私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


エネルギーは結界

カテゴリ:不思議な世界

ご相談にみえた方に「人の生き死にがわかるんですか?」と聞かれました。

いつも人をそんな目で見ているわけではないので、いつもそれがわかる、ということではありませんが、答えはYESです。

人のどこを見ているのか、と言われれば、その人を取り巻いているエネルギー(オーラとも言います)と答えます。

生命エネルギーにあふれる人のエネルギーは、構成している粒子がきめ細やかで、ぎっしり詰まっています。
そして、弾力があります。

なので、何がその中に入り込もうとしても、その弾力やスキのなさが阻みます。

それを「結界」とも言います。
生きるエネルギーがしっかりある人は、この結界がしっかりとしているので、命を落とすことに遭遇しにくい、とも言えます。

死が近い人は、その逆の場合、です。

実際には見えませんけど。。。

狼狽、そして復活

カテゴリ:日記

昨日は、設備障害とやらで、このブログの更新ができませんでした。

私にとっては、ほぼ毎日、ブログを書くことが日課となっていたため、昨日は、「ええ、なんでええ、、、」と書けないことにうろたえておりました。

思えば、12歳から子どもが生まれるまで、延々と日記を書き続けてきた(その後は、忙しさにかまけてやめてしまったけど)こともあって、何か文章を書かないといられない、タチなんです。

文章中毒、かも、しれません。
そのことを昨日は実感しました。

昔、あの船井幸雄先生から「文章を書けるチャネラーはめずらしいよ」と言われたことがあります。

他のこういった仕事をしている方々のことはよく知りませんが、自分では、これがあたりまえです。

何でも、物事は良い方に判断した方が人生は幸せなので、昨日の狼狽も、その中毒から、ちょっと心をはずして、息抜きしたら?と言われたんだな、と今朝、思いました。

でも、こうしてまた復活しましたので、これからは、いつものように書き綴っていこうと思います。

子どもの頃の夢

カテゴリ:自分育て

私は、小学校1年生の時の作文に「作家になりたい」と書きました。
その当時から、文書を書くことが好きだったからです。

自分の適性を考える時、7、8歳頃の、こういった「将来の夢」の記憶に大きなヒントがあります。

「あの頃は、子どもだったから・・・」、「世の中のことを何も知らないで、ただ思いつくことを書いたから・・・」と、その頃の自分を大人になった私たちは否定しがちです。

しかし、社会を何も知らない無邪気な頃だったからこそ、他人からの視線や世間体など気にすることもなかったからこそ、何にも縛られずに、自分の心の中を素直にストレートに書くことができたのです。

だから、もっとも自分の適性を的確にとらえている、と判断できます。

その頃の夢を思い出せたら、それをかなえるための、あるいは、それと近い進路を歩むための努力は、きっとこれからの人生を輝かせてくれるでしょう。

人生に夢中になれるでしょう。
生き甲斐が生まれるでしょう。

正月休み、ちょっと時間があったら、あの頃の作文を探してみてはいかがでしょう。

きっと、力強い生きるヒントがもらえると思います。

優柔不断を認めて

カテゴリ:次元上昇

2000年になって言われたことは、私たちは新しい時代を迎えた、ということでした。

それまでの分離の時代から、「融合の時代」に私たちは足を踏み入れたのです。

時代のいろいろな面で、その融合は進むのですが、私たち、一人ひとりに目を向けると、かつてのように自分をそんなに決めつけることはない、と感じます。

何でもテキパキと結論を導き出せることは、確かにすばらしいことではありますが、それができない時もあります。

結論を出したいと望んでも、なかなかそうはならなくて悩む日々もあります。

それをどうにか形を決めなくては、と思わず、そういう時もある、と認めてあげれば、自分自身の融合がはかれます。

優柔不断を受け入れてあげるやさしさが今、大切ではないでしょうか。

優柔不断を認めれば、テキパキとテンポよく物事を判断できる自分もちゃんと存在するようになります。

私たちの中の融合が進めば、時代全体のあらゆる面で融合が進むでしょう。

仕事の意義を感じる時

カテゴリ:過去生

このところ毎日、過去生(前世)を知りたい、というリクエストをいただいて、お話しています。
今日も話しました。

それで、過去生の話を聞かれて、涙が出る方が結構いらっしゃいます。

悲しいわけでもなく、ただ、涙が頬を伝うのですが、それは、その話がその方の心の琴線に触れるからでしょう。

そんな時、過去生はやっぱりあるんだな、と実感します。
それを仕事としている私が、今さら言うのも何ですが・・・・・。

そして、自分の仕事の意義を感じます。

クリスマス・イヴ☆

カテゴリ:日記

今日は、チャネリングがないので、午前中買い物に行きました。
クリスマスケーキを買い、夕飯の大量の買い物をしました。

今月は、明日に迫った娘の吹奏楽の定期演奏会のため、娘は朝6時に家を出て、夜10時に帰ってくる日々でした。
私もそれに合わせて、弁当作ったり、で、本当にバタバタでした。

それで、なんだかクリスマス、という感じがありません。

でも、下の息子はちゃんとケーキを食べて、それらしい食事がほしい、らしいのです。
そして、中1なのにプレゼントも!

夕方から、1kgの鶏のから揚げ、作ります。
サラダとコーンスープも。
もう食堂のおばちゃん、状態です。

それで、前にキリスト様は、いったいどんな人だったのかな、と焦点を合わせてみたら、髪は黒色で、肌は日焼けしているのか、褐色で、たぶん目の色も黒かったように感じました。

大柄な感じでもありました。
やせていたけれど、筋肉質な感じでした。

これはあくまでも私の感覚ですので、それが正しいとは言いません。
あしからず。

メリー・クリスマス☆

カテゴリ:自分育て

子どもの頃は、いい子にしていたら、サンタさんがちゃんとプレゼントを枕もとに置いてくれました。

大人になった今、クリスマスの朝、目覚めても、プレゼントはありません。
(もらえるハッピーな人もいるでしょうけど・・・・・)

サンタさんは、子どもにだけやってくるもの、なのかもしれません。

でも、大人だって、一生懸命生きていたら、それに対して何かプレゼントはほしくなると思います。

子どもと違って、お金を持っているから、自分にプレゼントしてもいいし、「よくがんばったね」と声をかけてあげるだけでも、大きなプレゼントになります。

今日は、そんな、自分に声をかけてあげる日にしてはいかがでしょう。
今朝、枕もとにプレゼントがなかった大人の方、是非、声かけてあげましょう!!

親子の愛の受け渡し

カテゴリ:親子

昨日と今日は、娘の高校、吹奏楽部の定期演奏会です(ミューザ川崎、17時半から)

それで、私は昨日、見に行きました。

公演を終えて帰ってきた娘は、「私、どうだった?」と聞いてきました。
それは、明らかに「すごくよかったよ」などと、ほめてほしいから、そのような言動になるのですね。

でも、私は、ついつい目についたところを指摘してしまいます。
娘は、期待はずれのことを言われて、むくれていました。

それが親、ですよね。

たくさん親子の関係に関するご相談を受けて、どれほど子どもは、親にほめてほしがっているか、を身にしみてわかっているつもりでも、我が子には、なかなかそうはできないものですね。

親子間で、愛情の受け渡しがうまくいっていないと、親が亡くなったあと、きょうだい間で遺産相続の争いが起きることもあります。

その時のお金は、親の愛情なんです。
だから、きょうだい間で、それを奪い合ってしまうんですね。

今朝、下の息子に、ぼそっと「おかあさん、ほめてから、注意すればいいんだよ」と、姉への指摘について、注意されました。
よほど、中学生の方が、わかっています!

自分を愛してください。

カテゴリ:自分育て

今、何が必要か?と問われれば、「愛」と答えます。
それも、自分への愛、自己愛、です。

多くの人々が、自分を愛することを、いけないことのように感じています。

自分を愛すよりも、他者を愛さなければならない、と呪文のように自分に言い聞かせています。

しかし、私たちは、愛されているという実感がないと生きていけません。

自分への愛が少ないと、どうなるか・・・・・?
愛がほしくてたまらなくなります。

それで、その愛を他者から得ようと必死になります。
でも、他者は、あなたがどのくらい愛をほしがっているのか、がわかりません。

愛をくれると信じた相手が、自分の思う通りの愛をくれないと、期待が大きかった分、失望も深くなります。

そして、「信じた私が馬鹿だった」、「あんな人とは思わなかった」と、自分を愛の被害者に追いやってしまいます。

被害者の立場にいると、なかなか主体的に前向きな人生を歩むことは困難です。

今、厳しい時を迎えています。
そこで、私たちが試されていることがあるとするならば、「自分を愛せますか?」ということでしょう。

世界でただ一人、の自分を愛してください。
そこに、この現状を打破する力が潜んでいます。

おみやげ

カテゴリ:おみやげ

本日、チャネリングを受けた方から、おみやげをいただきました。
ありがとうございます。

うちの子どもたちへ、と、気遣ってくださいました。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu