私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


つながっています!

カテゴリ:おみやげ

本日、チャネリングにいらした方から、お花をいただきました。

その方は、本日2回目で、以前、その方のご主人様もお見えになっています。
つまり、ご夫妻のチャネリングをそれぞれさせていただいているのです。

今朝、そのご主人が、私がピンクが好きだろうから、ピンクの花を持っていったらいいよ、と言われたそうです。

私は、今朝、何を着ていこうかと考えた時、ピンクのハイネックが浮かびました。
それで、ピンクの服を着ていきました。

きっと、その方のご主人が“ピンク”と思われた時、私も”ピンク”色の洋服を思ったのでしょう。
テレパシーですね。

ありがとうございました!

不登校はチャンスです。

カテゴリ:親子

子どもが不登校になっている、と相談を受けることがあります。
どうして、子どもは学校に行かないのか、その原因を知りたい、と言われます。

その子どもは学校に行けるなら、「行きなさい」と言われなくても行くのですが、今、行けない状態なんですね。

それは、学校に行くより、家にいたい、ということなんです。

家にいて、何をしたいのか?
家の中にいて、おかあさんの自分への愛情を確認したい、ということなんです。

だから、不登校は、チャンスです。
それまでの親子関係をグッと良くするチャンスなんです。

家で、おかあさんの愛情をしっかりと感じられたら、外へ出ていくエネルギーをチャージしたことになり、やがて、この問題は解決していきます。

家の外では、どんな人でも危険がいっぱいです。
それを家の中で、特に母親の愛情に包まれていると実感したら、危険があふれた家の外に勇気を持って出て行けるのです。

セミオーダーバッグ

カテゴリ:趣味

久し振りに、バッグを買いました。

今度のは、セミオーダーバッグです。
バッグの形、ファブリック、そして、持ち手等の革を選んでオーダーしました。

バッグが出来上がるまで、ワクワクして待っていました。
そして、昨日、自宅に届きました。

三角形の安定した形で、やはりA4が入るものがいいですよね。
肩にもかけられるし、何よりも軽い、です。

さらに、コットン地のプリントも、好きな蝶柄で、気に入っています。
防水加工されているので、安心だし。。。

そして、バッグの中に、私の名前のイニシャルを刻印したタグをつけていただきました。
これで、私のバッグ、という、特別感も出ます。

早速、今日から仕事場に持っていきました。

今回、オーダーさせていただいたお店は、「ヤジーテイス」さんです。 http://www.yazzietaise.co.jp/index.html

バッグの他、ウエスタンシャツも作られています。

逃げれば、追われる。

カテゴリ:恋愛、結婚

もう別れたはずなのに、追ってくる元、伴侶(あるいは、恋人)に悩む、と話されるのを聞く機会があります。
どうして、すっかり関係を絶っているのに、相手は近づいてくるのか?、と質問されます。

その答えは、まず、逃げるから追われるのです。

本能的なものかもしれません。逃げれば、追われる、は。

それで、なぜ追ってくるかは、相談者はもう終わったと思って、二人の関係に納得しているのですが、相手は、その別れに納得していないからです。
相手は、納得したいので、追ってくるんですね。

それが、未練がましい、と相手に嫌悪される危険を抱えているということまで考える余裕を持たせなかったりします。

その場合は、相手も危険ですね。

追いかけまわされる危険を回避するには、逃げない、こととなります。

縁があって、ひとときでも一緒にいた相手です。
相手がわかるように説明すること、そして、二度と復縁はあり得ないと悟らせてあげることが、その縁を終わらせる、責任かもしれません。

その時、自分が悪者になることを覚悟することも、二人の縁への責任でしょう。

こういったご相談の場合、相手の心情は、複雑で、矛盾をはらんでいます。
それはメルマガの方に書こうかなと思っています。

不況の今こそ、人生の種まきを!

カテゴリ:日記

あっという間に、今月は今日で終わりです。

今月は、どんなことをしましたか?

私は、通常の仕事の他に「WEBマガジン」を始めました。

まずは、チャネリングを多く受けていただいた方から登場いただいて、チャネリングを受けていただいた動機、そしてご感想、さらに、その方のお仕事の計画や、今後の夢などを語っていただいております。

来月もその取材のアポは取っています。

人生は、自分が築いていくもの、です。
そのためには、行動を起こすことが、ほんとうに必要です。

今月、自分のために、どのような行動を起こしましたか?

不況の今だからこそ、人生の種まきをしておきましょう。

やがて、景気が上に向いた時、グッドタイミングで美しい花がたくさん咲くように、今、種まきチャンス!!です。

今日は、あと半日あります。
たいしたことでなくても、自分のために何か行動を起こしましょう。

私は、今日は、午後、仕事なので、これから出勤です。

カゼをひかない理由

カテゴリ:日記

「カゼとかひかないですか?」と、セッションを受けに来た方に言われました。

そう言われてみれば、確かに、ひかないですね。

それは、まず、仕事をしているので、気が張っていて、それが結界を作り、カゼから守ってくれている、のでしょう。

理由②は、私の中にある「大阪ソウル」のせいでしょう。

一説によると、大阪のおばちゃんは、本物のヒョウより、ヒョウ柄が似合うそうです。

大阪育ちの私も、ヒョウ柄は着ないけれど、心の中がヒョウ柄で、そのパワーがカゼを寄せ付けないのかもしれません。
(なんでやねん? どないやねん? ← 突っ込みどころ、です! 関東の人は、なかなか突っ込んでくれないので、さびしいです。

理由③は、生活の中で、ささやかな幸せを追い求めているからでしょう。

昨日も、仕事の合間に、底値に挑戦している西友さんで、カーディガンを購入したのですが、冬物バーゲンで、な、な、なんと693円でゲットできました。
1000円で、おつりがきたのです!

ウール50%、アクリル50%で、決して安もの、には見えません。

その幸せ探究が、免疫力を上げてくれているような気がします。

今日の写真は、そのカーディガンを載せたかったのですが、セッションで、それを着ていて、お客様に「あ、693円だ!」と思われたくない、しょぼい見栄のために、花の写真にしておきます。

取材してました。

カテゴリ:日記

本日は、WEBマガジン「人生×喜びマガジン」の第2回目の取材を行いました。

過去にチャネリングを受けてくださった方にお越しいただいて、チャネリングを受けていただいた動機や感想、そして、その方の今後の夢や計画を語っていただいております。

久し振りにお目にかかる方もあるので、私としては、チャネリングを受けていただいた後のその方のお話をうかがえるのが、興味深いです。

まだ2回目ですが、やはり、人は変化するもの、と感じています。

私もこれまでの仕事の蓄積があったから、このプランが思いつき、実行できていると思います。
私も少しずつですが、変化していっているのですね。

アップしましたら、お知らせいたします。

今晩は、記事をまとめます。

もう一人の私

カテゴリ:過去生

時々、チャネリングを受けにいらっしゃる方のそばに、もう一人の人物の存在を感じる時があります。

そんな時は、たいてい、その人物は、その方の過去生の姿です。

ある人物は、白塗りの役者さん(男性)で、舞を踊っていました。

ご本人は男性なので、実は、内緒にしていたことでしたが、白塗りが大好きで、ビジュアル系のバンドが好きだったり、歌舞伎の女形も好き、ということでした。

また、ある人物は、ベネチアでゴンドラを漕いでいる船頭さんでした。
ものすごく歌のうまい、イケメンでもありました。

ご本人は、男性で、歌は趣味ということで、仕事は、船頭さんではありませんでした。

なぜ、もう一人の人物の存在を私が感じるかは、明確な理由は見当たりませんが、きっと、その方々の特徴、長所を表しているのに私が気づくからでしょう。

私が、その方にそのことを説明する必要があって、その人物を感じるのでしょう。

過去生を知ることは、自分の中に潜む奥深い自分自身との対面を果たせます。

そして、幾多の人生を重ねてきた自分を愛おしく思え、自分を大切にしようと思えるでしょう。

人は、人によって磨かれる。

カテゴリ:人間関係

人は、人によって磨かれます。
なので、できるだけ多くの人々と交流した方が、自己成長には良いのです。

しかし、中には、出会いたくなかった人も存在します。

その人との出会いによって、心がひどく傷つくこともあります。

そんな時は、その人を憎んでしまったり、自分を被害者にしてしまったりします。

それは、その後の人づきあいを消極的にしてしまいます。

そこで、自分を傷つけたその相手から、ちょっと関心をはずして、その人が自分に言った言葉に注目してみましょう。

実は、傷ついたのは、その言葉に、なんですね。

その時、実は、自分が一番言われたくないことをズバリ言われたから、傷ついた、のかもしれません。

その時、実は、自分が一番あこがれているけれど、そこにはなかなか到達できないと感じていることをズバリ突かれたから、傷ついた、のかもしれないのです。

傷ついた言葉に注目すると、今、自分が何を思っているのか、が、はっきりとわかります。

傷つくことを言ってくれる相手も、その意味では、すばらしい友、ですね。

人生×喜びマガジン VOL.2

カテゴリ:インフォメーション

WEBマガジン「人生×喜びマガジン VOL.2」ができました。

今回は、山田 美恵子さんとの対談です。

「行動することの大切さ」を訴えています。どうぞご覧ください。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu