私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


ウソつきは泥棒の始まり?

カテゴリ:人生論

「ウソをついてはいけない」と、きっと誰もが躾けられてきたでしょう。
ウソをついてはいけないのは、世間、他者に対してですね。
確かに、ウソつきは泥棒の始まり、と言って、ウソをつき続ければ、悪人への道、まっしぐら、という面もあります。
でも、これまでずっと善良な市民として生きてきたのなら、もうそろそろ、ウソをついてはいけない対象者を変えてみましょう。
自分自身にウソをつかない人になりましょう。
それが、大人の特権の一つです。
自分にウソをつかない、自分に正直な生き方は、昨日のブログで触れた、潜在意識と仲良くなる方法でもあります。
悪人になっていない大人の皆様、このあたりで、一番、自分が大事、と、私に言ってあげましょう。
そして、潜在意識と和合して、いよいよ、夢をかなえるワクワクを手に入れましょう。

内的環境

カテゴリ:自分育て

本日のセッションで印象に残った言葉は、「内的環境」です。
これは、自分の内側の環境、つまり、心の持ち方を指したものです。
心の持ち方を変えれば、外側の環境も変化します。
しかし、心の持ち方を変えることは、そう簡単ではありません。
心のクセを取ることでもあるからです。
でも、それにチャレンジする意義は大きいです。
わが身を置く、外的環境が変化していくわけですから。
夢や願望がかなう、ステキな人生のために、焦らずに、内的環境を変化させていきましょう。

戦略

カテゴリ:日記

若い頃から、あまり好きではない言葉として「戦略」があります。
最初に勤めた会社が、マーケティング・リサーチ関係だったので、その頃から、クライアントさんへの提案書やプレゼンテーション、また、社内での会話にも、その言葉はよく使われておりました。
まだまだ、社会人としてひよっこではありましたが、その頃から私は、この言葉に違和感がありました。
今日の新聞の、ある書籍の案内文の中に、「人生だって戦略的に考えよう」とありました。
なるほど、知的で、合理的な人生のためには、戦略が必要なんですね。
でもね、戦略が先にありき、の、人生は、味気ないと思うんですよ。
カッコいいかもしれませんが、冷たい感じがしますし、何より、ワクワク感も無いんじゃないか、と心配になります。
実際、人生って、立てた戦略通りには、いかないものですし、だから、そこに、生きる醍醐味があるのではないでしょうか。
かと言って、無計画に人生は歩めません。
計画的な戦略と、「人知を尽くして天命を待つ」的な、相反する二つの軸を持った人生の方が、そのどちらも同等に大切にする人生の方が、タフで、いいんじゃないか、と思いますね。
最初の就職から時は流れ、私は、結婚し、二人の子どもを持って、その間にいくつか仕事も経験し、今に至ります。
そういった人生経験を経て、今では、ますます「戦略」から離れた人生を歩んでいる感じです。

直感

カテゴリ:不思議な世界

残暑お見舞い申し上げます。
昨日は、「戦略」について書きましたが、セッションで、意外に多いのが、「直感力」へのご質問です。
どうしたら、直感が身につくのか、直感が冴えるようになりたい、と、お聞きします。
直感は、いわば、動物的な勘、とも言えます。
そこには、明確な根拠はありませんし、直感が降りように、あらかじめ準備、計画することもできません。
それなのに、直感を得たいと思うのは、おそらく、直感があれば、自分を信じられる、と思うからでしょう。
直感は、何にも邪魔されずにダイレクトに自分に届くので、もっとも信頼できると、とらえるのかもしれません。
直感は、用意周到な戦略的人生の上には、起きにくい現象でしょう。

慈愛に満ちた人になりたい

カテゴリ:自分育て

このブログのカテゴリーの中に、「自分育て」というのがあります。
文字通り、この人生で、いかに自分を育てていくか、が、テーマです。
この人生に、大輪の花を咲かせるのは、私自身、そのように自分をさせてあげるのも、私自身です。
人を育てる時、どのようにすればよいでしょうか。
そこに立てば、自分の育て方も見えてくるでしょう。
私のセッションの特徴は、まさに、この「自分育て」にあると思っています。
自分育てで、大事なことは、生きている限り、育て続ける、ということです。
是非、この視点を人生に取り入れていただきたいと思います。
自分を育てるというやさしさがあれば、他者へも難なくやさしさを渡せるでしょう。
慈愛に満ちた人になれれば、そこには無限の幸福が広がるでしょう。
自分を育て続けて、是非、スケールの大きな幸福を手に入れましょう。

しなやかに幸福になる

カテゴリ:恋愛、結婚

家庭がうまくいっている方は、セッションで、自発的な発言をされます。
前回、うまくいかなかったことについて、今回、どう修正すればよいのかと、とても前向きなご質問を受けたりもします。
家庭は、足元です。
そこがうまくいっているということは、足元が磐石、と言えて、そうならば、安心して前向きになれるでしょう。
家庭を持てば、そこは、家族の足元ととらえて、そこを安定させる努力は必要です。
そう書くと、「当たり前でしょ」と言われそうですが、現実は、そこが不安定な方々が少なくはないと感じます。
そこで、足元である家庭を磐石にする努力の詳細を、セッションでは語ります。
ポイントは、私個人の幸福の希求と、家族全体の幸福の希求のバランスに目を向けることです。
時には、個人としての幸福よりも、家族全体の幸福を優先することもあるでしょう。
しかし、それは犠牲ではなく、その経験も、後々、私自身の幸福に必ずつながります。
犠牲という言葉、そろそろ手放して、磐石な家庭を築き、長い目で、自分の幸福をとらえる、しなやかさを身につけたいものです。

なぜ、それは起きたのか、の背景と意味を語る。

カテゴリ:仕事

身に起きることは、それが現実化するために、それに関わるすべてのものの状況が見事に整う、という下地があるんだな、と、つくづく感じます。
セッションで、その出来事の意味を語る、ということを通して、そう感じています。
また、その意味するところは、私たちの潜在意識に拠ることが多く、表面的な説明では、とても、その出来事の納得には至りません。
セッションで、潜在意識に触れるたびに、その出来事の真相が、ピタリとわかり、その内容に驚愕、驚嘆しています。
一見、いやなこと、大変なこと、なども、それを支えるすべてのものの状況がしっかりと整って、わが身に起きています。
怖いですね。
でも、大丈夫です。
納得のゆく出来事に遭遇するための手立てを、語っているんだな、と、最近、改めて、自分のセッションの意義を確認しています。

幸福の獲得

カテゴリ:人生論

心に余裕を持てば、心身、健康でいられます。
なので、幸福の獲得は、いかに人生に余裕をもたらせるか、が、カギとなるでしょう。
また、生きることは、自分一人だけでは成り立ちません。
同じ時代を一緒に生きる他者との関係を、無視することはできないのです。
そこで、幸福の実現のために、人間関係を絶たずに、心に余裕を持つ方法を探ります。
本日は、その方法の一つとして、「思いやり」を挙げます。
ポイントは、自分から他者へ、思いやりを示すことです。
相手を思いやる言動を実行することです。
すると、相手は、自分を映す鏡の役割を担ってくれるので、私にも同等の思いやりが返ってきます。
思いやりが満ちた社会は、豊かな社会でしょう。
そこに暮らす人々が、不幸なはずはありません。

恋愛も語ります。

カテゴリ:仕事

人間関係の中でも、恋愛関係になる相手とは、やはり、それなりの濃いつながりが見出せます。
そのつながりを紐解いていけば、その関係の意味が浮かび上がります。
また、その意味を知っていただいた上で、お二人が絡む過去生を聞いていただくと、その意味のさらに深い理解が得られます。
しかし、その意味を知っていただいても、その関係をどの方向へ進めていくかは、あなた次第です。
今生で、その関係の結末が、あらかじめ決まっているわけではありません。
セッションで、お二人が出会った意味を知っていただけば、ご自身の相手への想いも再確認できるでしょうし、相手の心理も見えてくるでしょう。

感想をいただきました。

カテゴリ:インフォメーション

先日、セッションを受けてくださった方から、感想を寄せていただきました。
早速、掲載いたしましたので、ご覧ください。
S・Mさん、誠にありがとうございました。
人生は、自分の才能を発掘する旅でもあります。
セッションを受けていただくことで、そこに少しでもお役に立てましたら、大変うれしいです。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu