私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


体調不全

カテゴリ:日記

今日は、娘の高校の新春懇談会があったのですが、めまいのため、欠席しました。

中華が1万円のところ4000円、ということで楽しみにしていたのですが、昨晩からめまいがして、吐き気もして・・・・。

私は体調が悪い時、めまいがしたら、休まなくちゃ、という感じです。

それで、涙を飲んで担任の先生に欠席を伝え、自宅で休んでいました。

また、明日から、がんばります。

どうにか復活

カテゴリ:日記

今日は、どうにかめまいから解放されて、パソコンに向かっています。

年末から「休まないとなあ」という心の声を聞いてはいたのですが、割と体調がよかったので、その声を無視してしまいました。
すると、案の定、やられましたね。
これからは、もっと心の声に耳を傾けます。

めまいがひどいとまっすぐに歩けません。吐き気もします。
それでもチャネリングは、行っております。

チャネリングは、すごく集中することなので、その時間は、体の不調など感じることはありません。
ちなみに、集中している1時間のあいだは、一切、雑念もわきません。

ちょっと偉そうに言うと、そうできるように、自分を鍛えてきました。

これまでも歯が折れても、歯が無くても、続けてきました。

お客様がキャンセルされても、私はこの8年間、一度もキャンセルしたことはありません。
それが私の誇りです。

しかし、突き詰めてしまう癖があり、そのせいで、バタっと倒れてしまう傾向があります。

これからの目標は、「柳のように」しなやかに生きていくことです。

バタっと倒れるよりも、のらりくらり、と風に身をまかせて、しなやかに、しぶとく、生きていきたいと思います。

写真は、うちの事務所を貸してくださっているビルのオーナーさんからの「お年賀」です。
丑の絵が描かれたチョコレートです。

今どき、義理がたい、なんかいい感じ、です。
ありがたくいただきます。

最初からあってはならないもの

カテゴリ:仕事

よく「自信がない」と言われるのをお聞きします。

仕事、フリーになったんだけれど、ほんとうにフリーでこれからやっていけるのか?・・・自信がありません、、と。

自信は、最初から備わっているものではありません。
少しずつ積み重ねていくものです。

ですので、始めたばかりのことに、すでに自信がある、と言う方が、???です。

自信がない、というのは、とても順調です。
これから、一つひとつ経験を重ねて自信を深めていけばよいのですから。

そのためには、その新しいことに勇気とやる気を持って臨めるように、自分のモチベーションを上げていく必要があります。

それは、自分の心をリラックスさせてあげること、です。

「ほんとうにやっていけるのか?」と未知のことを詰問して心を萎えさせるよりも、「その仕事、私なら大丈夫、できるよ」とか、「やったね、フリーになれたね。仕事、やっていきましょう!」などと明るい感じで自分に話しかけてあげることです。

最初から自信なんかあったら、人生、やる意味ないでしょ!!
人生にできあがってしまった自信など必要ないんです。

蒔絵展

カテゴリ:趣味

昨日の午後、六本木・ミッドタウンのサントリー美術館に「蒔絵展」を見に行きました。

漆器は世界では「Japan」と呼ぶそうです。

それだけ日本の美は世界で、特にヨーロッパで認められているのですね。

安土・桃山時代に蒔絵は花開き、その後、江戸時代まで全盛期でした。

あの美しさ、繊細さ、に感動します。

そして、あのマリー・アントワネット王妃も日本からやってきた蒔絵の調度品を大切に収集していたそうです。

240点ものさまざまな蒔絵で飾られた漆工芸品は見ごたえがありました。

今年は、できるだけ美術館、博物館に足を運びたいと思っています。

自己評価を上げよ

カテゴリ:自分育て

チャネリングでお伝えするメッセージの内容は、不思議なことに、対象者は異なるのに、同じことが続く傾向があります。

年明けの今は、「自己評価を上げよ」ということをずっと言っています。

それは、おそらくこの国の人達全員にも響く言葉かもしれません。
なぜなら、個人は全体であり、全体は個人である、からです。

自己の評価が低いと、他者に自己を高く評価してもらうように懇願するようになります。

もちろん声を出して「私の価値をもっと高く認めてください」と他人に言ったりはしませんが、心がそう求めるのです。

すると、自分の願望は抑えて、他者の好みに合わせたり、他者にへりくだるようになっていきます。
そうなると、ますます苦しくなるので、反動で、他者からの高い評価への期待がどんどん高まります。

しかし、残念なことに、他者はそんな苦しい心の状態には気づきません。

それで、他者を恨んでしまっては、幸福な人生は約束されません。

それよりも、自己の評価を上げること、つまり、やりたいことが気持よくやれるように勇気づけてあげる愛情を自分に向ければ、そんなに他者の目を気にすることはなくなっていくでしょう。

今が生きにくい世の中だと言うのなら、そうしているのは、自分自身かもしれません。
自己評価の低さが、息苦しさを生み、それがこの世を暗くしているのではないでしょうか。

むずかしい談義

カテゴリ:不思議な世界

「守護霊」をなかなか明解に説明することは難しいです。

先祖を指す場合もあるし、ガイドや天使などの目には見えない存在=スピリットを指すこともあると思います。
あるいは、過去生(前世)の自分も含める場合もあり、なのかもしれません。

うーーーん、むずかしい。。。。。

「守護」という漢字は、まもる、まもる、と、書くので、なんだか強力に自分を守ってくれそうな感じがします。

すると、元気がない時や自信を失っている時に「守護霊って誰?」と興味がわくのは自然なことでしょう。

ここからは私の見解ですが、全体的には、守護霊は、おだやかに私たちの行く末を見守っている、というイメージです。

〇〇時代の△△△△△という名前の武士、です、などと、その存在がリアルなものは、憑依霊でしょう。

憑依霊も広い意味で守護霊かもしれませんが、憑依霊は、その人に憑り付いて何らかの指示を出し、それにその人を従わせようとしますので、私としては守護霊の仲間には入れてはいません。

夫婦を続けていく努力

カテゴリ:恋愛、結婚

ご夫婦間のご相談を受けていると、つくづく結婚は、努力なしでは離婚に向かってしまう、と感じます。

結婚前は、互いに相手に好かれる顔を向けることができますが、同じ家に一緒に住むと、そんな余裕はなくなります。

そこで、やはり「言葉」が必要になってくるんですね。
「ありがとう」と「ごめん」という言葉、です。

家庭は、ストレス発散の場、です。
ですので、家庭では、外と同じように分別ある行動を取り続ける必要はありません。

そこで、ストレス発散しすぎたかな、言い過ぎたかな、と感じたら、素直に相手に「ごめん」と言えばいいのです。

その反対に、感謝の言葉も素直に相手にかければいいのです。

それが、夫婦関係を続かせていく努力、と言えそうです

谷あり、逆境あり。

カテゴリ:人生論

人生は、山あり、谷あり、よりも、平坦な方が楽なので、その方がいい、と思うのは無理のないことかもしれません。

しかし、ご相談にいらっしゃる方々は、谷ばっかり、の人生を歩まれている方も多いようです。

谷は、別の名を逆境と言います。

人生には、できるだけ逆境が無い方がいいのですが、なぜ、苦しい逆境にわざわざ遭うのでしょうか。

それは偶然ではないのです。
わざわざ出遭って、それを乗り越えていく経験が自信となって、自分を支えてくれるのです。

そのためのエネルギーは、すでに自分の中に蓄えているのです。

だから、谷あり、逆境あり、の人生を歩む方々は、生きるエネルギーをあふれるほど持ち合わせています。

それを信じてください。
そして、その谷に、向かってください。

大丈夫。乗り越えていけます

お日さまパワーをいただいて 

カテゴリ:日記

同年代のママ友との共通の話題は「更年期障害」です。
あっという間に、そんな年齢になってしまいました。

年明けに、貧血、更年期、疲労と重なり、めまい、に悩まされたので、今日は午前中、小石川後楽園に行ってきました。

太陽の光を浴びて、心身を活性化させたかったし、お花の写真も撮りたかったので、行きましたが、まだ朝だったので、ぜんぜん人はいませんでした。

冬の冷たくて澄んだ空気を吸いこみながら、ゆっくり1時間近く歩いてきました。

花は少ないですが、ロウバイが咲いていました。
近づくと、良い香りがします。

そして、梅がちらほら、咲き始めていました。
ボタンが咲いている場所もありました。

ふと足元を見ると、池の浅瀬に鯉(鮒かも?)が2匹近づいてきました。


ゆっくりと尾びれと胸びれを動かして、悠然としています。
その堂々とした姿に「ああ、どんな時でも悠々と、泰然としていなくちゃ」と鯉に教えてもらいました。

「写真、撮るから、じっとしてて、お願い」と頼むと、2匹は、写真に収まってくれました。
ありがとう!!

やはり、人も動物です。
お日さまパワーをいただいて、リフレッシュすることは必要ですね。

明るい気分と仲良くなろう!

カテゴリ:自分育て

愛用しているシステム手帳のレフィルを今年は、花柄にしました。
それも毎月、花の種類もカラーも変わるものです。

ほんとうに1年があっという間に過ぎてしまうので、どの日も大切な日ととらえようと思ったこと、その日、その日に集中していこうと考えたことから、それを選びました。

今、毎日、この手帳を開いてスケジュールを確認することが楽しいです。

こんなちょっとした工夫でも、明るい気分になれるのだから、身の回りの雑貨もパワーありますね。

そして、今、自分の仕事にいろいろなアイディアがわいてきます。
それを形にするために、少しずつ今、動いています。

形になったら、このブログにも紹介いたします。

アイディアやひらめきは、明るい気分が下地になると思います。

生活を楽しんで、明るい気分と仲良くなりましょう。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu