私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


非凡な人になる

カテゴリ:自分育て

上昇志向が強く、誰よりも秀でていたい、その分野で一番になりたい、成功したい、という望みをかなえるには、どうしたらよいでしょうか。
そういった望みを抱える方は、日々、それが原因で、不安と苦悩にさらされるのに、その望みを無かったことには、到底できません。
そこで、それへのアドバイスをさせていただくのですが、一言で表せば、普通の人のままではダメということです。
普通の人のままでは、秀でることも、一番になることも、かないません。
普通ではない、非凡な人になってこそ、その願いはかないます。
セッションでは、非凡な人としての心の持ち方をご案内しています。

執着とつきあっていく

カテゴリ:人生論

人間にとって、執着は、つきものです。
執着を持たないようにしなければならない、のではありません。
執着とどうつきあっていくかが、重要なのです。
身に起きる良いこと、悪いことの両方に、執着しすぎるのは、やはり、良くはありません。
良い出来事、悪い出来事、への執着は、ともに、私たちの魂の成長を妨げます。
執着へのつきあい方は、いくつか挙げられますが、まずは、今日、一日に集中して生きる、ことをお勧めします。
昨日が、どんなにすばらしい日であったとしても、どんなに悲しい、苦しい日であったとしても、朝、目覚めたら、今日という日に、「出会えてよかった! ありがとう!」と言ってみましょう。

亡き犬に感謝して、発展途上人で生きる。

カテゴリ:日記

今週は、私の53回目の誕生日を含むため、大好きな犬の顔の写真を掲げています。
12歳から15年間、柴犬と暮らしましたが、彼との生活は、思春期だった私の心の成長に多大な影響を与えてくれた、と、亡き犬に感謝しています。
セッションでも、亡くなったワンちゃん、ネコちゃんにアクセスすることはありますが、彼らのすばらしさを、毎回、実感しています。
生き方に迷った時、動物の生き様を参考にすればいい、と、本気で思います。
昨日のブログで取り上げた「執着」も、彼らにはなく、今日一日に真剣に向き合って生きている彼らの姿には、学ぶところが多いです。
人生の師匠は、私の場合、まず、亡き柴犬です!
さて、あっという間に、この年齢となりましたが、若い頃と比べると、生きることが楽になりました。
20代の頃、仕事で、「私は人生経験が足りない、だから自信が持てない」と、よく思っていましたが、おかげさまで、それから今日まで、さまざまな経験と出会いました。
これからも、ますます経験を積み重ねていきたい、と思います。
発展途上でいたいです。
限界を自分に設けない気楽さで、これからも歩んでいきます。

一番に追求したいもの

カテゴリ:人生論

セッションを続けていて、よくあることは、同じテーマに続けて出会うことです。
さしずめ今は、大切な人との関係について、です。
大切な人との心の距離をどのように近づけるか、です。
そこに苦慮している方々は、きっと多いのでしょう。
セッションで、その心の距離の苦悩を晴らす方法を知っていただければ、その関係だけではなく、これからのすべての人間関係に、その方法を応用することが可能です。
そうして、まずは、私がハッピーになれれば、次は、数多くの人々を、同様に幸福へと導けます。
セッションで、奇しくも同じテーマのご相談を受けることが続いたり、その方々の幸福の伝播の意義を意識すると、ああ、やっぱり私たちは、みな、つながっている、と実感します。
ですので、どうぞ安心して、一番に、自身の幸福を追求いたしましょう。

あぶらとり紙をいただきました。

カテゴリ:おみやげ

本日、午後のセッションは、京都の方がお見えになりました。
その方から、「よーじやのあぶらとり紙」をいただきました。
S・Yさん、誠にありがとうございます。
かなり涼しくなりましたが、わたくし、セッション中は体温が上がるのか、汗をかきます。顔もテッカテカになります。
いただいた、あぶらとり紙、使わせていただきます。
さて、セッションは、「お金を中心に、いかに豊かになるか」が、テーマでした。
お金は、ずばり、自分の価値を表します。
ですので、お金に恵まれるためには、自分の価値を高めていく必要があります。
セッションでは、その方法についてお話しております。
世の中が、お金に恵まれる人でいっぱいになれば、すばらしいですよね。
これぞ、「新・黄金の国、ジパング」ですね。

取り戻したい力

カテゴリ:次元上昇

セッションを続けていると、多くのリピーターさんにお会いします。
そこで、人は変われる、と、実感します。
その恵みは、奇跡へのある思いを抱かせます。
奇跡は、めずらしいことで、人生に、そんなには起きないものです。
しかし、それは、正しいものではないのかもしれません。
奇跡は、元来は、しょちゅう起きるもの、起こせるものなのかもしれないのです。
その力を本来、私たちは持っているにもかかわらず、余計なもので、それを覆ってしまっている、それが、現実なのかもしれません。
私のセッションは、その元々の現実への橋渡しになっている、と、感じています。
奇跡を起こす力を取り戻しませんか?
まだまだ、私たちには、未発掘の能力が潜んでいるようです。

潜在意識が現実化させている

カテゴリ:身体

最近、自宅のそばで、片足だけ靴下をはいたおじいさんに、よく会います。
会う時、必ず、片足だけ黒い靴下をはいて、もう片方は、素足で、サンダルばき、なんです。
ファッションなのか、それとも ・・・・・・ ??
その感じで、いつもぼーっと歩いているので、ボケちゃってるのかも、どこ行くんだろ? 大丈夫? と、考えてしまいます。
年を取ると、ボケることに無関心ではいられなくなりますし、セッションでも、ご高齢の身内の方が、その症状で、そのことを心配されている、などの話題が出ることもあります。
ボケないでいたい、ですよね。
そのための方法を、食事や生活面で、見聞することはありますが、セッションでの経験から、私は、ボケる人は、ボケたかったんだな、と、感じます。
そう望んだ結果が、そうなった、ということです。
そう書くと、怒られそうですが、そこにも潜在意識が深く関わっています。
表面意識では、ボケたい、なんて、断じて思わないのですが、潜在意識は、自分でも気づかないうちに、そう願って、願い続けて、その結果をもたらせます。
(表面意識と潜在意識のその大きな乖離にこそ、その人の、この人生の生き様が浮かび上がるのです)
心と体の密接な関係、心身の健康について、潜在意識の存在を、まずは第一にとらえる視点が必要と、強く思います。

親子間のひずみに苦慮したら・・・。

カテゴリ:親子

子どもは、親に、無条件で愛してほしいと望んでいます。
その願いを完璧にかなえてあげられる親は、実は、どこにもいません。
そのひずみが大きければ、大きいほど、親子の間の苦悩は深まります。
親の立場、子の立場、双方ありますが、子の立場で、そのひずみに苦しんでいる方々のお話をお聞きすることは、めずらしくはありません。
子は、どんなに大きくなっても、その親の子どもでいたいものなのかもしれません。
その親子関係をやめろ、とは言いません。
その関係を解消せずに、その苦悩から逃れることをポイントに、メッセージをお渡ししています。
すでに大人になった私だからできる「自分育て」をご案内しております。

活躍と苦悩と昇華への努力と。

カテゴリ:自分育て

このところ、「女性の活躍」という言葉をよく耳にします。
それは、うれしいことです。
男性はもちろん、ますます女性も活躍できる社会の実現は、世の中に豊かさをもたらすでしょう。
セッションへは、活躍されている女性、活躍したい女性の方々がいらっしゃいます。
みなさん、苦悩を抱え、それを吐露されます。
そこから、活躍には、苦悩が付き物なのだな、と感じます。
その苦悩を喜びに昇華した時、その方の、その方らしい活躍が待っているのだな、とも。
その昇華への努力が、活躍には、必要なのですね。
その努力の過程が、実は、人生の醍醐味でもあるのですね。
努力無しで、活躍の場が自分に用意されることはないのですね。
「女性活躍」が謳われている今、その実現に向けて、苦悩を恐れず、昇華への努力に勤しむ勇気を、女性の皆様に持っていただけたら、と願います。

思考と現実

カテゴリ:次元上昇

思考は現実化」します。
思考は現実化するのなら、今、私たちの目の前に起きていることは、私たちが以前、思考したものの結果です。
目の前の出来事をどのようにとらえますか?
満足でしょうか?
それとも、満足には、程遠いのでしょうか?
私は、満足の結果となるように、「苦」のとらえ方を刷新したいと考えています。
その内容について、今、まさに思考しているところです。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu