、かなうのです。
ちょっと怖い話ではあります。
セッションの中で、そのことに気づいて、はっとすることがよくあります。
いらしてくださる方々も、セッションが、ご自身の潜在意識を認識する場となっているようです。
潜在意識の恐怖におびえないためには、目を向けるのは、自分の外側ではなく、内側、一番仲良しになるのは自分自身、対話する相手は、私、と言えます。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu