私らしく生きる為に ~潮田圭子 カウンセリングセッション~

お悩み相談コラムとセッションのご案内|私らしく生きよう
セッションのお申し込み
ブログ「今日が一番」
重要なお知らせ

今日が一番

(2017/8/8)ページ分けして動作を軽量化しました

(2017/7/14)2014年10月8日まで全件(約2,500件)をアップしました。
読み込みに時間がかかるようになりましたので近日中にページ分けして読み込みように変更したいと思います。

(2017/7/6)2013年5月2日まで2,000件をアップしました。


(2017/6/11)2010年10月15まで1,000件をアップしました。


(2017/6/9)2008年3月15日から2010年1月25日までの700件を掲載しています。


人の役に立ちたい

カテゴリ:自分育て

「人の役に立ちたい」という言葉は、セッションの中でもよく聞かれます。

私たちは、人の役に立てている、と感じると、それが生き甲斐となり、文字通り、イキイキと日々を過ごせます。

「人の役に立つ」には、人の役に立てるように、自分を育てることが必要です。

自分以外の他人の役に立とう、というのですから、それには、それ相当のエネルギーが要ります。

換言すれば、エネルギーがたっぷり自分に備わっていないと、人様の役には立てないのです。

つまり、人の役に立つ人間になるのに、自己犠牲は、まったく必要ありません。

かわって、自分の本心に沿った生き方をして、私らしく生きることを自分に許すことです。

すると、自分の中にエネルギーが満ちてきます。

その心の余裕が、人の役に、しっかりと立てる底力となります。

自分の欲することを遮断して、自己に犠牲を強いては、たとえ人の役に立てたとしても、その力は、ささいなもの、で終わってしまいます。

生き甲斐を実感できる人生をしっかりと歩むためにも、自分に、まず、目を向けてあげましょう。

恋に落ちて

カテゴリ:恋愛、結婚

日ごろ、沈着冷静な自分が、どうしようもないほど心が乱れてしまう、ということがあります。

それは、「恋に落ちて」という状況です。

相手のことを考えずにはいられない、何をしていても、相手のことを思って集中できない、そして、自分の想いを相手になかなか告げられず、心がちぎれそうなほどせつない・・・・・

そんな状況は、もう恋に「落ちて」いますので、今さら、落ちないように、と、抵抗しても、苦しさは、増すばかりです。

もう「落ちて」いるわけですから、それに逆らわずに、どんどん落ちていくことです。

やがて、落ち切った時、何か、見えるものがあるでしょう。
何か、わかることがあるでしょう。

それは、相手のこと、もありますが、自分自身の新発見でもあったりします。

「この相手とは、うまくいきますか?」と聞かれることがありますが、その答えが最初から用意されているわけではありません。

(どのようにしたら、うまく仲を進められるか、というアドバイスは可能です。)

恋に落ちて、落ち切って、その答えを自らが得ることで、自分を信じる力=自信が生まれ、人生を力強く歩んでいくことを可能にするのです。

金は天下のまわりもの

カテゴリ:お金

お金は、血液と同じです。

循環が必要です。

財を成したければ、お金を使うことです。

使うことで、お金の循環を作り出すことです。

もうワンポイント。
お金を使う時、いやいや使わないこと、です。

さっと、気前よく、使うことです。

そこに滞らないスムーズな循環が生まれます。

自分がお金をパッと、明るく使うことが、世の中のお金を明るくさせます。

目黒に行きました。

カテゴリ:日記

今日は、ママ友と目黒でランチをして、庭園美術館へ行きました。

今、庭園美術館では「ポワレとフォルチュニィ 20世紀モードを変えた男たち」という展覧会を開催しています。

約100年前のシルクのドレスが展示されていました。

オリエンタル調あり、日本の着物風のコートありで、また、細かなプリーツを生地に施していて、なかなか素敵でした。

そして、庭に出て、太陽の光を浴びてきました。

おしゃべりが尽きないのですが、仲のよい友達とあれこれしゃべるのは、やはり、とてもリフレッシュできます。

祝祭の衣装展

カテゴリ:趣味

昨日は、庭園美術館に行き、今日は、午後、同じ目黒にある目黒区美術館に行きました。
庭園美術館のチケットがあったので、入館料100円引いてもらえました。

今、目黒区美術館では「祝祭の衣装展」を開催しています。


18世紀のロココ時代の宮廷ドレスと扇子の展覧会です。

女性も男性も贅の限りを尽くしたシルクの衣装を身につけていたんですね。

特に、女性は、髪の毛を高く高くするのが流行したそうで、そのてっぺんに船の模型なんかも乗せていたそうです。

マリー・アントワネットも、そのようなヘアスタイルをしていたそうですが、出産で薄毛に悩むようになり、彼女付きのヘア・デザイナーが、それに配慮した新しいヘアスタイルを提案したそうです。

それは、もうそんなに高くないものだったそうです。

やがて、フランス革命が勃発しますが、それまでは、ほんとうに夢のように贅沢三昧だったんですね。

たまに、過去生(前世)が、このくらいの時代のヨーロッパにある、という方にお目にかかります。

それが女性の場合は、やはり、美しいドレスを着ていて、手には扇子を持っている、という映像を感じます。

なんだか、ほんとうにこんな時代があったのかな?、と思ってしまいます。
おとぎ話の世界みたいでした。

自己評価は自分自身で

カテゴリ:人生論

人は誰でも、他人からの良い評価を得たいと望みます。

相手に、自分のことを好きになってもらいたい、自分を好ましく思ってほしいと望むと、ついつい、その相手に下手に出てしまうものです。

すると、自分の評価のすべてが相手まかせになる危険が生まれます。

もし、その相手が詐欺師だったら、まんまとその罠にはまる危険もあります。

相手にお金を要求されると、その額が高いほど、それに応じることが、自己の評価を上げることにつながります。

つまり、高額な金額を実際に相手に渡すことで、相手にそれ相応の価値が私にはある、と認めさせようとするのです。

ですので、相手がそのお金を喜んで受け取ってくれると、それで、その人が私の価値を高く認めてくれた、ということになるので、あとで、そのお金を返せ!と、なるのは、相手に求めすぎ、かもしれません。

自分をそんな被害から守るには、自己の評価は、自分でする、と決めることです。

人によって、見方が分かれる評価を自分に与えて、右往左往するよりも、自分と一番長くつきあっている自分自身が評価をしてあげて、そして、お金は、まず自分に投資する、ことですね。

不安を小さくさせましょう。

カテゴリ:自分育て

景気も悪いし、将来が不安、と思う人は多いのかもしれません。

私たちにとって、「不安感」は大事です。
不安がまったくないと、私たちの生命は、たちまち危機に瀕します。

しかし、不安は、大きすぎると、私たちをそこから動けなくしてしまいます。

人生は、私たち、一人、ひとりが、動かしていくものですから、不安が大きいと、人生を成功へ導くことができなくなります。
そんな人生は、苦痛です。

楽しく、成功する人生には、生命を守る以外の不安は、必要ありません。

ならば、どうしたら、抱えてしまう不安を減少させられるのでしょうか。

それは、行動して、その結果を得る、という一連の経験を、一つでも多く得ることです。

経験は、自分を信じる力を養います。
自信が大きくなれば、不安は小さくなっていきます。

今、必要なのは、行動することです。

大それたことでなくて、いいのです。

今、しなければならないことは何ですか?
今日の計画は、進んでいますか?

目の前にあることに取り組みましょう。
その積み重ねこそが、不安を小さくしてくれます。

私の不安が小さくなれば、社会の不安も小さくできます。

生きて果たす責任

カテゴリ:死の世界

自殺された方のメッセージをお伝えすることがあります。

そこで、私たちは担っている責任を生きているうちになるべく果たさないと、死んだあと、なかなか気持ちが楽にはならないのだな、と、実感します。

自殺される方は、死の直前、「死ぬこと」ばかり考えています。
自分の周囲の人々のことなど、考える余地はありません。

死のことしか考えないから、ほんとうに死ぬことができるわけですが、死んだあと、遺してしまった家族のことを思う余裕が生まれます。

そして、同時に、その人々に何もできない自分を悔み始めます。

それは、いわゆる成仏という状態から、程遠い感じです。

私たちは、生きている限り、責任があります。
それは、家族をはじめ、関わる人々においての責任です。

それを生きながら果たしていくことが大事なんですね。

それを自殺された方の苦悩から学ばせていただいております。

今日の仕事

カテゴリ:日記

本日は、午前中、WEBマガジン「人生×喜びマガジン」の第3回目の取材をしていました。

そして、午後は、さきほどまで、その内容を文章に書き起こしていました。

もともと文章を書くのは好きなのですが、話ている内容を書き起こすのは、なかなか難しいですね。
でも、熱中できます。

この取材は、日々のチャネリングセッションの仕事に、ちょっとした変化をもたらせてくれます。

話してくださる方々とも楽しいいひとときを過ごせます。

第3回目は近日中にアップいたします。
その時は、またこのブログにご案内を掲載いたします。

WEBマガジン VOL.3できました。

カテゴリ:インフォメーション

WEBマガジン「人生×喜びマガジン VOL.3」ができました。

今回は、篠村 仁美さんの登場です。
お子さんと一緒です。

どうぞご覧ください。

潮田圭子 書籍のご案内

明日はきっと良い日(seesaaブログのアーカイブ)

潮田圭子 ブログ

Top
Menu