私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


生と死と。

カテゴリ:人生論

私は、この12年間、「死」というものと無関係ではありませんでした。
それは、セッションで、亡き方からのメッセージや、ご様子をお伝えしたり、ご相談者の過去生をお話してきたからです。
こんな仕事をしなければ、おそらく私は、「死」というものを身近には感じなかったでしょう。
しかし、仕事でも、そして私的なところでも死者との接触はありますので、生を考える時、合わせて、死のことも思索するようになりました。
生と死は、つながっています。
よく生きることは、よく死ぬこと、です。
この生と、のちの死が、次なる生を生み出します。
今は、どのように生きるか、いかに長生きするかが注目されますが、同様に、死へも関心を持っていただきたいです。
生と死、その両方を大切にすれば、より一層、この人生は輝くでしょう。

幸福が寄り添う

カテゴリ:人生論

私は、仕事場までバスで通っているのですが、今日の行きのバスの中で、前の席に座っている方が、2回、立っている人に席を譲ろうとしました。
一人目は、荷物を持った年配の女性、二人目は、おなかがふくらんだ妊婦さん。
なんと、その2回とも、断られていました。
断る方にも、それなりの理由はあるのでしょう。
譲ってくれようとしている人に遠慮して、悪いと思って、はたまた、ありがた迷惑、ということもあるのかもしれません。
しかし、2回も断られた方は気の毒です。
これは幸福論になりますが、人からの厚意を有り難く、素直に受け取った方が、幸福の幅が広がって、その後、幸福に恵まれる可能性が広がるのではないでしょうか。
席を譲ろうとした、その方の厚意を素直に受け取ると、その方は喜びに満たされます。
そうして他者を幸せにする人には、幸福が寄り添ってくれるでしょう。

立場の経験

カテゴリ:自分育て

昨日は、幸福論の一端について書きましたが、その視点で、セッションでのご相談内容を見てみると、また昨日とは異なる一端が表れます。
それは、自分が置かれた立場から逃げないこと、です。
複数の集団に属しながら生きる私たちは、その中で、さまざまな立場を経験します。
その一つ、一つの立場を受け入れ、それらに真摯に向き合うことです。
属する集団の中で、何か問題が起きる時、それは、そこでの自身の立場のあり方が、問われている可能性があります。
立場の経験は、魂を磨くことです。
魂を磨き、その成長の過程に、幸福が訪れます。

磨きたいもの

カテゴリ:人生論

今、私たちに試されているのは、「バランス感覚」かな、と感じます。
相反する両軸の間を柔軟に行ったり来たりができれば、バランス感覚は良い、となるのでしょう。
何か問題が生じる時、バランスが悪いのかもしれません。
個人の自由が保障されている現在、「個」と「全体」という両軸の間に立つ私たちは、知らず知らずのうちに、「個」の方へ寄ってしまっているのかもしれません。
人生につきものの悩みは、そのせいかもしれません。
「個」に寄って行き詰まったら、「全体」へ目を向けてみると、何かしら突破口が見出せるかもしれません。
融合の時代の、より良い人生のために、バランス感覚を磨きたいものです。

彼岸の中日

カテゴリ:死の世界

今日は、彼岸の中日。
お墓参りに行って、手を合わせた方もいらっしゃるでしょう。
先祖に手を合わせる時、何を思うでしょう。
その中身は、特にこうでなければならない、といったことはありませんが、あまりにも強く自分や家族を守ってくれるようにお願いしたり、抱える願望の成就を願ったりするのは、良いとは言えません。
お願いされる先祖は、困惑します。(困惑した故人に以前、会いました)
亡くなったら、生きていた時よりもパワーが勝るわけではありません。
亡くなっても、生きていた時の延長と言えばいいでしょうか。
ですので、やはり、先祖に手を合わせたら、自身の人生をしっかりと歩んでいきます、と伝えるのが、一番の供養でしょう。

秋の花々を撮りました。

カテゴリ:趣味

台風の影響が出ないうちに、と、午前中、お花の写真を撮りに行ってきました。
今回は、コスモス、小菊、ダリアなど、100枚ほど、またまた夢中になって撮りました。
コスモスは、素朴で可憐ですね。
ダリアは、ダイナミックで、エネルギッシュ。キク科だそうです。(知らなかった)
お花を見ると、季節の移ろいを感じます。
花の写真は、このブログを始めた頃、文字ばかりじゃ味気ない、と、添えることにしたのですが、今では、無くてはならない存在となりました。
ブログ、いつまで続けられるかわかりませんが、お花とともに楽しみたいと思っています。

自信のある提案

カテゴリ:人生論

人生で大事なことの一つは、「あきらめない」ことでしょう。
夢がかなう前にあきらめてしまっては、その夢は、かなうはずはありません。
したがって、夢がかなうまで、あきらめないことが重要です。
それには、タフな心が必要です。
時には、あきらめてしまった方が楽な場合もありますから。
タフに、あきらめないでい続けるには、現状を受け入れる、という姿勢が必要です。
現状を受け入れながら、あきらめないでい続ける ・・・・・ そのバランスが問われます。
望まぬ現状は受け入れがたく、その状況に背を向けてしまうと、その先の夢も、早々にあきらめてしまうことになりかねません。
現状を受け入れながら、夢の実現まで、あきらめずに進んでいく。
この柔軟な生き方を、是非、実践してまいりましょう。
(この生き方の提案は、これまでのセッションの経験から紡いできたもので、私としては自信があります)

骨折り損のくたびれもうけ?

カテゴリ:親子

今月は、「親子関係」のお話が多かったように感じます。
それも「母子関係」です。
子どもにとって、おとうさんも、おかあさんも、どちらも大事ですが、しいて言えば、おかあさんの役割は、とてもとても大きいです。
その意味では、女性は母親になったら、子どもを育てるという、大きな仕事に全力で臨まなければなりませんね。
その中で、いろいろと悩んだり、迷ったりすることもあるでしょう。
しかし、その時こそ、母親にとっても、子どもにとっても、たくましく、大きくなれるチャンスです。
子育ては骨が折れる。でも、「骨折り損のくたびれもうけ」ではありません。
その分、ちゃんと人間として、成長できるのですから。
母親は偉大なのです!

輝きが世界をつくる。

カテゴリ:仕事

ある雑誌をながめていたら、「あなたの輝きが、この世界をつくっている。」(FOREVERMARK)と、書かれていました。
そのコピーに釘付けになりました。
それが現実になればいいな、と思いました。
そのために、私は、こういうことをしているんだな、と感じました。

ご自愛ください。

カテゴリ:次元上昇

時代の変化の大きなうねりを感じますね。
世の中、いろんなことが、これでもか!とばかりに起きています。
そんな時は、わが身にもいろんなことが起きやすいです。
思いもよらなかった、青天の霹靂、と感じるような、大きな変化を経験しやすいでしょう。
私も、今月、そのようなことがありました。
そのようなことが起きると、心は揺れやすいです。
心が揺れるのは、疲れることです。
そんな時は、どうぞ自分にやさしくなってあげてください。
ご自愛ください。
そうして、このうねりを乗り越えていきましょう。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu