私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


体の左側

カテゴリ:身体

体を真中から半分に分けて、左側は、女性性を表します。

人間は、性別にかかわらず、男性性と女性性の両方を持ち合わせています。

女性で、体の左側が不調になったり、病を患ったりしたら、ご自分の中の女性的な部分を嫌っている、あるいは、あまりよく思っていない、と判断できたりします。

そんな見方もあるんですよ。

実る努力

カテゴリ:自分育て

努力をするなら、実らない努力より、実る努力をしたいものです。

しかし、現実には、なかなか努力は実らない、と嘆く人がいます。

それでは、どうした努力を実らせることができるのでしょう。

答えは、簡単です。
自分の気持ちが「OKサイン」を出すものに取り組めばいいのです。

すると、本気になれます。
本気の努力は実るようにできています。

そして、もうワンポイント。
努力した結果がすぐに出る、と思わないこと、です。

私たちは、全体的にすぐに結果を求めて、あせってしまう傾向にありますが、すぐに結果が出る場合もあるし、ちょっと後で、ずっと後で表れてくるものもあります。

「グット・タイミングで努力は実る」のです。

これからの時代、自己犠牲的な努力よりも、自己を生かす努力は実りやすくなるでしょう。

新しい年、実る努力をはじめませんか?

追伸、お知らせ

カテゴリ:インフォメーション

私は、仕事も生活の一部なので、特に決まった休みはありません。

チャネリング、それに付随する仕事も含めると、ほぼ年中無休、なので、この年末年始も、お休みします、では、ありません。

夫といっしょに運営している会社も、ほぼ年中無休です。

なので、チャネリングのお申し込みへのお返事も通常通り、出させていただいておりますので、よろしければ、お申し込みください。

セッション最終日

カテゴリ:日記

さきほど今年最後のチャネリング・セッションが終わりました。

今年もこの仕事をさせていただきまして、誠にありがとうございました。

今年、セッションを受けて下さった方々、ほんとうにありがとうございました。

最初は自宅で、月に7人くらいの方々のセッションからスタートしましたが、現在は、その頃の約3倍の方々とお目にかかっています。

それで、たぶん、1500回以上のセッションをしてきました。

日々のこの仕事の経験から、このブログやメルマガのテーマが生まれています。
そのことから、やはり、経験が大切、と実感しています。

来年は9年目です。

社会も大きな変化を迎えていますが、私自身にも変化が訪れるでしょう。
そんな気がします。

来年もこの仕事を続けていきながら、その変化を楽しみたいと思います。
来年もよろしくお願いいたします。

大みそか

カテゴリ:日記

ほんとうにあっと言う間に今年最後の日となりました。

今年は、あわただしい1年でした。

子どもたちが、それぞれ小学校、中学校を卒業し、中学、高校へと進学しました。

うちの子どもたちは3歳違いなので、卒業と入学が同じ年に重なるんです。

それで、高校生の娘の吹奏楽の部活が、ほんとうに練習や演奏会が多く(海外へも行きましたから)、早朝から弁当を作る日々でした。
この年末年始も、娘は休みが少なく(今日から1月3日まで)、そのため家族も遠出はしません。

ああ、パアーーっと南の島にでも行きたいです。。。

それでも健康で、この1年を終わることができそうで感謝です。

来年は、子どもたちが中2、高2となり、今年よりは落ち着いて自分のことを省みることができそうです。

そこをチャンスと受け取って、また、来年は年女、でもあるので、「飛躍の年」にしたいと思います。

私とご縁を結んだ皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

笑門来福

カテゴリ:次元上昇

新年、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい年が明ける前後は、その新しい年はいったいどのような年になるのか、ということが話題にのぼります。

しかし、時代を動かしていくのは、私たちなので、新しい年はどうなるのか、ではなく、「どうしたいのか」、に意識を集中させたいものです。

今のように変化が激しい時は、多くの人々が「今年は〇〇する!」と主体的な誓いを立てて、それを実践していけば、その通りの時代を自らが創造していく醍醐味を味えます。

また、笑いは、多くの幸運をもたらせます。

笑えないような緊迫した状況でも、ちょっとほほ笑むと、体の緊張もほぐれ、その余裕は、明るい展開へとつながるでしょう。

新しい年、笑って、誓って、行動していきましょう!

生き甲斐が生まれる瞬間

カテゴリ:人生論

私の今年の目標の一つは、このブログと、毎週金曜日に配信しているメルマガをそれぞれ電子出版することです。

約3年前に書籍として1冊出版しています(人生は喜びに満ちている)が、今年は電子出版をしてみようか、と考えています。

その目標を掲げたら、後は、毎日、それに向かって努力をしていくことが大切です。

私の場合は、ブログもメルマガも書き続けていくことですね。

つまり、大きな目標を高い所に置いても、そこへ少しずつ階段を上るように近づいていけば、必ずその目標は達成できる、ということです。

言ってみれば、当たり前、なことなのですが、私たちは意外と、その当たり前のことができなかったり、軽く扱ってしまいがちではないでしょうか。

志は高く掲げ、今日、この瞬間を精一杯、一生懸命に生きていくことが、その志や夢をかなえるのです。

そこに、この人生の生き甲斐が生まれる、と言えます。

分けるより融合したい

カテゴリ:人生論

相談で「今年は運勢があまりよくないのですが・・・」と切り出されることがあります。

確かに「運勢がよくない」と言われたり、そう感じたら、気持ちは晴れないかもしれません。

何か事がうまく進まないと、そのせいにして、「やはり今年は何やってもダメなんだ」と妙な納得もしがちです。

しかし、もう、そのような「良い」、「悪い」という色分けはやめませんか?

そう分けてしまうと、自分がその支配下に置かれてしまう窮屈さを感じます。

自分の身に起こる出来事は、すべて必要があるから起こるのです。

それをわざわざ「良い」、「悪い」に分類して一喜一憂するよりも、その一つ一つの出来事からいったい何を学ぶのか、に注目したいですね。

それは、この人生を主体的に歩む方法の一つです。

その生き方をしていけば、偶然、解決不能な不運に見舞われることはありません。

融合の時代です。
身に起こるすべてを必要があって起こる必然、ととらえて、自分の中も融合していきましょう。

初チャネリング

カテゴリ:仕事

本日は、今年最初のチャネリングをしました。

チャネリングとは、ご相談者の情報を私が取る媒体となって、受け取るさまざまな情報をその方へ伝えることです。

伝えるメッセージを私自身も同時に聞くことができるので、チャネリングの数を重ねれば重ねるほど、人生の学びが深くなります。

本日、お会いした方から、またまたすばらしい学びをいただきました。

それは、その方が「苦手なことを仕事としている」と言われたのです。

苦手なことには、もちろんその程度があります。
絶対にやりたくない、と感じるものは手を出すことはないでしょうが、興味を覚える苦手なことは、自分の知識を増やしてくれるし、どんどん刺激を受けて飽きが来ないですよね。

今まで知らなかった新たな自身の才能に気づかせてくれる恵みもあるでしょう。

苦手なことに手を出すことは、なんだか人生をまっすぐに無駄なく進んでいくことと正反対な感じで、寄り道するようで、敬遠しがちですが、何のための長寿なのか、と考えたら、「人生に寄り道もOK!」ということなのか、と感じました。

寄り道するゆとりも、人生をイキイキと輝かせてくれそうです。

ちょっと苦手なことにチャンレンジするのも良いこと、かもしれませんよ。

私の自由意思

カテゴリ:人生論

お目にかかる方からよく、子どもの頃からそんな能力があったんですか?と聞かれます。
その答えは、YESでもあり、NOでもあります。

もっとも、目に見えない世界をまったく信じない両親の元に育ったこともあって、目に見えない精神世界については嫌悪していた、というのが正直なところです。

子どもの頃、家族で夜道を歩いていて、向こうから女の人が私たちの間をすり抜けていっても(肉眼では見えないこと)、そのことは話してはならないと思ったりしていました。

それで、もう10年くらい前になるのですが、ハワイに行った時、そこで出会ったチャネラーさんに「あなたには、その能力がありますよ」と言われても、「うそでしょ!!私には、そんなのないですよ、第一、そういう世界は嫌いなので」と、ことごとく抵抗していました。

それが、その方の一言で、この道に進んでしまったのですから、人の縁は不思議です。

でも、私が今の道に進まなければならなかった、という決まりはありません。

先日、「運命と自由意思」についての質問を受けたのですが、現代を生きる私たちには、大いなる自由意志が許されている、と感じます。

私も、今の道に進むか、否か、は、私の自由意思に任されていたのです。

そして、これからの人生の方向も、また、これからの自由意思に任されているのです。

自分がこれから、どのように変化していくのを、ちょっと離れた位置からながめる余裕を持てば、その変化を楽しめそうです。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu